旅の途中

にいがた単身赴任時代に綴り始めた旅の備忘録。街道を歩いたり、酒肴をもとめてローカル線に乗ったり、時には単車に跨って。

日光道中・奥州道中紀行4 古河宿~野木宿~間々田宿~小山宿~新田宿~小金井宿 

2017-06-19 | 日光道中・奥州道中紀行

07:20 「古河宿」
 福法寺の山門は古河城二の丸御殿にあった「乾門」を移築したものだ。唐破風(からはふ)造りの屋根をのせた平唐門(ひらからもん)は、市内に残る唯一の城内遺構となる。 

 

江戸時代から両替商を経て、その後酒問屋として栄えた「坂長(さかちょう)」の店蔵は旧古河城の文庫蔵を移築したもの、現在はお休み処として観光客を迎えている。

Navi42. 本町2丁目交差点先2つめ信号(左折)→<曲の手通り>→スーパーとみや 0.14km 2分

Navi43. スーパーとみや(右折)→<よこまち柳通り>→杉山写真館 0.7km 8分

 

城下町特有に左に右に直角に曲がった先は「よこまち柳通り」、旅籠、茶店、遊郭が並んでいた界隈だ。古民家が多く残っている、うなぎの武蔵屋本店もそのひとつだ。

Navi44. 杉山写真館(左折)→<県道261号>→野木交差点 1.2km 15分

Navi45. 野木交差点(左折)→<国道4号>→粟宮交差点 11.3km 140分

 

08:00 「野木宿」
 江戸から10番目の「野木宿」は下野国に入って最初の宿場だ。現在、宿場の面影は何ひとつ残っていない。宿場の規模は天保年間に於いて、本陣1、脇本陣1、問屋場4、旅籠25軒となっている。 

少々寄り道をした「野木神社」は、約1600年前、仁徳天皇の時代の建立。征夷大将軍・坂上田村麻呂が延暦21年(802年)にここに詣で、勝どきをあげたといわれている。境内脇には紫陽花が今を盛りに咲いている。

 

野木宿の町並みは10町55間(約1.2km)と長い。町並みの中に野木一里塚があった筈だが何の痕跡もない。宿場の北口には「是より大平」の道標が建っている。観音堂と十九夜塔が建つ辺りに、土塁と木戸が設けられていたそうだ。 

 

08:55 「法音寺・友沼八幡」
 友沼には立場があって "とろろ汁" が名物であったと云う。「法音寺」には安永9年(1780年)に建てられた芭蕉句碑がある。「道の辺の むくげは馬に 喰われけり」とあるがこの地で詠まれた句ではない。斜向かいの「友沼八幡神社」は日光参詣の将軍の小休場であった。

 

09:10 「乙女一里塚」
日本橋から18番目の「乙女一里塚」は西塚のみが残っている。国道4号線の69キロポストが建つ。

 

09:55 「逢いの榎」
 江戸へ18里、日光へ18里、日光道中の中間地点に当たるので「間の榎」と呼ばれていたのだが、時代の流れとともに縁結びの「逢いの榎」として祖師堂が建てられ、願をかけに訪れる男女が多かったと云う。榎を過ぎると街道が緩やかな上りとなった琴平神社あたりが間々田宿の南入口、土塁と柵があったそうだ。 

10:10 「間々田宿」
 江戸から11番目の「間々田宿」は、本陣1、脇本陣1、問屋場3、旅籠50軒の規模。元和4年(1618年)に宿駅となってから、結城藩領、古河藩領、直轄領、宇都宮藩領と目まぐるしく所属が変わっている。旧い遺構はなく、本陣青木家跡にも真新しい案内板があるのみだ。

 

宿内の茶屋で一休み。下野風土菓・乙女家で、栃木県特産の "かんぴょう" がジャムになって入っている「るかんた」、甘夏風味と抹茶風味をいただいて人心地なのだ。

少々寄り道をして「間々田八幡宮」、宿の総鎮守で天平年間(729~749年)の勧進と伝わる。平将門の乱の折、藤原秀郷が戦勝祈願をし、見事乱を平定したと云われる。この言伝えを知り、文治5年(1189年)、奥州藤原氏との合戦に臨む源頼朝も戦勝祈願に立ち寄ったと云う。

10:35 「西堀酒造」
 日本橋から19番目の「間々田一里塚」は何の痕跡も残っていない。粟宮には "若盛"、"門外不出" の「西堀酒造」がある。明治5年創業の蔵は日光連山から湧き出す天然水で街道の頃から酒を醸している。まだ先が長いので泣く泣く試飲を断念する。

