ナイス旦那日記

ナイス旦那は新婚なのに嫁をほっとき日々仕事に邁進中。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

三丁目の夕日ぃ〜

2005年11月23日 21時45分37秒 | 映画
「ALWAYS 三丁目の夕日」観てきました。

この前まで、三丁目の夕日を「ゆうひがおかの総理大臣」と間違ってた俺。夕日しか合ってないじゃん。バカちんでし。

さらに、劇中で、「茶川」竜之介(吉岡秀隆)というキャラが出てくるのだが、初め、文字しか出て来ないもんだから、完全に「芥川」だと読み違え、さらに「古行」淳之介が出てきた時には、ほぉ〜、芥川と「吉行」は師弟関係だったのかぁ、な〜んてノンフィクション映画と思いこんで作者の「お茶目」にまんまとハマり、遂には「鈴木オート」はスズキ自動車の前身で、これからそのサクセスストーリーが展開されるのかと、勝手にプロジェクトXばりのストーリーを先読みしちゃたりして、もう勘違いしまくり。

『俺もうこの先のストーリーわかっちゃったよ〜ん』なんて、横に座ってる奥さんにエラそうに講釈たれなくてホント良かった……。

_| ̄|○ バカニサレルトコヤッタ…

映画はとても良かった。大泣きはしなかったけれども、随所でホロリとさせられた。あの時代で少しだけ、生活をしてみたい、そう思った。

CGを使った昭和30年代の風景はまるでホンモノのようで、実際にその時代に生きた方々なら、あの風景だけで感動なんじゃないかなぁ?

俳優陣の演技もすばらしく、堤真一の昭和のお父さん役、吉岡秀隆の売れない作家役はイイ味出してた。子供達にも大いに笑わされ・泣かされた。

とてもほのぼのとした良い映画。当時を良く知る人と、一緒に行くのもいいんじゃないかと、思う。

( ̄― ̄°)チョットナイチャッタ

そうそう、六子ちゃん役の堀北真希って、ドラマ版電車男の妹役と一緒だったのね〜。あまりにキャラが違ってて全然気づかなかったぁ。

三丁目の夕日HP

←よろしければクリックお願いします。

<目次へ>

<みんなのいえ へ>  <有頂天ホテルへ>  <SAYURIへ>  <フライトプランへ>
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (14)   トラックバック (47)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ヤマトぉ〜 | トップ | ソフトクリームうめ〜 »
最近の画像もっと見る

14 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
夕陽丘の総理大臣!そうそう、ありましたね。 (akamaty1000)
2005-11-22 19:57:07
三丁目の夕日はいい映画でしたね。観客動員数もいいらいしですよ。

東京小金井公園の「江戸東京たてもの園」や上野の「下町資料館」に行くとナンジャタウンほどお金をかけなくとも懐かしさを楽しめますよ。
江戸東京たてもの園! (ナイス旦那)
2005-11-23 02:20:55
前に江戸東京博物館には行ったことあるんですけどね〜。広過ぎてちょっと疲れました。

今度たてもの園にも行ってみます!
TB (劇団セブン staff)
2005-12-01 23:45:09
させていただきました。
あさひが丘の大統領 (にら)
2005-12-02 08:57:38
そんな後番組もありましたね。

ちなみにいずれも、そして「太陽にほえろ!」も日テレ系。

「三丁目の夕日」とあわせて<日テレ太陽族シリーズ>と呼ばれています、って今思い付いたウソです(笑)。



てなわけでTBありがとうございました。
TBありがとうございました! (リト)
2005-12-02 20:25:59
はじめまして、リトと申します。

TBありがとうございました!こちらからもTBさせて頂きました。



『ALWAYS 三丁目の夕日』、とてもあたたかくて、良い映画でしたよねっ。

私も、あの時代で少し生活してみたいと思いました。

確かに、当時をよく知っている方と一緒に見るのも良いかもしれませんね!

Unknown (ゴジャレ)
2005-12-03 06:48:15
TBありがとうございます。私も、古行淳之介と鈴木オートをしっかり勘違いさせられ、ハメラれた一人です。この映画の仕掛ですかね^^
TBありがとうございます! (吉見幸洋)
2006-01-08 18:43:33
TBありがとうございマシタ!



