niceshotpeteの山旅

新潟県内外の山々を旅した記録です。山座同定に力入れてます。掲載した写真の何枚かはピクスタで販売してます。



11月22日 全く雪のない磐梯山

2015年11月23日 | 磐梯・吾妻・安達太良
連休の天気は下り坂。
山形、福島にはお日様マークがついてる。
小国の西俣ノ峰にまず注目。県境だから新潟の山でもある。大境山も同様。だが、次第に山形の天気予報は曇りへシフトする。
残ったのは福島。そうだ。磐梯山へ行こう。

ヤマレコで、昨年のこの時期の磐梯山の記録を見ると、結構な雪が積もっていて、ラッセルするほどだったという。
長いこと?(1か月程度だけど)ちゃんとした山登りしていないうちに季節は冬。
いきなり、ウインターシーズン突入か。
長靴(新潟県人ですから。)、ワカン、アイゼン、さらに今シーズンに備えて購入したばかりのピッケルまで車に載せ、真冬装備で福島へ。
いつもの堅田中丸の先の7・11で前泊。
明け方、ようようはっきりしてゆく磐梯山のアウトライン。
ん?雪がない?

0700 山頂まで全く雪がないことがはっきりした。

かなり拍子抜けした気持ちで猪苗代スキー場へ移動。

0753 猪苗代スキー場出発


0906 天の庭

0924 赤埴山分岐



0949 沼ノ平


1022 三合目
爆裂火口を見下ろす。噴気が上がっているのが見える。
そういえば、噴火警戒情報など全くチェックせずに磐梯山に決めたなぁ。
大丈夫と思っていても、火山を選ぶときは念のためチェックしないと。ヘルメットの方もいたな。








登り再開



1042 黄金清水


1054 四合目 弘法清水


1119 五合目 山頂
磐梯山は、噴火前、富士山に匹敵する標高があった。
富士山3600、磐梯山1800、1/2。 それで五合目・・・ってホント?

八ヶ岳と富士山の伝説思い出した。
富士山のコノハナサクヤヒメと八ヶ岳のイワナガヒメが背比べをした。
それぞれの頭に樋を渡し、真ん中から水を灌ぐとコノハナサクヤヒメの方に流れてきた。
悔しいヒメはイワナガヒメの頭を蹴とばした。
それで、八ヶ岳は富士山より標高が低くなった。・・・って壮大な想像力。



前回登った時はガスガスで展望0
今回はかなり霞んでいるものの、会津を巡る山々は見えた。
まずは一周ぐるりを赤外調で撮影。が、霞んでいるので、赤外調をネガポジ反転してみた。
まるで雪山のよう。


大境山が見えてることが意外。大境山から見た磐梯山はとても小さかったので。


今シーズンはぜひ西大巓を。









朝日連峰



どれも総じておとなしい山容の山ばかりでそれ以上撮影意欲湧かず。

食欲ももうひとつ。残っていたアーモンドチョコを食べているうちにラーメンが食べたくなった。
背油チャッチャとかのこってり系でなく、細麺のあっさり系の。
そうと決まれば長居は無用。


1202 下山開始

1225 弘法清水

三合目へ向けて下る下山者 つい、櫛ヶ峰ばかり撮ってしまう。


1308 沼ノ平

1336 天の庭

スキー場のゲレンデの真ん中を下る。スキー場だけによく滑る。
ゲレンデ下り。最初は面白かったが、思ったより長く、最後の方は飽きた。


1413 登山口着
さすがに腹が減った。
最初に見つけたラーメンという表示の店に飛び込もうと裏磐梯方向へ進む。

あった。川上登山口の「山の駅食堂」
ここで看板の山塩ラーメンを食べる。そうそう、こういうラーメンでよかったんです。美味でした。
トマトラーメンというのもあるそうだ。

諸橋近代美術館でダリの作品を鑑賞し、喜多方経由で新潟へ。



















コメント
この記事をはてなブックマークに追加

3月29日 安達太良山でほんとの空を

2015年03月29日 | 磐梯・吾妻・安達太良
0935 沼ノ平 きょうのハイライト。峰の辻から馬の背に登り着くと、これまで見たことのない風景が広がる。








日曜日の新潟の天気予報は午後から雨模様
有難いお誘いを断ってまで、晴れ間を求めて福島へ。我ながらマイペースぶりに呆れる。
未明に道の駅つちゆに着くと、南東の空にアンタレス。尾を、雲かと見紛う天の川に巻き付けていた。

0712 奥岳登山口発
風が強く、先が思いやられる。気温は高くなりそうだが、この風対策にネックウォーマーまでつけるが、登り始めてすぐ外す。

0753 この足跡は?クマ?指が4本?



