旅の途中

にいがた単身赴任時代に綴り始めた旅の備忘録。街道を歩いたり、酒肴をもとめてローカル線に乗ったり、時には単車に跨って。

日光道中・奥州道中紀行3 杉戸宿~幸手宿~栗橋宿・中田宿~古河宿

2017-05-05 | 日光道中・奥州道中紀行

 

09:30 「杉戸宿」
 日光道中・奥州道中紀行、3日目は杉戸宿から歩きだす。 江戸日本橋からは43.5kmだ。町中心部の交差点は「本陣跡地前」、実際にはここは問屋場跡、明治14年(1881年)には奥州・北海道巡幸に向かう明治天皇が休憩している。

 

日光方の桝方に残る商家の屋号は「角穀」、桝方(曲がり角)にある穀物問屋だからだそうだ。傍らにある道標はずいぶん新しいものだ。街道は角穀前を右にカーブして杉戸宿を離れ幸手へと向かう。

ところで杉戸宿には旅籠屋が48軒、旅人だけでなく近郷から泊まりに来る客も多かったそうだ。それと云うのも旅籠屋の多くは飯盛旅籠、つまり飯盛女(遊女)を抱える旅籠だったからだ。 

 

Navi28. ホンダカーズ埼玉中・杉戸店(斜め左)→<国道4号線>→上高野小入口交差点 2.6km 30分

 

10:00 「厳島神社」
 見どころの少ない国道を往く。左手に朱塗りの社が目立つ厳島神社が、山田うどんの駐車場には茨島一里塚の案内板がある。

Navi29. 上高野小入口交差点(斜め左)→<市道>→ベルク幸手南店 1.3km 15分

 

Navi30. ベルク幸手南店(右折)→<県道65号線>→志手橋交差点 0.8km 10分

10:40 「神宮寺」
 神宮寺には、奥州征伐に向かう源頼朝が愛鷹を見失ったが、寺の薬師如来に祈って発見したことを喜び、山号の「鷹尾山」を贈ったと云う物語がある。

Navi31. 志手橋交差点(斜め左)→<県道65号線>→内国府間交差点 2.0km 25分

 

11:00 「幸手宿」
 幸手宿は日光御成街道との合流点、筑波道の分岐点として栄えた。その規模は(天保年間で)、本陣1、脇本陣、旅籠27軒である。問屋場跡は小さな公園になっていて絵地図と明治初期の写真を見ることができて興味深い。 

 

問屋と名主を兼ねた幸手本陣・知久家は、鰻割烹の「義語家」になっている。案内板には知久家は信州伊那の出身で、幸手宿の繁栄、久喜町の開拓に尽力したと記されている。

 

本陣の先に「名物・太郎焼」のサインが目に留まる。普段甘いものは食さないのだけれど2つ求めてみる。粒餡いっぱいの大判焼きだ。疲れた時には身体が甘いものを欲する。街道を往く旅人も、こうして団子などを頬張ったのだろうか。

 

幸手宿には旧い商家も残っているが、それでも明治期、大正期のもの。でも聖福寺勅使門は400年近い歴史を持っている。聖福寺は日光東照宮に参詣する将軍の休憩所、勅使門は将軍一行あるいは例幣使(天皇の使者)が来たときにしか開かない門だ。

 

聖福寺の前は日光方の桝方で、ちょうど榎を塚木にした幸手一里塚がこの位置にあったそうだ。「右ごんげんどうがし、左日光道中」の道標が正福寺の境内にある。 

Navi32. 内国府間交差点(斜め左)→<国道4号線>→行幸橋北詰 0.9km 10分

 

Navi33. 行幸橋北詰(左折)→<市道>→カーブミラー 0.05km 1分
Navi34. カーブミラー(右折)→<市道>→雷電社 1.0km 15分

 

安永4年(1775年)に建立された道標が筑波道との分岐点にある。「右つくば道、左日光道」とある。

 

Navi35. 雷電社(左折)→<国道4号線側道>→ライブシアター栗橋 2.6km 30分

12:15 「小右衛門一里塚」
 日本橋から13番目の小右衛門一里塚には、宇堤外(現・権現堂川)から移築された弁財天堂が建てられている。 

Navi36. ライブシアター栗橋(斜め左)→<市道>→会津見送り稲荷 0.7km 10分

 