勘違い話



最高デスネ!



爆笑させていただきました〜(^^;)



ではまた
TBさせて頂きます。 (出田(nao))
2006-01-08 23:20:52
はじめまして、TBさせて頂きます。

出てくる登場人物がとても魅力的な映画でしたね。

昭和の雰囲気がとても良く出ていて、

なつかしくあたたかい映画に感じました。
TBどうもです (ぎゃむ)
2006-01-08 23:28:52
お初です。ナイスな先読みですね。

読んでいて「なるほど、そういう後日談があったのかぁ」と、ここで勘違いし、しばらく頷いておりました。



_| ̄|○ バカニサレルカナ…



僕は何故か観ていてホットウイスキーが飲みたくなるという不思議な感想を抱きました。

あの時代を知らない僕なりの無意識の解釈なのかもしれません。



十人十色、抱く想いは違いますけどみんなが暖かくなるいい映画でしたネ!
TBありがとうございます (ナッツ)
2006-01-09 02:01:20
トラックバックありがとうございます。すごいコメントとTBの数ですね。うらやましいです。映画『SAYURI』の記事のほうでもTBさせて頂きました。ぜひこれからも自分のブログに遊びに来て下さい。
TBありがとうございました (sati)
2006-01-09 17:56:26
どこか懐かしい気がして駄菓子屋に

入ってみたくなるような町並みに・・

温ったかい人情と仄々とした人の優しさが

心に染みいって とても☆優しい気持ちになれた

凄く良い映画でしたね〜!

☆TBアリガト!(´▽`)ございました!
はじめまして (matilda)
2006-01-22 13:02:19
TBありがとうございました。

三丁目の夕日、すごい人気ですね。

こりゃ本格的に敵を作ってしまいそうなことを

書いてしまった、とちょっと後悔しています。笑。

でも、当時を知る人にはたまらないんだろうな〜と、思いました。

近々私も、有頂天ホテルを見に行こうと思ってますので

参考にさせていただきますね。

私のほうにも、またぜひいらしてくださいませ。
こんばんは〜ナイス旦那さん☆ (yuu)
2006-01-22 22:08:43
初めまして yuuと申します。

TBありがとうございました♪



良い映画でしたね。

提真一さんのお父さん、すごかったですね〜。

茶川さんとのからみ笑ってしまいました。



堀北真希ちゃんって「野ブタ」の時のキャラとも全然違っていたし、演技お上手なんですね♪

こちらからもTBさせていただきますね。

よろしくお願いいたします。
だんなだんな( ̄▽ ̄)ゞ (たむ)
2006-01-23 12:24:06
TBありがとうございました。



ワタシはあのブログのあと、どうしてもあかあさんと見たくて、つれていきました。



あの時代、うちのままはちょうど、むっちゃんと同じくらいの年。



都電がけっこうリアルだったといってました。

まちも、あんなにみちが広かったかはわからないけど、あんな感じだったといってました。



懐かしかったようで、ままはずーっと昔の話をワタシにしてくれました。





いい時代だったんだな、と。

子供の頃の話をするままは、ほんとにたのしそうな顔をしていました。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

