旅の途中

にいがた単身赴任時代に綴り始めた旅の備忘録。街道を歩いたり、酒肴をもとめてローカル線に乗ったり、時には単車に跨って。

ナイス☆ユカリで美和桜を一杯 可部線を完乗

2017-05-17 | 呑み鉄放浪記

   金曜日の広島はジャイアンツ戦を中止にする溜息混じりの雨が降っていた。広島から西へ2駅、私はなぜか横川本通り商店街にいる。ちょっと気になる立ち呑みがあるからだ。"のぞみの最終便まではまだ少し時間がある。

 

可部線は山陽本線の横川から分岐して、あき亀山までの15.6kmを走る。起点の横川駅前には、7系統・8系統の電車が終着する広島電鉄の電停もあって、なかなか賑やかだ。予報通り雨がぽつぽつ落ち始めている。

可部線は地方交通線だけど、広島市街とそのベットタウンを繋ぐので乗客が多い。専門的には輸送密度と云うらしいが、18,000人を超えるのは地方交通線の中にあってダントツだそうだ。17:00過ぎという時間帯もあって3両編成の緑井行き新型車両は満員だ。緑井までは日中で20分に1本、朝夕は10分に1本だから幹線並の頻度である。

緑井で後続のあき亀山行きを待つこと15分、やって来たのは首都圏では見ることが無くなった国鉄時代の湘南電車だ。広島では黄一色に染まっている。可部線は2003年に非電化であった可部〜三段峡間が廃止になった。ところが今春、廃止区間の一部、可部〜あき亀山間が復活開業している。廃止路線の復活は全国で初めてのケースだそうだ。

終点のあき亀山駅周辺には何もなく、一緒に降り立った女子高生がぽつんと迎えを待つだけだ。復活延伸はこれからの宅地開発を見込んでのことだろう。赤ちょうちんの一軒もあると思いきや当てが外れた。やはり横川に戻らないと。

      

   横川駅に戻る頃には雨は本降りになっている。ドラックストアで買ったビニール傘をさして店を探す。めざす「ナイス☆ユカリ」さんを、横川本通りに入ってひと辻目右手に見つける。中華の家庭料理を美味しくつまみながら一杯やる。これがこの店の魅力との評判だが、それ以上に店主の人柄に由るところが大きいとお見受けした。

 

 メニューにサッポロ赤星を見つけて迷わずオーダー、"ピリ辛冷奴" を肴にビールを呷る。この冷奴は絶品。続いて "野菜のマリネ" と "たくあんの燻製" を肴に「純米酒 美和桜」を常温で愉しむ。旨い。この濃厚な味わいの酒は三次の酒だ。ちょっと良い具合になって来た、このまま泊まっちゃおうか広島に。

可部線 横川~あき亀山 15.6km 完乗

 

『鉄道』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« Moss Pink | トップ | 三江線を完乗 廃線まで8ヶ月... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。