にっち・自然に囲まれて

多様な生きものといっしょに生きる雑貨店。

鷲(おおとり)神社の熊手がやってきた!

2016-12-31 17:16:26 | にっち&くるみ:店情報
酉の市(とりのいち)で知られる、鷲神社って
ご存知ですか?

関東地方には、酉、鳥にちなむ寺社が多く、
十一月の酉の日に行われる酉の市は、
多くの人々でにぎわいます。

なかでもにぎわうのが、浅草の鷲神社。
通称、お酉さま。
2016年は、11月11日が一の酉、
11月23日が二の酉、でした。

露店がずらりと並んで、そこでは、
開運、商売繁盛を祈願する縁起熊手が売られています。

その浅草の鷲神社のすてきな熊手が、
何と、30日に届いたのです!

箱を開けてびっくり。
送ってくれたのは、浪曲師の、東家一太郎、美(みつ)さんご夫妻でした。



↑ これは、浅草の鷲神社での写真。はるばる岩手にやってきて、
  今、カフェ「くるみ」にあります!

露店の前で、威勢良く行われる手締めの声が、
まるで聞こえてくるよう・・・

東家一太郎さん、美さん! ありがとうございました! 

昨年は、「にっち」の店にもいただき、
一年間、店内で熊手を見る度に、
人を寄せ、縁を寄せる熊手の妙を感じてました。


11月にオープンした、土沢カフェ「くるみ」。
さて、どんな店になっていくのかな?

店は、お客さまといっしょにつくるもの。
と、にっちをやってみて、つくづく感じています。

くるみの入口には、ざるに漆喰を塗ったこんな看板が
かかっています。



↑ 村尾かずこさんの作品です。


そして、こっぽら土澤の玄関を入った右にある
エレベータにのって、B1のボタンを押すと、
「くるみ」の裏口のところに出ます。

その裏口の扉脇にも、
同じ村尾さんの作品、「かけらハウス」を飾っています。




↑ こちらは、小さなざるでできています。


どちらの入口からでもカフェ「くるみ」に入れますから、
のぞいてみてくださいね。

2017年は、7日から開店です。

それまでは、こんな↓感じでひっそりしてますが、
また、新年にお会いできるのを楽しみにしています。



↑ こちらは「にっち」の入口。


新しい年まで、あとわずか。

世の中、いったいどうなっていくんだろう、という
暗雲立ちこめる社会情勢ですが、
報道内容にも疑問をもちながら、
自分で調べることを忘れず、
真の夜明けがくることをあきらめないで、
新しい年を迎えたいと思っています。

皆さま、どうぞよいお年を!




ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 今年も、お世話になりました! | トップ | 7日(土)から営業します。... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

にっち&くるみ:店情報」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。