47 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
『 ALWAYS 三丁目の夕日 』 (やっぱり邦画好き…)
映画 『 ALWAYS 三丁目の夕日  』  [ 試写会鑑賞 ] 2005年:日 本  【11月05日ロードショー】 [ 上映劇場 ] 監 督:山崎 貴 VFX:   〃 脚 本:山崎 貴、古沢良太 原 作:西岸良平「三丁目の夕日 」     (小学館 ビックコミ
映画館「ALWAYS 三丁目の夕日」 (☆ 163の映画の感想 ☆)
昭和33年、東京タワーが建設中の東京でのお話。 時代設定が、ちょうど母が子供のころだったので母と一緒に観にいきました。母から聞いた話の中に登場するモノたち、たとえば氷を入れて使う冷蔵庫などを実写で見れたという感じでした。私にとっては、懐かしいというか...
ALWAYS 三丁目の夕日 (ネタバレ映画館)
 「戦争も知らないくせに」「ロシア文学も知らないくせに」という会話にドキリ。はい、どちらも知りません・・・  長嶋茂雄が巨人軍に入団した年に生まれていない者でも懐かしく感じてしまう昭和33年の映像。知らない時代でも懐かしく感じてしまう、日本人のDNAを受け継い
ALWAYS 三丁目の夕日 (any\'s cinediary)
携帯もパソコンもTVもなかったのに、どうしてあんなに楽しかったんだろう。 <ス
「ALWAYS 三丁目の夕日」 (試写会帰りに)
一ツ橋ホール「ALWAYS 三丁目の夕日」試写会。 「ジュブナイル」「リターナー」の山崎 貴監督作品。 原作は西岸 良平の漫画「夕焼けの詩 ―三丁目の夕日」。 日本のVFXの第一人者と言われる山崎 貴監督が、こういうノスタルジックな映画を作った事が不思議な感じがするけれ.
ALWAYS 三丁目の夕日 (きょうのできごと…http://littleblue.chu.jp/)
先日、東宝から送られてきた招待状を持って 試写会行ってきましたー♪ タダ!嬉しいっ!一ツ橋ホールへGO−!!(笑) PC直描きで全然綺麗じゃない夕日が出来上がりました…orz 「ALWAYS 三丁目の夕日」2005年公開・邦画 監督/山崎貴 脚本/山崎貴、古沢良太 ...
ALWAYS 三丁目の夕日 (VAIOちゃんのよもやまブログ)
10/18の試写会ネタです。今回はビックカメラ有楽町店の7Fにあるよみうりホール。ここは席のオフセットがちょっと少な目で、段差もそれ程大きくないので、余り見やすいとは言えないんですけどね。洋画で字幕が出たりする訳ではないのでまあいいかと。 肝心の映画ですが・・・
ALWAYS 三丁目の夕日 (Akira\'s VOICE)
SW ep3のタトゥイーンに匹敵する夕日に感動!
#47:Always-三丁目の夕日- (::あしたはアタシの風が吹く::)
試写会から2週間経つ今も、この音楽を聞くだけで涙が出そうになる。熱いものがこみ上げてくる。この時代に生きていようがいまいが、三丁目に暮らす人々の一生懸命さに、素直に良い映画だったと思える素晴らしい作品でした。 ストーリー>>> 昭和33年の東京。短気だが情の
『ALWAYS 三丁目の夕日』 (京の昼寝〜♪)
携帯もパソコンもTVもなかったのに、どうしてあんなに楽しかったのだろう。 ■監督 山崎 貴■原作 西岸良平 ■キャスト 堤 真一、吉岡秀隆、小雪、薬師丸ひろ子、掘北真希、須賀健太、小清水一揮、もたいまさこ、三浦友和□オフィシャルサイト  『ALWAY
『ALWAYS 三丁目の夕日』 (erabu)
監督・脚本・VFX(*)、山崎貴。原作、西岸良平(さいがん=りょうへい)マンガ『
ALWAYS 三丁目の夕日 (★☆★ Cinema Diary ★☆★)
2005年の最高傑作。この作品に出会えたことを誇りに思い、涙できることに幸せを感じます。
懐かしい風景◎ALWAYS 三丁目の夕日 ([混]ミックスランチ)
心地よい涙が頬を伝わります。こんなに温かくなる映画を観たのは 初めてです。充実した幸せな2時間でした。 『ALWAYS 三丁目の夕日』であります。
ALWAYS 三丁目の夕日 (future world)
