旅の途中

にいがた単身赴任時代に綴り始めた旅の備忘録。街道を歩いたり、酒肴をもとめてローカル線に乗ったり、時には単車に跨って。

開湯800年「川原湯温泉・王湯」に浸かる 吾妻線を完乗

2014-07-26 | 呑み鉄放浪記

 源頼朝が発見してから800年以上の時を紡いできた川原湯温泉に浸かって来た。裸祭りとしても有名な奇祭「湯かけ祭り」は、ふんどし姿の若衆が早朝から湯のかけ合いをして湯の神に感謝する。正月20日の早朝のことだ。

 

 渋川駅は伊香保温泉の玄関口。駅前には大きな看板が架かり、30本を超える路線バスが温泉街に向かう。吾妻線はここ渋川で上越線から分岐し、榛名山、浅間山、草津白根山にはさまれた吾妻川の渓谷を、名だたる温泉地の玄関口をつないで遡る。

 

早速高崎駅で仕込んでおいた名物「だるま弁当」をいただく。山菜に鶏肉、煮込んだコンニャクが載って酒の肴になる。今日の一本は沿線中之条は貴娘酒造の純米吟醸、やや辛口のフルーティーな酒だ。醸造元のある中之条は四万温泉の玄関口になる。

 

川原湯温泉に途中下車、こんな小さな駅だが特急が停車する。川原湯温泉駅はあの八ッ場ダム完成後に湖底へと沈む駅だ。ホーム後方に見える橋の車道直下まで水が行くと思うとイメージができる。

 

 川原湯温泉の共同浴場「王湯」をめざす。駅から緩やかな坂道を上ること15分、大量の汗が吹き出したころ共同浴場に到着。と思いきや、6月末日をもって営業が終わってしまっていた。湖水の届かない高台に小さな温泉街まるごと移転をするそうで、どうりで閑散としている訳だ。5日にOPENしたという新しい「王湯」まで、途中大粒の雨に降られて雨宿りしながら、さらに坂を上ること10分、やっとの思いで共同浴場にたどり着く。雨と汗でぐっしょりだ。

 

 電車の時間を気にしながら駅へと戻る。もっと浸かっていたい気分だが、まだまだ先がある。ひとつ先の長野原草津口駅は、文字通り草津温泉の玄関口。記憶とまったく違う風景、駅はすっかり新しくなっていた。少しばかりの土産店やら飲食店があったと思うのだが痕跡もなく、草津温泉行の接続バスが出発してしまうと閑散とする。真新しい駅の、ほどよく冷房の利いた待合室には、自習室替わりに勉強をする中学生の姿だけが残る。

 

 4つ先の万座・鹿沢口は、万座温泉、鹿沢温泉そして北軽井沢への玄関口である。上野発の特急はもちろん、大抵の列車はここが終着となる。ひとつ先の終点大前までは、日に5往復の普通列車だけが走る。大前駅は吾妻川に寄り添うようにひっそりと在る。国鉄時代には信越本線の豊野(現長野市)まで延伸する計画があったそうだが、時代の流れでそれはならなかった。吾妻線はここに静かに終着する。駅名表示版の傍らに道祖神が佇んでいた。

吾妻線 渋川~大前 55.6km 完乗

 

2014.07.26 再掲

『鉄道』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 中山道紀行29 大井宿~大湫... | トップ | 小江戸・佐原を訪ねて利根川... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

呑み鉄放浪記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。