にっち・自然に囲まれて

多様な生きものといっしょに生きる雑貨店。

花、梅の香り、この季節ならではのいろいろ。

2017-07-12 21:04:21 | 東和&土沢ニュース
アサガオが、カフェくるみの前で毎朝咲くようになりました。



↑ 去年のアサガオの種をまいたものですが、ブルーが咲くかな、
  と思っていたら、こんな色・・・いろんな種をまいてしまったみたい。


そして、東京の浅草寺「ほおずき市」のほおずきが、
何と、東和町まではるばるやってきました!

ちょうど、ルーツのパン屋さん出店の日で、




↑ 写真の右側に、パン屋ルーツさんが出ているのですが、
  恥ずかしがりやさんなので、カット。

毎月第二月曜日が、パン屋ルーツさんのこっぽら出店の日です!
8月は、14日(月)です。

覚えていてくださいね!

その前の週の金曜日までに予約注文をお願いします。
もちろん、当日のパンもありますが、予約が確実です!

というわけで、その日にほおずきが届いたので、



↑ 早速看板の横に。

朱色の実、まだ青い実、そして花。
ほおずき市を目指して、ここまで準備するのたいへんだろうなあ・・・

送ってくださったのは、東家一太郎さん、美さんご夫妻です。

ありがとうございました!

今は、こっぽらの玄関に飾っています。
みなさん、見てくださいね!


季節の花、季節の香り、ほんとうにいいものです。

香りといえば、まさに梅干しづくりの終盤・・・

きのこやおいよさんの店では、恒例の梅干しづくりが!

おいよさん(店主の及川さんです)の梅干しは、
とってもおいしい! と、昔から評判なんです。

いい梅の実、いい赤じそ、そしておいしい塩。
このシンプルな三種のバランスを、
おいよさんの手加減で調整します・・・
長年の経験がものをいいます。

そばで見ていると、何とも愛おしそうに、
ひとつひとつの過程を、ていねいにおこなっています。



↑ こちらは小梅ですね。塩をまぶして、梅酢があがってくるまで待ちます




↑ ちりめん赤じそです




↑ 赤じそを塩でもみ、絞ります




↑ アップで見ると、こんな感じ。よくもみ、よく絞る




↑ そうしてできた、赤じそ団子




↑ これを、梅の樽に入れます。


まあ、じっさいは、もっと細かく、勘どころがいっぱいあるのですが、
そのあたりは省略して・・・




↑ 重石ををして漬けます


おいよさんのところには、樽がいくつもあって、
いろんな段階のものが並んでいます。




↑ こちらは梅も赤く色づいて、いい感じ。


梅雨が上がって晴天が続いたら、ざるに並べて土用干しですね!

梅干しができ上がったら、またご報告しますので、


「きのこやおいよ特製の梅干し」をお楽しみに!


昔ながらの、香り豊かな、すっぱ〜い梅干しです!


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 行ってきました、浅草へ。木... | トップ | ツバメニュース! 三度目の... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。