Navi37. 会津見送り稲荷(斜め左)→<県道60号線>→八坂神社前交差点 1.6km 20分

12:50 「炮烙地蔵」
 炮烙(ほうらく)地蔵は「関所破りで火あぶりの刑にされた者を供養するために建立された」と説明書にある。しかし江戸時代の関所破りの刑罰は磔(はりつけ)と定められており、栗橋関所や宿場で火あぶりが執行されたという記録は見つかっていない。

 

12:55 「栗橋宿」
 栗橋は利根川の渡河地点であり、日光道中から江戸への出入りを監視する関所が置かれた。栗橋宿の規模は天保年間において、本陣1、脇本陣1、旅籠27軒である。池田本陣跡、栗橋関所跡は発掘調査が進行中だ。

栗橋宿は利根川対岸の中田宿とは合宿の形態を取り、荷物や人夫の継ぎ立てを行う問屋業務は半月毎の交代制で担っていた。

 

宿場の外れには八坂神社の祭神は素戔嗚尊(すさのおのみこと)。拝殿前には狛犬ならぬ狛鯉(こまこい)が鎮座する。口を大きく開いた鯉(招福乃鯉)と、口をぎゅっと結んだ鯉(除災乃鯉)の対だそうだ。

 

Navi38. 八坂神社前交差点(斜め右後方)→<市道>→利根川橋南詰交差点 0.2km 2分

Navi39. 利根川橋南詰交差点(左折)→<国道4号線>→利根川橋東詰 0.7km 10分

Navi40. 利根川橋東詰(左折)→<県道228号線>→中の台交差点 4.2km 55分

13:20 「中田宿」
 中田宿の規模は天保年間において、本陣1、脇本陣1、旅籠6軒。宿並みは大正元年(1912年)の利根川改修工事により河川敷となった。中田宿北の入口と推定される利根川堤交差点に火の見櫓が立つ。鶴峯八幡宮は養和元年(1181年)、源頼朝が鶴岡八幡宮の分霊を勧請したとされる。中田宿の鎮守だ。

13:50 「中田の松原」
 鶴峯八幡宮の先には「中田一里塚」があったのだが場所を特定できるものは無い。ところで中田宿を出てから古河宿の入口までは、東北本線の踏切付近でドックレッグするものの、ほぼ6kmのウンザリするような直線が続く。日光道中分間延絵図によると1里半延々と続く松並木を『中田の松原』として、「東海道にもこれほどきれいな松並木はない」と記された。

Navi41. 中の台交差点(直進)→<県道261号線>→本町2丁目交差点先2つめ信号 2.1km 25分

「古河宿」 14:20
 「原町一里塚」は県立古河第二高校のグランドに片塚がある。ネット越しに覗くとややこんもりとした上に塚木の榎が繁り、一里塚の面影が残る。古河宿の江戸方入口は台町三叉路、県道261号線に上書きされた街道は鈍角に右手に折れて古河宿に入って行く。

 

古河は城下町でもある。藩主は目まぐるしく代わったが、土井勝利など幕府の大老職格が入城している。古河城は徳川将軍の日光参詣の折の宿城として重要視された。当然、街道筋には城内への入口が設けられた。御茶屋口に設けられたのが御成道で史蹟碑が建っている。

 

古河宿の規模は天保年間において、本陣1、脇本陣1、旅籠31軒だ。本陣、脇本陣、問屋場、高札場など宿場の中枢は本町2丁目交差点に集中している。北上してきた街道は、本町2丁目交差点の更に2つ先の辻で、左、右と鉤状に折れて宇都宮をめざす。この辻には常夜燈式の道標が在って、正面に「左日光道」、左側面に「右江戸道」、さらに右側面には「東筑波道」とある。

 

次回は古河城下を巡ったのち小山をめざそう、などと手打そば処で「きのこ汁そば」を啜りながら思案する。日光道中・奥州道中の旅3日目は、「杉戸宿」から「幸手宿」そして坂東太郎を隔てた「栗橋宿」と「中田宿」を経て「古河宿」までの22.2km、4時間50分の行程、沿道に田植えの風景を見ながらの『立夏』の1日となった。

 

『散歩』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 丸窓電車で塩田平を往く 上... | トップ | Moss Pink »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日光道中・奥州道中紀行」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。