旅の途中

にいがた単身赴任時代に綴り始めた旅の備忘録。街道を歩いたり、酒肴をもとめてローカル線に乗ったり、時には単車に跨って。

北国街道紀行1 追分宿分去れ~小諸宿

2012-08-25 | 北国街道紀行

「追分宿分去れ」
 先日、息子との中山道男旅で通過した「追分宿分去れ」から右へ、ひとり北国街道を進めることにした。常夜灯には「さらしなは右」、延宝の道標には「従是北国海道」と彫られている。月見の名所更科をひいているのも、街を海にして日本海を想起させているのもロマンがある。
500mほど進めた辺りが「追分原」。天仁年間(平安後期)の噴火で火砕流に襲われた一帯で、その厚さは平均8mだそうだ。それにしても浅間山が雄大で圧倒的な存在感がある。

 

 御代田町に入ってR18を左に離れて旧道を進むと「濁川」を渡る。伊能図には赤水川と記されているそうで、鉄分を含んだ水は確かに赤茶色に濁っている。1kmほどでR18とクロスして小諸にむけて下っていくと馬瀬口集落。追分宿と小諸宿の中間に位置し、高山家は明治天皇が北陸巡幸の際の小休所で碑が建っている。近隣に「柵口神社」これで集落と同じ(ませぐち)と読む。平安時代の御牧(御料牧場?)の入口で馬塞(ませ)の柵が設けられていたのが語源とのこと。

Img_3324 Img_3328

 繰矢川は両岸が垂直に削られた侵食谷になっている。田切地形と言って地名にも表れることが多い、この街道を北上すると妙高山麓にも例がある。R18は近代的な橋でひと跨ぎしてしまうが、旧道は大きくU字を描いて谷を下りて川を渡る。本来の北国街道は藪に紛れて辿れなかったが、写真の旧道の近くをやはりU字を描いて谷を渡ったに違いない。

Img_3339 Img_3346

 谷を上ると一旦R18に合流するが、僅かな距離を重ねて左に分かれていく。旧道に入ってすぐに道祖神を見かけた。中山道沿いには実に多くの道祖神を見かけたが、北国街道に分岐してからは初めてお目にかかった。この違いは何故。R18南側の旧道を平原の集落を下っていくと乙女。再びU字を描いて谷を下ると佐久甲州街道の分岐点。現在のR141と重なり野辺山を経て甲州街道の韮崎宿に至る道である。写真では北国街道は右側から谷を下りてきて左へとカーブしていく。手前は佐久甲州街道で二又に道標がある。「右甲州道・左江戸海道」と善光寺方面からの案内が刻まれている。

 

 佐久甲州街道分岐点から1kmほど、小諸の町並みに入る手前に「唐松一里塚」で一方は良く保存されている。浅間山カルデラから流れ出る蛇堀川を渡ったところからが「小諸宿」。馬頭観音と追分宿への近道を記した道標がある。

     Img_3380

「小諸宿」
 小諸宿は荒町と本町の境、光岳寺の門前で鉤状に折れるが、ここの山門は旧小諸城の足柄門を移築したもの。本町は商家の町並みが良く保存されていて街道情緒充分。

     Img_3384

 光岳寺門前で鉤状に折れた街道は、本町を千曲川に向かって下って行く。街道はずれの市町には脇本陣の粂屋・本陣問屋が残っている。ちなみに本陣問屋には若き日の若山牧水が滞在し和歌を詠んだという。

     Img_3393

 ところで重要であるはずの本陣や脇本陣が宿場のはずれで、尚且つ最も低い場所にあるのは、今まで歩いてきた中で初めてのケース。もっとも千曲川の河岸段丘を要害として築城された小諸城(懐古園)自体が、扇状地の末端かつ河岸段丘の崖上、つまり城下町より低いところに位置する。
「追分宿分去れ」から「小諸宿」までは13.7km。3時間の行程。

Img_3400

『散歩』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 中山道紀行16 御代田一里塚... | トップ | 信州小諸「そば蔵丁子庵」で ... »
最近の画像もっと見る

北国街道紀行」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。