旅の途中

にいがた単身赴任時代に綴り始めた旅の備忘録。街道を歩いたり、酒肴をもとめてローカル線に乗ったり、時には単車に跨って。

庭先ゃ多摩湖と武蔵野うどん 西武・多摩湖線を完乗

2016-06-19 | 呑み鉄放浪記 番外編

 夏の陽に射られた深い緑、鏡のような青い水面、ネオ・ルネッサンス様式の建造物、でも高原リゾートの湖畔ではない、都民のみずがめ多摩湖の風景です。北関東の町では猛暑日を記録したこの日、国分寺から狭山丘陵をめざして多摩湖線に乗ります。山口線、狭山線と乗り継いで西所沢に抜けると、西武鉄道線の呑み潰しも完了です。

 

 多摩湖線の起点は国分寺。地図上で見ると中央本線に突き刺さるように真北に延びている。コンコースから駅前広場を跨ぐ通路を進んだ先の7番線から発車するアイボリーの4両編成はワンマン運転です。拝島線とクロスする萩山まで北上した多摩湖線は、その後水道道路に並行して、ほぼ直線で西北西に進みます。

 終点のひとつ手前の武蔵大和で途中下車をして、多摩湖線に並行する多摩湖自転車道を国分寺方面へと引き返す。紫陽花が咲く道を10分ほど歩いて、武蔵野うどんの老舗「きくや」を訪ねる。武蔵野うどんは、東京多摩から埼玉西部にかけてのご当地グルメ、太くてコシの強い麺を温かいつけ汁で食べるのが一般的です。

      

 踏切脇の手打ちうどん「きくや」はご覧の通りの狭いお店ですが、注文すると直ぐに出てくるし、地元の常連と覚しきお客さんはサッと食べて出て行くので回転が良いようです。初めましての人には注文が難しい。オーダーしたのは「3L、肉汁、天付き」、3Lとは量、基本のLが3玉なので3Lは5玉らしい。肉汁と言うと温かい汁、言わないと冷汁が出てくる。天付きはその名の通り、他にミックスというと刻み海苔がのるようです。

 やや褐色がかかった不揃いな麺を、竹のお椀に豚バラ肉が入った甘めの醤油味のつけ汁。薬味は、刻みネギ、生姜、わさびが付いていて、少しづつ風味を変えて美味しくいただきます。手打ちらしい田舎うどんを堪能しました。

 

 武蔵大和(今気付いたけれど、ある意味凄い名前ですね)から最後の1区間を乗車すると終点の西武遊園地駅。この駅は村山下ダムの直下にあって、堰堤を上ると冒頭の風景が広がります。“東村山、庭先ゃ、多摩湖...”そう東村山音頭に出てくる「多摩湖」です。多摩湖線ホームの延長線上は山口線のホームになっていて、両線は僅かな時間で乗り継ぎできるダイヤになっています。案内軌条式鉄道の山口線、通称“レオライナー”が遊園地を抜け、ゴルフ場の裾を右に左になぞりながら走っていくと、左手に銀色に輝くドームが次第に大きくなって西武球場前駅に終着します。

 Bubble Runって何?今日のライオンズは神宮、閑散としていると思った西武プリンスドーム前は、水着にお揃いのTシャツ姿、高校生くらいの男の子、女の子の歓声で溢れてました。

 

 狭山線は単線なのだけれど、西武球場前駅は10両編成が停れるホームが6番線まである。日本シリーズなどが開催される日には臨時列車でホームが埋まるのだろうか、だとしたら壮観な眺めだろうと想像する。終点の西所沢駅までは、間に下山口を挟んで僅かに5分の旅なのです。

 さすがに住宅街の西所沢では、駅前から右に左にぶらついても昼飲みできる居酒屋やバーは見当たらない。やっと見つけた大手フランチャイズの居酒屋、まずは大ジョッキーを一杯呷る。トマトとモッツァレラのカプレーゼ、香味冷奴、燻りがっこ入りポテトサラダで二杯、三杯、ここ所沢でも30度を超えて、真っ昼間の生ビールが旨い。国分寺から西所沢まで3線乗り継いでも16km、居酒屋で生ビールを堪能する時間の方がはるかに長い旅でした。

西武多摩湖線 国分寺~西武遊園地 9.2km
西武山口線 西武遊園地~西武球場前 2.8km
西武狭山線 西武球場前~西所沢 4.2km 完乗

 
 

 

『鉄道』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 紫陽花咲く長谷寺を訪ねて ... | トップ | 甲州道中紀行7 黒野田宿~笹... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
懐かしいです。 (未庵)
2016-06-19 18:23:47
多摩湖や西武球場はチャリや車で行ったり、
またマラソン大会で走ったりと馴染みの場所です(#^^#)

うどん、5玉とはスゴイですねー!!
Re:懐かしいです。 (たき)
2016-06-20 07:46:41
土曜日の多摩湖自転車道路は、ラン、バイク、ハイクの皆さんが思い思いに楽しんでました。夏へと向かう良い季節ですね。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。