昭和33年、東京下町を舞台に繰り広げられる人情味溢れた物語〜〜 邦画では久々に‘イイモン’観たって感じがする。 この時代はさすがにまだ生まれていなかったので「懐かしさ」こそあまり感じなかったが、あの‘東京タワー’が建設されるころ〜〜終戦から10年以上経て「.
泣いてしまいました・・・・感動の「三丁目の夕日」必ずあなたも観なさいよ! (「感動創造カンパニー」ダスキン城北の部屋!仕事も人生も感動だっ!)
楽しみにしていた映画を観た。「三丁目の夕日」。 泣いた。 一言で、この映画を述べるのであれば「ぬくもり」であろう。これほど、ぬくもりを感じさせてくれる映画は少ない。 それぞれの出演者がいい味を出しており、BGMが涙を後押ししてくる。特に、駄菓子屋の売れな.
三丁目の夕日 (OL@ランダム)
映画「三丁目の夕日」観て来ました。テレビで見た予告で泣けるシーンがあったので、私たぶん泣くだろうなと思っていたら、やはり泣けました。昭和30年代、ジーンときた映画でした。 「三丁目の夕日」ブログ 三丁目通信 野ブタにも出ている掘北真希ちゃん。演技最高でした
『ALWAYS〜三丁目の夕日』 (ねこのひたい〜絵日記室)
新聞の映画上映時間案内欄は、映画のタイトルが縮められて表記されていることが多いんですけど、今作の場合「オールウェイズ」なんて略されてるもんだから、判りにくくてしようがない
ALWAYS三丁目の夕日 ★★★★★ (ねこの散歩道)
今日は、一人で映画を観てきました。ALWAYS三丁目の夕日とてもよかった。さっき、初めて公式HPを覗いてみましたが、感動が甦ってきました。土の道路、木の電信柱、木造校舎、スーパーカブ、木の窓枠、スリガラス……私が子供の頃に、かろうじて残っていた風景。懐...
ALWAYS 三丁目の夕日 (Alice in Wonderland)
今日は古きよき時代の日本にタイムスリップしてきました。昭和30年代の事なんか全く知らないあたしですが、こんなんだったんだろうな〜って思ってしまうくらいリアルで違和感のないあったかい映画でした。是非両親にも薦めたい映画です。 昭和33年の日本を舞台に、家...
ALWAYS 三丁目の夕日 (toe@cinematiclife)
泣いたわよ。 まさかと、自分でも思ったけど、泣いたわよ。 まぁ、最近、涙腺ゆるゆるだけどね。 でも、きっとまだの人も、見ると泣くかもよ。 <STORY> 戦後間もない東京下町、東京タワーのすぐ近く。 いろんな生活がそこにはあった。 駄菓子屋・茶川商店の茶川竜之介(吉
『ALWAYS 三丁目の夕日』を見てきました。 (☆★ Jammy jamdy ★☆)
4限まで授業を受けた後、品川プリンスシネマで映画を見てきました [:映画:] 同じような時間帯に、『IN HER SHOES』も『ブラザーズグリム』もやってて 少し迷ってしまったんですけれども。 やっぱり『ALWAYS 三丁目の夕日』を見てきました。 まず、映画館について。初め
★「ALWAYS 三丁目の夕日」 (ひらりん的映画ブログ)
久しぶりに映画館のはしごをしてきました。 こちらはチネチッタ川崎で鑑賞。 なななかおじさん連中には評判のようだったので・・・ 2005年製作のファミリー・コメディ・ドラマ、133分もの。 あらすじ 昭和33年、東京の下町、夕日町三丁目が舞台。 町場の修理工場・鈴木
ALWAYS (兵一郎の自由日記)
東京タワー建設中の施工写真 行ってきました、昭和33年の夕日を見に。 美しかった、そりゃ、綺麗なんてもんじゃなかった。 スッ と、入ってっちゃった。 雰囲気、匂い、人、こ
ALWAYS 三丁目の夕日(映画館) (ひるめし。)
携帯もパソコンもTVもなかったのに、どうしてあんなに楽しかったのだろう。 CAST:吉岡秀隆/堤真一/小雪/堀北真希/もたいまさこ/三浦友和/薬師丸ひろ子 他 ■日本産 133分 最近映画館で邦画ばかり観ている今日この頃。 実はこの映画まったく観る予定じゃなかった
★ALWAYS 三丁目の夕日★ (★☆cause_k の DAILY LIFE☆★)
『ALWAYS 三丁目の夕日』 監督/VFX:?山崎 貴 出演: 吉岡秀隆 堤 真一 小雪 薬師丸ひろ子      堀北真希 須賀健太 小清水一揮 三浦友和 もたいまさこ 他   昭和33年、東京タワーができた年の東京下町の夕日町三町目。 ある日、則文(堤)、トモエ(薬