0831 勢至平から安達太良山(ここから見ると乳首というより、綺麗な乳房)
安達太良山の山の上に出ている青い空が智恵子のほんとの空。


箕輪山(右)と鉄山


0918 峰の辻


0934 牛の背 地図では馬の背 干支の午の間違いか?深田久弥は馬ノ背


沼ノ平を見下ろす地点に来ると、下から吹き上げる風に体が揺れる。ブレない写真が一枚でも残るように何枚もシャッターを切る。

目指す山頂



0958 安達太良山山頂 八紘一宇って、国会で三原議員が一席ぶった、「世界は一つ、人類、皆兄弟」って意味?


吾妻連峰


磐梯山


鉄山方面へ続く山稜


薬師岳への分岐から見下ろす


鉄山


1054 くろがね小屋着
スーパードライ410円は山小屋としては安いんでは?
ここで早い昼食

1143 くろがね小屋を後にする


1238 登山口に戻ってきた。

日本百名山 12座目
コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加

2月15日 安達太良山中腹のくろがね小屋往復

2015年02月15日 | 磐梯・吾妻・安達太良
14日夜新潟出発し、猪苗代磐梯高原IC先の7・11駐車場で車中泊。

0640 あだたら高原スキー場着
スキー場敷地内は火気使用禁止なので、見咎められない場所で朝食つくる。
東の空には太陽が輝くが、智恵子のほんとの空からは強風にのった雪が吹きつける。
もう少し、この天気が落ち着かないかなぁと思っているうちに3時間弱もスキー場にいた。
空がぐっと明るくなったようなので、強風をついて出発を決める。
この時点で山頂はまず無理、くろがね小屋が目的地となる。





0920 奥岳登山口 発
勢至平までは結構日が射していて暑いくらいでインナーを脱ぐ。


勢至平まで来ると周囲が開けるせいか風が強くなる。



勢至平からは右に篭山の急斜面を巻く道となる。次第に強くなる雪の中を進むと、思っていたより高い位置にくろがね小屋が見えてきた。



1115 くろがね小屋 着

暖房費210円だけ払って小屋で寛ぐ。
冬期間は小屋内でもバーナー使えるので有難かった。
日帰り温泉410円も魅力的だったが、まだ登頂に多少の未練があったのでやめとく。
天候は回復する様子はない。
聞けば、朝早く登り始めた方は山頂まで行ったという。朝の2時間弱の待機が裏目に出たか。


1220 くろがね小屋 発
あわよくば登頂と思って外に出るが、天候はさらに悪化。
あっさり下山決定。
小屋から勢至平付近までは風雪でトレースが消えそうな勢いで、急いで下る。

峰の辻からの道が合流する勢至平からは、大半の方がスノーシューだし、山スキーの方もいるから登山道は平に固められている。
おかげで軽アイゼンが良く効いて急坂を駆け下りる。


次第にスキー場の音が聞こえてくる。
朝より格段にスキー客が増えたゲレンデを右に見ながら、


1320 登山口 着

しかし、驚いたのは冬の会津盆地の厳しさ。
幹線道路の圧雪と凄まじい地吹雪。完全にホワイトアウトする瞬間もあり、ハザードランプ点滅しながら車は走る。
新潟市内ではめったに見られない冬景色に会津の人々の強さが窺える?


