日本と韓国と朝鮮の友好をすすめます・・日朝協会です。アジアと世界情勢を観る。

日本と韓国と朝鮮の歴史・現在から、
平和な未来を切りひらくために....
ご入会ください。1ケ月¥500

米国と朝鮮は最も直接の当事者として、出来るだけ早く政治的決断をすべきだ。

2017-02-22 | 中国を知ろう
王毅外交部長が朝鮮核問題について語る
人民網日本語版 2017年02月20日11:20


王毅外交部長(外相)は現地時間17日、ドイツで開催された第53回ミュンヘン安全保障会議全体会議に出席して基調演説を行った後、朝鮮半島の情勢について記者の質問に答えた。外交部ウェブサイトが伝えた。

王部長は「中国側は、対話と交渉の再開にはまだ機会があり、平和への希望は依然としてあると考えている。我々は引き続き国連安保理の決議、特に2270号と2321号決議を厳格に順守し、決議が持つ効力を発揮させるべきだ。それと同時に対話と交渉の再開への努力を放棄するべきではない。中国側は関係各国に対して、情勢の緊張を激化するいかなる言動も取らないよう呼びかける。米国と朝鮮は最も直接の当事者として、出来るだけ早く政治的決断をすべきだ」と表明した。(編集LX)

「人民網日本語版」2017年2月20日
ジャンル:
きいて!きいて!
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 憲法裁は同日、朴大統領側の... | トップ | 本当なら、大変結構なことだ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。