ALWAYS 三丁目の夕日 (ぐったり日記)
ALWAYS 三丁目の夕日を観てきた。 元々、小説でも映画でも『青春』とか『昭和』とか熱いテイストの作品が好きだったのでALWAYSは結構見たかった作品の一つだった。 ちょっとマジメな話、俺は昭和という時代に憧れる。 戦後、貧しいながらに未来に希望を持って生活し
ALWAYS 三丁目の夕日(gooブログ専用) (ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!)
今日、僕の家へ新しい家族がやってくる。 集団就職で青森から来た六ちゃん。 怒りん坊のお父さんと、優しいお母さん。 駄菓子屋の茶川さんは、居酒屋のヒロミさんが大好き♪ これは、僕ん家と夕日町三丁目に住む人のお話。 http://yoyupon.livedoor.biz/a
ALWAYS 三丁目の夕日 (日々映画三昧)
オフィシャルサイト → ALWAYS 三丁目の夕日昭和33年の東京。短気だが情の厚い則文が営む鈴木オートに、集団就職で六子がやってきた。小さな町工場にがっかりした六子を、一家のやんちゃ坊主・一平は、「もうすぐテレビがくる」と慰める。鈴木オートの向かいで駄菓子屋をする
ALWAYS〜3丁 目の夕日〜&オトナ帝国の逆襲 (がんすダメ太郎の広島弁日記)
久々に映画観に行ったら感動してしもうたんよ。 ALWAYS〜3丁目の夕日〜 を宝塚会館で観ましたで。 ありぁなにいうこたぁなぁ映画じゃ思うよったら、 えっと泣いてしもうたわいの。 わしだけじゃのうて、映画館におったほとんどが泣きよったわいね。 ハンカチで
ALWAYS 三丁目の夕日 (時計仕掛けのオレ BY ザ・ワールド)
ほのぼのとしたいい映画でした{/fine_sim/} 思ってたよりもずっとおもしろかった{/up/} 感動させられたなぁ 薬師丸ひろ子のお母さん役はかなりハマってました そして堤真一はやっぱり大好き{/hearts_pink/} あの親子には何回も笑わされました{/face_yaho/} テレビが家にや
●映画『ALLWAYS三丁目の夕日』 が沈む間際の最終便 (駆けろ!好調教馬 駆けろ!吉見幸洋)
方々での評判は耳にしてたんですが・・・ 終いには賞も獲りまくり・・・ 私の頭の中の脳ミソと相談した結果 観にいかなければヤバイだろ という事になり 地元の映画館の最終日に逝って来マシータ・・・ 上演期間の終了間際に観に逝った事は 何度もあるけど 確かに
ALWAYS 三丁目の夕日 (Cafe&Sweets)
【ALWAYS 三丁目の夕日】をレイトショーでみてきました。 イオンで会社の人2人とすれ違いイオンって凄ーいって辺に感心したw http://www.always3.jp/ 映画はめっちゃ感動(T-T) ウルウル 4回は涙が・・・・ あー空の指輪ケース・・・ 胸にジーンっときた。。。
ALWAYS 三丁目の夕日 (le papier a lettres 27歳OL)
金曜の会社帰りに映画を見に行った。 ALWAYS 三丁目の夕日。全く興味が無かったんだけど 評判がよかったので、連休前だし1人映画をした。 もう、すんごくよかった。 どこが?どういうところが?特別何処がどうとかは無いんだけど、すべてが良い。 心和ませたいんで
映画『ALWAYS 三丁目の夕日』★★★ (AI-z「出田直正(nao)の一日。」)
>映画『ALWAYS 三丁目の夕日』★★★ なにかと話題で、賞を取っている映画。 観に行ったのですが、 普通(」゜ロ゜)」 ナント 普通の日本映画でした。 普通でないのは映像技術。 遠くに見える東京タワーですとか、 昭和の町並み。 次第に出来上
ALWAYS 三丁目の夕日を観てきたよ (諸刃の剣)
映画館に行く価値がある。 今日は友人、バイトのおばちゃん、家族など多くの人から勧められ 行くことが義務とされていた「ALWAYS 三丁目の夕日」を観て 来ました。 序盤、世界に入り込もうとすると奇妙な「間」が空いて現実に引き戻 されるような感覚があ
映画『ALWAYS 三丁目の夕日』 (“のぼせもん”のみんなで幸せになろう!)
