にっち・自然に囲まれて

多様な生きものといっしょに生きる雑貨店。

アートクラフトフェア報告。通常営業に戻っています♬

2017-05-06 08:45:21 | にっち&くるみ:店情報
5月3日(水)、4日(木)の土沢アートクラフトフェア、
両日ともお天気に恵まれ、たくさんの方々に来ていただきました!




↑ こっぽら土澤前のようす・・・


にっち、くるみ、両店は、建物一階奥、地下階と、
ひじょうに人目につきにくい場所にあります。
商店街にあるのに、商店街に面していない。何とも摩訶不思議な、店の配置です。

で、今回、ツバメの家のほうにも店を出したので、大忙し。
店のスタッフともども、見て歩く時間がとれなかったのですが、
始まったばかりの午前中、5分ほど近くを歩いて撮った写真です・・・。




↑ 花もいろいろ出てましたよ。
  日差しが強かったので、ガラス窓に写った感じがきれい!




↑ 赤い消防自動車を改造した、ワッフル屋さん!
  毎回、この車を見るとうれしくなります。
  もちろん、おいしいワッフル、買いました!




↑ かつてのバス車庫跡には、テントがいっぱい並んでいました。
  この向こう隣はお寺で「信泉寺」といいます。
  湧き水があって飲めるので、のどを潤した方もいらっしゃるかな?




↑ そして、にっち&くるみが出した店では、「いきなり団子」を売りましたよ♪
  着物姿で姉さんかぶりの女性・・・とっても人気でした。


じつは、この隣(↑上写真の右奥)で、ツバメが巣づくりをしているんです。
昨年の巣を改修して、卵を産んで、抱卵をはじめたのが、なんと、アートフェアの二日前。

わあ、困った。この人ごみでツバメはびっくりして大丈夫だろうか、
と、心配でした。店を出すのをやめたほうがいいのだろうか、
と、真剣に悩んだんです。

解決策として、ツバメの巣のある奥の部分は、こちらも使わない。
服類は前のほうにだけ出して、全体をこぶりにする、などなど。

そして、当日。

ツバメはやっぱりびっくりしたようで、商店街の人通りの上を
飛び交って、なんども入ってこようとしては、Uターン。
なかなか巣まで来ないので、う〜ん、どうしたもんかと
ますます心配でした。

しかし、 そのうちに、す〜っと入ってきて、
巣の中にはいり、卵を温め始めました。
人はいっぱいいるけれど、危害を加えるものではない、安全だ、
と、判断したんでしょうね。




↑ 翼をちょっと広げるような姿で、抱卵しているメス。


ああ、よかった!

ツバメも、アートクラフトフェアの大勢の人々と出会う体験をし、
出店者も、お客さまも、ともに楽しんでくださった二日間。


4日夕方の後片付けの時間は、あわただしかったのですが、
終了後も、実行委員会の方々が、ていねいに通りを歩いて、
見てまわっていました。ほんとうに、ごくろうさまでした!


土沢商店街は、また元のように、し〜ん(!)とした
静かな通りにもどっています。

にっちも、くるみも、通常通り営業しておりますので、
どうぞ、昭和の商店街に、またいらしてくださいね!






ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« いよいよ本格的な春。ここも... | トップ | ツバメたちを見ながら考えた... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

にっち&くるみ:店情報」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。