にっち・自然に囲まれて

多様な生きものといっしょに生きる雑貨店。

『アイヌの治造展』8月31日(水)〜9月5日(月)、開催します!

2016-08-16 09:06:08 | イベント案内
にっちでのイベントのご案内です。

8月31日(水)〜9月5日(月)まで、
『アイヌの治造展』を開催します。

治造さんの本名は、浦川治造(うらかわ はるぞう)、
北海道浦河郡浦河町の出身です。

浦河町の町の名前は、「ウララペツ(霧深き川)」から
ついたものだといわれていますが、
北海道の地名のほとんどは、アイヌ語が元になっており、
自然と近しく生きるアイヌの人々の自然観が、そこに現れています。



↑ 馬が大好きな治造さん。写真撮影は、関戸勇さん。


牧場主の方が、「馬は、ほんとうに繊細だからね。治造さんみたいに、
すぐに仲良くなるなんて、めずらしいんだよ」と、おっしゃってました。


北海道(この名前は、明治時代につけられたもの)の元の名前は、「アイヌモシリ」。
そこに先住していた、アイヌの人々。
明治時代以降の歴史は、アイヌの人々にとって、
住んでいた土地から追われていくという、悲惨な歴史でもありました。

北海道といっても、たいへん広いのですから、
その土地土地に、文化が少しずつ違う、アイヌの人々が住んでいました。
今も、各地で、先祖からの文化を掘り起こし、伝承して、
誇り高く生きているアイヌの方々がたくさんいます。

まずは、そのひとりひとりに出会って、
私たちが、事実を知ること、感じること。それが大切だと思います。

治造さんに初対面のとき、

「アイヌの治造です!」

といわれて、私は、びっくりしました。
いろんな緊張もあったし、
自分の無知からくる言葉で、知らないうちに相手を傷つけるかもしれない、と
過敏になっていたからです。

治造さんの、野太く、しかし明るい声、そして、むじゃきな笑顔に、
ふーっと、緊張が解け、
治造さんがよくいう、「アイヌ」は「人間」という意味で、みな同じ人間同士だ、
ということを、すとんと納得した瞬間でした。






そんなわけで、皆さんにも、ぜひ、治造さんに会っていただきたいと思い、
『アイヌの治造展』を開催することにしました。


治造さんが、これまでアイヌの儀式などに用いた衣装、
ふだんに着ている衣装なども展示。
美しい刺繍の紋様が、じかに目の前で見られます。
木彫りは、治造さん自身がつくったもの。
スプーンや、まな板、お盆など、小さなものから、
大きなフクロウまで。

自分の住む家から、なんでも自分で作ってしまう治造さんです。

治造さんは、いつもカムイとともに生きています。
水のカムイ、山のカムイ、という言葉からわかるように、
カムイは、神様、とは少し違います。

アイヌ(人間)と、カムイとは同等で、
カムイのなかにも、ウェンカムイ(悪いカムイ)もいるのです。




↑ 治造さんの故郷、浦河町にあるカムイ岳。©I.Sekido
  町を流れる川、元浦川は、ここから流れ出しています。



そして、もうひとつ。
今回は、にっちが入っている「こっぽら土澤」集会室で、
治造さんの映画、『カムイと生きる』を上映します。


『カムイと生きる』映画上映会

9月2日(金)午後6時〜8時
9月3日(土)午後2時〜4時


場所:こっぽら土澤集会室  
チケット代:1,000円
上映後、治造さんとのお話会を予定しています。


治造さんが、生活のために45歳で上京し、働いてきた日々。
関東で、アイヌの人々が集って、火を使える場所がない、
という長年の悩みを何とかしたいと思い、
千葉県、房総半島の亀山湖の近くに「カムイミンタラ(カムイが遊ぶ庭)」と
呼ぶ、集いの場をつくりました。

カムイノミの儀式には、火が欠かせないのです。

もちろん、家も、池も、すべて手づくりで作ったのです。
そんな日常の日々を、まわりの人たちのインタビューを加えて描いた、
治造さんの映画です。

2011年の暮れにでき、一般の映画館でも上映しました。
今も、自主上映の形で上映できるシステムになっています。

カムイと生きる』の映画のホームページで、
予告編が見られますので、ぜひ、ご覧ください。


各回、20名という小さな集会室での上映なので、
要予約となります。

予約・問合せは、「にっち」までお願いします。
店でも対応しますし、
お電話( 080-4516-4643)でもけっこうです。

治造さんご本人も、「アイヌの治造展」会期中、
土沢に滞在します。

どうか、ご本人にも、会ってください。
そして、これまでの人生を振り返る映画も、見てください!



治造さんの長女の真喜子さんは、コーヒーの焙煎をしたり(これが、美味しい!)、
アイヌ刺繍を教えたりしていらっしゃるのですが、
会期に間に合うように、作品(販売可能)を送ってくださるとのことでした。
コーヒーも!
これも、とっても楽しみです!






↑ マタンプシをつけた治造さん。©I.Sekido

治造さ〜ん、元気に土沢に来てくださいね!


































ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 13日〜15日、お盆も営業して... | トップ | クルミの実がたわわに! リ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。