おはようございます、映画『ALWAYS 三丁目の夕日』を見てじ〜んとして来たナッツです。いや〜、良い映画でした〜。昭和33年にはまだ自分は生まれてもいないのに、すごく懐かしい感じがしました。 実際には、年末に見たのに今だに記憶に残ってます。昭和33年が.
映画「ALWAYS 三丁目の夕日」 (お気楽ぅ〜)
ようやく観てきました!scopsさんをはじめみなさんから大推薦のこの映画 ロングランもたぶん来週で終わりです。ロードショーも最後の方になってしまいましたが、ホントに観て良かったです! 妻とレイトショー。開映前に同じ会社の人に出会いました。原作コミックを全巻買われ
ALWAYS 三丁目の夕日 (映画のしっぽ)
昨日までは赤の他人なのにいつのまにか肩を寄せあって暮らしている・・素朴で純粋で
ALWAYS 三丁目の夕日 (Lovely Cinema)
子供の頃に家族で東京タワーに登ったことがあります。しかもどうしてだか?理由は覚えていないけど、階段で登りました。あの頃はかる〜く[:ジョギング:]駆け上がって登ったのを覚えています。今だったら翌日は死んでいます[:汗:] 展望台から見下ろした街並みは、車がミニ
「ALWAYS 三丁目の夕日」鑑賞 (エモーショナル★ライフ)
今日は「ALWAYS 三丁目の夕日」を見てきました。 珍しく試写会でも公開直後でもなくかなり時間がたってからの鑑賞。 これはみんなで見ようと思って調整しつつとっておいたんですよね♪ この映画は昭和33年の時代を舞台にした 様々な人々が強く生きる様子を描いた感.
ALWAYS~三丁目の夕日~(3・C) (映画は劇場で)
私のお薦め度:★★★ 劇場度:C(テレビでも楽しめそう) 古き良き時代昭和。 日本人が一番幸せだった時代。 テレビを買うと言ったら隣近所の人がみんな集まってきて大騒ぎ そんな時代だったんですね。 監督は私と同世代らしいですが、 昭和の光景を撮影するのに大変苦労
ALWAYS 三丁目の夕日 (MULBERRY通信)
「ALWAYS 三丁目の夕日」 ようやく!ようやくこちらでも上映されましたので 観にいってまいりました。 もうすでに、いろいろな方のブログで紹介され ストーリーなどはご存知の方も多いかと思います。 ただ実際に観させてもらうと、すごく切ない! 建築中の「東京タワー
ALWAYS 三丁目の夕日 (Extremelife)
西岸良平の人気コミック『三丁目の夕日』を映画化した人情ストーリー。誰もが明るい未来を信じていた昭和30年代の東京下町を舞台に、個性豊かな人々が織りなす心温まる人間模様を綴る。広大なロケセットに加え、「ジュブナイル」「Returner リターナー」の山崎貴 ...
ALWAYS 三丁目の夕日 (東京ミュービー日記)
ALWAYS 三丁目の夕日 監督:山崎貴 出演:吉岡秀隆/堤真一/小雪/堀北真希/もたいまさこ ほか? 毎日、雨続き。 梅雨ですかね? うっとうしいなぁ・・・。 なんとかならんですかね。 今週末に広島出張を控え、バタバタです。 ? さて ...
【邦画】ALWAYS 三丁目の夕日 (ハサウェイのシネマ!シネマ!シネマ!)
A+  面白い A     ↑ A− B+ B    普通 B− C+ C     ↓ C−  つまらない 『評価』  A- (演技4/演出3/脚本4/撮影4/音響3/音楽4/美術4/衣装4/配役4/魅力3/テンポ3/合計40) 『評論』 あれ
ALWAYS 続・三丁目の夕日 (アートの片隅で)
「ALWAYS 続・三丁目の夕日」の試写会に行って来ました。 前作が大好きな妻と一緒です。 前作から4ヶ月後、既に完成した東京タワーをバックに始まります。 このオープニンがとても楽しいです、(内容は書けないけど、、、) 山崎監督のこういう感じの作品も観てみた...
Payday loans. (Faxless payday loans.)
Payday loans for small business. Payday loans. Payday loans fast. Mexico country payday loans. One hour payday loans no faxing.