Navi46. 粟宮交差点(直進)→<県道265号>→喜沢分岐点 6.0km 75分

 

11:45~13:15 「小山宿」
 江戸から12番目の「小山宿」は五街道追分と云われ、日光道中から壬生通り、佐野道、結城道が分岐している交通の要衝だ。本陣1、脇本陣2、問屋場4、旅籠74軒とかなり大きい規模なのだが、見事に旧い遺構は何ひとつ残っていない。 それにしても街道筋に大衆食堂やら蕎麦屋の1軒も見つからず、なんと1時間30分も費やしてしまった。

 

街道筋から左右に朱塗りの灯籠がびっしりと並ぶ参道を進むと「須賀神社」が鎮座している。天慶の乱に際し、藤原秀郷公が日夜素盞嗚命(スサノオノミコト)に戦勝を祈願し、成就することが出来たので、天慶3年(940年)、京都の八坂神社から、御分霊を勧請して祀ったのが始まりと云う。社宝の「朱神輿」は、万治元年(1658年)、日光東照宮を造営した職人の手により、東照宮を縮尺して造られたものだ。

 

小山市役所は、関ヶ原前夜の慶長5年7月24日、上杉討伐途上の徳川家康が、石田光成の挙兵の報を受け軍議「小山評定」を開いた所であり、評定所跡の碑がある。さらに北隣りは日光参詣に向かう徳川将軍の宿泊所である小山御殿跡だ。

 

12:50~13:30 「喜沢追分」
 壬生通りの分岐点「喜沢追分」は旅人が休息した茶や立場があったところ。現代の旅人もやっとこの地でお昼にありつく。「蕎麦きはる」で生ビールを呷る、"酢蛸" で疲れはとれるだろうか。"十割蕎麦" は "とろろ" でいただくのだ。

Navi47. 喜沢分岐点(斜右)→<市道>→菅沼整骨院 1.9km 25分

 

13:35 「喜沢一里塚」
 日本橋から21番目の「喜沢一里塚」、西塚は雑木林の中にほぼ原形を残しているが、東塚は宅地の売れ残った一角に残土が盛られている感じだ。一里塚を過ぎると街道は暫し東北新幹線の側道となって北上する。 

Navi48. 菅沼整骨院(斜左)→<市道>→羽川小学校 0.4km 5分

Navi49. 羽川小学校(斜右)→<国道4号>→銅市金属工業 1.0km 12分

14:00 「新田宿」
 新幹線の側道から国道4号線に合流する羽川小学校あたりが、江戸から13番目になる「新田(しんでん)宿」の江戸方の入口になる。その規模は天保年間において本陣1、脇本陣1、問屋場1、旅籠11軒、日光道中では最も小さな宿場であった。本陣跡には四脚門が残っている。

 

新田宿には幕府代官陣屋が置かれていた。もちろん遺構は残っていない。陣屋跡の向かいには薬師堂がある。

 

Navi50. 銅市金属工業(左折すぐ右折)→<市道>→力道寿し 1.9km 24分

右手に佐野手打ラーメンの赤い看板が見えたら銅一金属工業の角を左折、さらに15m先を右折。建物(倉庫)の影に石仏群が佇んでいる。宝暦2年(1752年)の供養塔、寛政12年(1800年)建立の馬頭観音など、新田宿の日光方の入口でもある。

国道4号線の概ね100m西側を約2km、道なりに真直ぐ進む。市道が遊歩道になり、暗渠道になり、一部私道?を通り、再び住宅街の市道になる。やがて街道は畑に突き当たるのだが、公園になった一里塚が目の前だ。右折して30mで国道4号線に戻って左折となる。

Navi51. 蛸屋菓子店小金井店ウラ(右折すぐ左折)→<国道4号線>→ミニストップ自治医大駅西店 2.4km 29分

14:40 「小金井一里塚」
 日本橋から22番目となる「小金井一里塚」、国道4号線は明治初年、街道の東側に開削されたため、東塚西塚の一対が立派に残っている。西塚には榎、東塚には檪(くぬぎ)と榎の巨木が生えている。梅雨とは思えない晴天の日曜日、古河宿からひたすら焼けたアスファルトの国道4号線を歩き続けた行程は、25.0km、7時間20分。小金井一里塚は「小金井宿」の江戸方の入口でもある。

 

『散歩』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 古伊万里の町で昼呑みなど ... | トップ | リゾート列車で "奥の細道" ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。