時には、旅の日常

管理人:taろう/旅先で撮ったスナップにコメントを添えて、他にも気の向いた事を綴っていきます。

青山でいただくブラジル料理 Restaurante Grill Iguaçu

2016-10-14 06:18:10 | 関東/日本
 世界に冠たるインターナショナル・グルメシティ TOKYO、せっかく東京を訪れた機会に、今回も世界の味覚を追い求めてみました♪

 全く別件で、グーグルマップをチェックしていた時に、偶然マップ上に表示されていたカタカナの店名が目に留まり、その店名と大体の所在地を頭の片隅に記憶。
 意外と口にする機会の少なかったブラジル料理に魅かれて、夕食時、青山にあるお店へ伺いました。

_ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _


 東京メトロ銀座線の外苑前駅近くに建つビルの2階に、ブラジル料理店「Restaurante Grill Iguaçu(レストランテ グリル イグアス)」はあります。

 階段の頭上には、緑と黄色のブラジルカラーで彩られた、お店の看板とブラジル国旗が掲げられていて、早くもブラジル気分にw



 ドリンクは、ブラジルではポピュラーなカクテル、「カイピリーニャ(Caipirinha)」を。
 (リンク先では、音が出ます)

 カイピリーニャは、サトウキビを原料とする発酵蒸留酒である、「カシャッサ(Cachaça)」をベースとして、フレッシュライムと砂糖を加えて作ります。
 カシャッサはアルコール度数の高いスピリッツですが、風味豊かで口当たりが良く、爽やかなライムも加わって、とても飲みやすいカクテル。
 ストローも、黄色と緑ですw



 スタイリッシュで、華のある雰囲気が素敵な、店内の様子。

 スタッフさんの対応も、キビキビと気持ちが良く、料理への期待も高まります^^

 正面に見えている牛は、肉の部位をポルトガル語で表しているのでしょうかね?



 この日、メインでいただいたのは、「ムケッカ ミスタ(Moqueca Mista)」。
 メニューによると、「ブラジル北部の名物料理」とのこと。
 (画像クリックで、別ウィンドウが開きます)

 魚介をココナツミルクで煮込んだ料理で、見るからに具だくさん…美味しくいただけそうです(^г^)



 マイルドなココナツミルクのスープに、魚介のエキスがしっかり溶け込んだ、豊かなコクがいいお味を引き出します!
 また、マイルドなベースにスパイスも効かせて、多彩な美味しさを、存分に堪能しました。

 良い出汁の出る野菜類もたっぷりと煮込まれ、とてもヘルシー♪
 私には苦手な玉ネギもドッサリでしたが;、玉ネギ独特のキツさが、ココナツミルク、魚介、スパイス等の様々な風味と融合して、美味しく完食。



 「ムケッカ ミスタ」には、付け合わせのご飯が付きます。
 (画像クリックで、別ウィンドウが開きます)

 ご飯の隣は、粘りととろみの食感が印象的であった、タロイモを原料とする「ピロン(Pilão)」。
 ブラジルでは、ご飯や肉等と和えていただくそうです。
 ご飯は、ムケッカとも混ぜると、とても美味しかったです^^



 ポリフェノール、鉄分、食物繊維、カルシウム等々、栄養分の宝庫である、アサイー(Açaí)のジュースを、食後にいただきます。

 ネクターのような、濃厚な口当たりのジュースは、いかにも体に良い作用を及ぼすかのように、優しく胃袋で吸収されていく様に感じられましたw



 デザートに…と、オーダーしたのは、「焼パイナップル(Abacaxi Assado)」。
 (画像クリックで、別ウィンドウが開きます)

 その、甘酸っぱい風味の濃厚さと、香りの素晴らしさ、そして、きめ細かさが際立つ柔らかな食感は、驚愕モノでした!
 焦げ目の香ばしさ、焼きたての暖かさをいただく、素敵な味覚は、初めての美味しい体験♪
 これにシナモンを振り掛けると、更に風味が多彩となって、すっかり病み付きにw
 タップリとお皿に盛られて満足のいく、嬉しいボリューム(^-^)

 この後、まだ少々外を歩き回る予定であったため、鉄串に刺した肉を焼いた、代表的ブラジル料理の「シュハスコ(シュラスコ/Churrasco)」はいただきませんでしたが、魚介を使った料理でも、美味しく気持ち良く、適度な満腹感を得ることができ、食後も気持ち良く散策を楽しむことができました。
 私にとっては、新たな美味しさに出会うことのできた、この日のブラジル料理のディナーでした。

『グルメ』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 『君の名は。』 スタンプラリ... | トップ | TOKYO OSHARE DINNER Cafe L... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (タヌ子)
2016-10-17 23:25:47
このお店、オリンピック開催時はかなり賑わっていたのでしょうね。
フランスのオリンピック番組の中で、毎日ブラジル料理が紹介されていましたが、ココナッツミルク、練乳の使用頻度がかなり高かったです。
アボカドはフルーツとして甘くして食べるのだとか。
ブラジル料理はポルトガル料理の影響を受けているのかなと思ったけれど、完全に別物ですね。
焼パイナップル、今度食べる前にバーナーで焼いてみます。
タヌ子さん。 (taろう)
2016-10-18 23:08:17
このお店は、ブラジル各地の料理のメニューも豊富な上に、インテリアもブラジルをセンス良く演出して、とても居心地が良かったです。
ブラジル大使館も近くにあるようなので、仰るとおり、五輪期間中の賑わいも想像することができますよね♪
練乳も、ブラジル料理ではポピュラーであったとは、知りませんでした。
結構、マイルドな甘みの味付けなものも多いようですね。
ブラジルは、基本南国なのでしょうか、フルーツも個性的なものが多いですよね。
肉や魚介がメインなところが、ポルトガル由来でしょうか…むしろ、アフリカ等の影響も色濃いように思えました。
焼きパイナップルは、香りと味共に絶品でした!
機会があったら、是非お試しを!!おススメです^^

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL