にっち・自然に囲まれて

多様な生きものといっしょに生きる雑貨店。

春です、山菜の季節です♬

2017-03-21 14:00:58 | 東和&土沢ニュース
こっぽら土澤にある、「きのこやおいよ」さん。
こっぽらの向かい側の店のほうには、
旬の山菜が、並ぶようになりました。

店主の、おいよさん自身が、
早朝に山に出かけて、採ってきたりもするのです!

新鮮ですよ〜!



↑、左下は、クレソン。隣が、アサツキ。右が、カンゾウ。上は、フキノトウ


どれも小ぶりで、早春 って感じでしょう?

クレソンの若々しい葉! おいしいのなんのって!
炒ったクルミの実といっしょに、サラダにしました。


アサツキは、さっと茹でて、くるりんと丸めて酢みそで。

カンゾウの、ほのかなぬめりもたまらない。


フキノトウを使った、おいよさんお手製の「ばっけ味噌」もありますよ↓



↑ このばっけ味噌に、アサツキをつけて食べてもおいしかった!
  もう、春の山菜尽くしですね。


山から採ってきた山菜が、こんなふうに店に並ぶまでには、
泥をとり、汚れをとり、という地道な作業があって、
それはそれは、時間がかかるんです。
まだまだ冷たい水で、アサツキの泥を落としているおいよさんご夫婦をみると、
「ありがとうございます!」と、頭が下がります。


クルミは、東和産のオニグルミ。
こちらも、堅い殻を割って、中身が取り出してあります↓






↑ 真空パックもあります。常備しておくと、便利ですね。


さて、おいよさんの一押し、を聞きました。

答えは、お客さんからのご要望で、入りたてのえごま油




↑ 黄金色が美しい、えごま油。右にあるのは、えごま。


えごまそのものも手に入るのですから、何とぜいたく!

雑穀と並んで、えごまの産地である、岩手県北部の軽米町産です。
圧搾法で、ていねいに絞られた油は、高品質なことで知られています。

というわけで、体にいいものがいっぱい揃っていますよ。





↑ 豆も忘れてはいけませんね。


土沢商店街、こっぽら土澤にお越しの際は、
ぜひ、のぞいてみてくださいね!




ところで、前回のブログで、大和久彰さんの写真展のご案内をしたのですが、
「江刺」を、「江差」と書いてしまっていました。
ごめんなさ〜い😢

そして、ご指摘くださった方、ありがとうございました!

カフェ「くるみ」で、またお待ちしていますね♪





ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 春のイースター、卵とウサギ... | トップ | インドから来た、可愛いプル... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。