旅の途中

にいがた単身赴任時代に綴り始めた旅の備忘録。街道を歩いたり、酒肴をもとめてローカル線に乗ったり、時には単車に跨って。

臨海工業地帯のレトロな路線を往く 鶴見線を完乗

2014-07-12 | 呑み鉄放浪記

Img_8729

 波がプラットフォームを洗う絶景ポイントの海芝浦駅は下車ができない。ここは東芝本工場の構内のため、社章がないと改札を抜けることができないのだ。駅舎には警備員が闖入者を拒絶するかのごとく立哨している。折り返しの時間まで海を眺めていよう。

Img_8706_2

鶴見が丘に伽藍を並べる曹洞宗大本山總持寺、鶴見駅はこの丘の麓にJRと京急が向き合っている。近代的なJR駅にあってそこだけレトロな3番ホームから鶴見線は始発する。

Img_8754 Img_8753

900m先の最初の駅はその名も「国道」。第一京浜(国道15号線)を跨ぐガード上にホームがある。ガード下には飲み屋やら住宅があるがどれも空家っぽい。絵になる風景ではある。

Img_8719 Img_8720

鶴見線は京浜東北線の鶴見から扇町を結ぶ僅か7.0kmの線なのだけれど、二つの支線を持っている。ひとつめは浅野駅から大きく右に急カーブを描いて分岐する海芝浦支線だ。

Img_8731 Img_8728

海芝浦支線は、浅野を出ると新芝浦に停車した後、再び90°の右カーブを切って京浜運河に並行すると海芝浦に終着する。

Img_8708 Img_8716

浅野まで引き返してから、扇町方面へひと駅進むと安善駅。ここから分岐するふたつめの支線は大川支線。途中駅はない1.0kmだ。安善を出てやはり大きく右カーブを切ると、名も無き運河を渡って大川駅に到着をする。

Img_8712_2 Img_8710_2

大川島とでも言うのだろうか、運河で囲まれた島には三菱化工、日清製粉、昭和電工などの事業所が占める。土曜日はどの工場も稼働していないのだろうか、降りる人も僅かだ。それにしてもこの支線は朝夕の数本、つまり通勤時間帯にしか走っていない。この折り返しを失すると次は18:01発だ。

Img_8745 Img_8748

安善に戻って本線を扇町を目指そうと思いきや、待ち時間が40分余り。いつの間にか陽が高くなって、デイタイムは本線と言えども1時間に1本になってしまっている。待ちわびたクーラーの利いた電車が嬉しい。武蔵白石、南武線と連絡する浜川崎、昭和と停車して終着は扇町。旅客営業はここまでだが、貨物線が埠頭に向かって延びている。

026 025

 さて、さすがにコンビナートに酒蔵はない。工員さんたち憩いの定食屋は土曜日は休業だ。日系ブラジル人が多いと云う鶴見に戻る。炎天下を歩くこと15分、ブラジル料理「パライソ・ブラジル」は住宅街の中に忽然と在って、厨房では圧力鍋がカタカタ鳴っている。少々スパイシーなビーフシチューをいただく。煮込んで柔らかな肉が美味しい。が、オヤジにはそのボリュームと濃い味付けが過ぎて後半は大いに苦戦するのだ。

  鶴見線 鶴見~扇町   7.0km
海芝浦支線 
浅野~海芝浦  1.7km
 大川支線 武蔵白石~大川 1.0km 完乗

023

 

『鉄道』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 多摩川の渓谷を縫って 青梅... | トップ | 中山道紀行29 大井宿~大湫... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。