日本と韓国と朝鮮の友好をすすめます・・日朝協会です。アジアと世界情勢を観る。

日本と韓国と朝鮮の歴史・現在から、
平和な未来を切りひらくために....
ご入会ください。1ケ月¥500

文大統領は「対話の環境を韓国が主導的に作っていくのが、新政府の外交・安保政策の核心になる」と話した。

2017-06-16 | 文在寅大統領情報
文大統領「歴代南北合意は政権が変わっても尊重すべき資産」

登録 : 2017.06.15 22:23 修正 : 2017.06.16 04:11


6・15宣言17周年祝辞で包括的な構想を明らかに 
「核・ミサイルの追加挑発を中止すれば 
北朝鮮と条件なく対話に乗り出す… 
膝をつき合わせて向き合えば 
すべての問題を包括的に論議できる」 
南北首脳会談の可能性を開いておく


文在寅大統領が今月15日、ソウル汝矣島63ビルコンベンションセンターのグランドボールルームで開かれた「6・15南北首脳会談17周年記念学術会議および記念式」に出席して祝辞を述べている=大統領府写真記者団//ハンギョレ新聞社
 文在寅大統領は15日「金大中(キム・デジュン)大統領は北朝鮮の挑発的行動による朝鮮半島危機の中でも、南北和解協力の新たな時代を開いた」とし、「危機はチャンス」と強調した。

 文大統領はこの日、ソウル汝矣島(ヨイド)63ビルで開かれた「6・15南北共同宣言17周年記念式」祝辞で「今日私たちが経験している危機を解決するためにも、南北関係は新たに確立され発展しなければならない」とし、このように述べた。北朝鮮がテポドン1号ミサイルを発射する一方、金倉里(クムチャンリ)地下核施設疑惑が提起され、米国の北朝鮮の寧辺(ヨンビョン)核施設の爆撃が検討された金大中元大統領の任期初期は「決して平坦ではなかった」が、「金大中大統領が米国のクリントン政権を説得し、南北関係が発展できる土台を主導的に敷いた」ことから教訓を得られるということだ。北朝鮮が新政権発足後、ミサイルを5回も発射するなど挑発を継続する状況でも、南北和解の道を開かなければならないという意味と解釈される。

 この日の文大統領の祝辞は、今月末の韓米首脳会談を控えた状況で、南北関係をどのように解決していくのかに対する包括的な構想が盛り込まれた。文大統領は1972年7・4南北共同声明、1991年南北基本合意書、2002年6・15共同宣言、2007年10・4首脳宣言を順に言及し、「歴代政権で推進した南北合意は、政権が変わっても必ず尊重されなければならない重要な資産」だとし、「政府は、歴代政権の南北合意を南北がともに立ち戻らなければならない原則とする」と話した。また、「南北問題と朝鮮半島問題解決の方法をこれまでの合意から見出していく」と付け加えた。文大統領は、大統領選挙候補時代から「南北間の既存合意を尊重しつつ、新たな合意を導出する」という意志を明らかにした。文大統領は「最近、北朝鮮が6・15共同宣言と10・4南北首脳宣言の尊重と履行を求めている。しかし、核とミサイルの高度化により、言葉と行動が異なるのがまさに北朝鮮」だとし、「私たちは私たちなりに努力する。北朝鮮もそうすべき」と話した。

 文大統領は特に「北朝鮮の核放棄の決断は、南北間の合意履行の意志を示す証票だ。これを実践するならば積極的に支援する。北朝鮮が核とミサイルの追加挑発を中止するならば、北朝鮮と条件なく対話に乗り出すことができる」と話した。さらに「私は膝をつき合わせて向き合って、どのように既存の南北間合意を履行するか協議する意思がある。北朝鮮の核の完全な廃棄と朝鮮半島平和体制の構築、そして、米朝関係の正常化まで包括的に議論することができるだろう」と強調した。北朝鮮の挑発の中断を前提に、対話に対する強い意志を示し、今後の南北首脳会談の可能性まで開いておいたものと見られる。

 大統領府関係者は「北朝鮮に対する制裁と圧迫が加えられるこの時期に(従来の立場を超えて今すぐ首脳会談など)新しい対北朝鮮提案をすることはできない」、「北朝鮮が核開発を放棄し対話に乗り出すなら、国際社会とともに北朝鮮を助けられるという点を強調したもの」と話した。文大統領選挙陣営出身の南北関係の専門家は「米国も、北朝鮮も条件さえ用意されれば対話に乗り出すだろうという反応を見せている状況」だとし、「対話の環境を韓国が主導的に作っていくのが、新政府の外交・安保政策の核心になる」と話した。

 一方、同日の記念式には故金大中元大統領夫人の李姫鎬(イ・ヒホ)氏をはじめ、共に民主党のチュ・ミエ代表とウ・ウォンシク院内代表、国民の党のパク・チュソン非常対策委員長とキム・ドンチョル院内代表らが出席した。パク・チュソン非常対策委員長はフェイスブックに掲載した書き込みに「6・15南北共同宣言日と10・4南北首脳宣言日を国家記念日に指定しよう」と文大統領に提案したこともある。現在、国会にはこれを求める決議案が提出されている状態だ。パク議員は「記念日の指定は国務会議の議決だけあればすぐにでも可能だ」と話した。



文在寅大統領が今月15日、ソウル汝矣島63ビルコンベンションセンターのグランドボールルームで開かれた「6・15南北首脳会談17周年記念学術会議および記念式」に出席して祝辞を述べている=大統領府写真記者団//ハンギョレ新聞社



文在寅大統領が今月15日、ソウル汝矣島63ビルコンベンションセンターのグランドボールルームで開かれた「6.15南北首脳会談17周年記念学術会議および記念式」に出席した。文大統領が祝辞を終えた後、李姫鎬氏に挨拶している=大統領府写真記者団//ハンギョレ新聞社

イ・ジョンエ、チョン・インファン記者(お問い合わせ japan@hani.co.kr )
ジャンル:
速報
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ペリー米国元国防長官:高高... | トップ | 済州島で開かれた第2回アジア... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。