日本百名山 12座目ならず。
今年中に再訪しよう。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

7月15日 梅雨の間隙をぬって磐梯山へ

2013年07月16日 | 磐梯・吾妻・安達太良
連休中の新潟の天気予報は雨。
雨の登山はご勘弁だが、ネットで天気予報を調べると、会津方面は午後から晴れそうである。
磐梯山へ行ってみよう。たまたま新聞広告で、「ゴールドラインを含めた3有料道路が無料開放」との情報を得ていた。
無料開放が福島の復興にプラスになるのか?、県外からの観光客からはしっかり取ったほうがいいんじゃないのか?、などと考えつつも、ありがたく利用させていただく。
当日、私が福島に落とした金額は1500円弱。口先だけ。ごめんなさい。
 後で知ったことだが、磐梯山が大噴火したのは今から125年前、1888年の7月15日なのだそうだ。
 朝5時半、新潟市西区の自宅を出発。
喜多方市辺りまで晴れていたように思うが、裏磐梯の「道の駅」に着いたころには、本降りの雨となっていた。
そこで1時間ほど売店をひやかしたり、仮眠したりして待機。
気づくと、雨は止み、桧原湖が綺麗に望めるようになっていた。
いざ行かん、八方台へ。
料金所をノンストップでパッシングし、快適な道路をひた走る。
八方台へ到着。
しっかり雨であった。おおよそ30台ほどが駐車しており、10名弱の登山客がいる。すでに降りてきたのか?断念したのか?これから登るのか?
天気予報を信じ、ここでまた待機。駐車場警備の皆さんがそろそろ仕事からあがるころ、ようやく雨もあがった。

11:15 登山者届を記入し出発。


11:39 中ノ湯着
次第に硫黄の匂いが強くなってくると、今は廃屋となっている中ノ湯である。


水が流れる地面のあちこちから、ブクブクと泡が上がっている。火山性のガスが噴き出しているのだそうだ。
活火山なのだと改めて認識させられる。

12:35 お花畑着

ここで一気に展望が開ける。櫛ヶ峰の、茶色を主体とする様々な色の混じった山肌が、先ほどまでの雨に濡れて鮮やかな色彩で出迎えてくれた。
裏磐梯の湖沼がこれまた独特の色あいで浮かび上がる。
やはり裏磐梯って素晴らしい、と再認識。
初めて五色沼を訪れたのは、小学校の修学旅行で約40年前。
その85年前に未曾有の大噴火があり、そこから復興し、新潟からの修学旅行の定番となった、ということだ。

奇怪な岩。「櫛ヶ峰を斜めに見上げるゴリラの横顔」を連想してしまった。これが天狗岩なのかな?














弘法清水を超えると渋滞だった。

団体さんの最後尾の方は、「遅くて申し訳ない。どうぞ、追い越して先に行ってくれ」としきりに勧めて下さる。
が、団体さんの前に出ると、立ち止まってゆっくり写真を撮ることができなくなるから、どうぞお構いなく。

山頂直下で、一瞬青空が広がり。歓声があがる。大展望を期待したが・・・。




13:25 山頂着。
山頂は雲の中だった。時折雨も混じり、風も強い。

団体さんは、記念写真を撮ると、すぐに下山していった。
時折、日差しが強くなる時がある。風が強いから、一瞬でも雲が晴れる時があるんじゃないか?
シャッターチャンスを逃すまいと、カメラを持って山頂小屋など見て回る。
磐梯明神が祀られている。

かなり粘ったのだが、山頂の雲がはれることはなかった。
不思議な事に、磐梯山山頂は5合目なんだそうな。噴火で吹き飛んだ本来の山頂が10合目?
ということはもとは富士山に匹敵する標高だったということか?


14:25 下山開始

15:25 桧原湖の水面が美しい。




15:45 中ノ湯の廃屋周囲では多くの登山客が休んでいたが、ネットには火山性ガスに注意、近づかないほうが無難と書いてあったような気がして、大丈夫なんだろうかと思いながら足早に通過。(卵の腐敗臭が異常に強い場合は、近寄らないほうが無難、でした)


16:00 登山口着

大雨による待機を考えれば、この時間で下山できて良かった。
もしも雨など降らず時間に余裕があれば、磐梯山だけでなく猫魔ヶ岳往復もしたいと考えていたが、またの機会に。
喜多方、会津坂下経由49号線疾走で、家につくと19時半だった。






コメント
この記事をはてなブックマークに追加