niceshotpeteの山旅

新潟県内外の山々を旅した記録です。山座同定に力入れてます。掲載した写真の何枚かはピクスタで販売してます。



3月4日 快晴の白髭山

2012年03月04日 | 白鬚山
記録的な豪雪となった今シーズン、冬山初心者の私としては、なかなか出掛けられる状況
ではなかったが、久々の晴れの予報の日曜日となった3月4日、かねてから気になっていた
白髭山に登ることにした。

新潟市の海岸近くの赤塚地区から福島県の磐梯山が望めるのだが、その眺めの前衛とな
るのが白髭山で、ここからの磐梯山を見てみたいと以前から思っていて、それを実現させる
べく今回の山行となった。
新潟市を7時前に出発。無料の磐越道を津川インターまで飛ばす。途中の素晴らしい景色が
白髭山山頂からの好展望を約束してくれる。
8時頃、柳新田の除雪終了地点に車を置き、歩き始める。

前日の?先行者のお蔭でトレースはしっかりしており、壷足でグングン進む。感謝感謝。

しばらく進むと先行者さんは林道をショートカットして進むようになり、そこでワカンを装着した。

晴れて気温が上がり、どんどん薄着になるが雪は固く締まりワカンの爪はしっかり効いている。
やがて諏訪峠の無線中継所の鉄塔が見えてきた。

峠から左に折れて、無線中継所着。

この辺り、木々の装いが美しく、桜の花が咲いたような、錯覚を覚える。


ところがここで、先行者のトレースが切れてしまった。
初めて来た私には、ここからの道は皆目わからない。しばらくあたりを探すが、途切れた
トレースの先に、なんとなく踏み跡があるようだ。地図で方向を確認し、いざ出発。
急斜面に取りつくと、やはり跡が見える。これはシリセードの跡なんだろうか?

しばらくすると
、明らかなワカンの踏み跡が確認でき、一安心。急斜面を登りきり、ここでようやく、鉄塔の背景に
飯豊方面の展望が広がっていることに気づく。



左側は崖で津川方向の展望が開け、指呼の間に多くの山が望まれる。
そして薄らではあるが、磐梯山と思われる姿が。山?雲?もったいぶっていやあがる。
時間が経てばもう少しはっきりするだろう。撮影は後回しだ。御神楽岳なども大きい。



尾根上のプロムナードと思ったが、しばらくすると樹林帯の中に入る。木々の間に時折白銀の峰々が望まれるので、
退屈せずに白髭山に近づく。
やがて白髭山山頂直下の急斜面が望まれるところまで来て完全にトレースが途切れてしまった。

山頂はすぐそこに望まれるが、まったく踏み跡のない雪の急斜面に踏み込んだ経験がないので、しばらく思案。
しかし、空はますます青く、風もない。ワカンのおかげで深くもぐることもない。邪魔するものは何もない。
そのまま、急斜面を山頂近くの素敵な木を目指して登り始める。まるで、スキー場のように凸凹のない急斜面。
どこをどう歩いても構わない、というのは何物にも代えがたい雪山の魅力。


10時20分、白髭山山頂着。まったく踏み跡のないバージンスノーの山頂で快哉を叫ぶ。
百の頂に百の喜びあり。














まったく汚れのない雪面と、青い空と、飯豊をはじめとする山岳展望と、何枚もシャッターを切り続けるが、そろそろ帰宅のタイムリミットとなり、後ろ髪を引かれる思いで、山頂を後にする。
日は高くなり、登りの時よりも、磐梯山が見えるようになってきた。もう少しくっきり見えればなぁ。

裏五頭も望まれる。

無線中継所に戻ってきた。

諏訪峠の東屋

12時5分、駐車位置に戻ってきた。下山途中にスノーシューの男性一人とすれ違っただけの静かな山行であった。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加