にっち・自然に囲まれて

多様な生きものといっしょに生きる雑貨店。

春のイースター、卵とウサギと・・・

2017-03-15 19:05:08 | にっち&くるみ:店情報
クリスマス、バレンタイン、と、日本では
海外のイベントが、少しずつ根づいてきています。

季節を感じるお祭り、華やかで浮き浮きして楽しい、など
理由はさまざまでしょうが、
春のイースター(復活祭)も、そのひとつですね。

店のスタッフが、テーブルの上を、
イースターに向けて、飾り付けてくれました!




↑ 真ん中の、花を持っている女の子のマトリョーシカは、
  開けると、中に小さな卵がいくつも入っています!


イースターといえば、卵とウサギ ☺️

どうして?


卵は、生命の誕生そのもの。

そして、ウサギは多産なので、豊穣の象徴。



色づけした卵(本物の卵の殻に色づけしたものや、木製の卵など)を
テーブルの上や部屋に飾って、お祝いするようです。




↑ ここにあるのは、木製のカラフルなイースターの卵。


イースターは、キリストの復活と、春の訪れを祝う日ですが、

「春分の日の後の満月、そこから数えて最初の日曜日」

となっているので、毎年日付は違うのですが、

今年は、4月16日(日)です。

岩手も、早春の花が楽しめる季節。
春の訪れを楽しみたいと思います。


さて、ひとつ、展覧会のお知らせです。
にっち店内にある、素敵な木のテーブルや椅子。
これらを製作してくれた、大和久彰(おおわく・あきら)さんの写真展が、
今、奥州市江刺で開かれています。




↑ 左上の写真は、オニグルミの冬芽で、ヒツジの顔ですね!
  毛糸の帽子をかぶっているようで、愉快😀


大和久さんは、

「クズ、イソノキ、ニガキ、トチノキなどの冬芽は、
 かなりおもしろいですよ!」

と、おっしゃってました。

お近くの皆さん、ぜひ、お出かけくださいね♬


さて、にっちには、こんなふしぎな木のボウル↓ も入っています。




↑ タイの、マンゴウの木で作られたボウル。直径23センチ。
  鳥の部分は、皮のはめ込みです。


なぜか、目が引きつけられてしまう、魅力的なボウルなんです。
実用にも使えますよ。


そして、東和町「わらしべ農園」の
無農薬玄米せんべいも、たくさん入っています!





いい米と、いい醤油。

シンプルが一番! シンプルこそ美味!

と感じる味です。


どうぞ、遊びに来てください!




ジャンル:
ウェブログ
コメント (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 日曜日のお蕎麦屋さん、稲荷... | トップ | 春です、山菜の季節です♬ »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ひょっとして? (きくち)
2017-03-20 22:48:11
こんにちは

漢字が違ってるかも?と思ったので、お節介かと思いましたがコメント書いてみます。

誤「奥州市江差」
正「奥州市江刺」

この連休はいい陽気でした。
また二ヶ月後にコーヒー飲みに行きますね

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。