旅の途中

にいがた単身赴任時代に綴り始めた旅の備忘録。街道を歩いたり、酒肴をもとめてローカル線に乗ったり、時には単車に跨って。

リゾート新幹線 "つばさ とれいゆ" で往く 山形新幹線を完乗

2017-06-30 | 呑み鉄放浪記

 福島のご当地グルメはフライパンで焼き上げる円盤餃子。絶妙なきつね色が美しい。生ビール片手に食べたら最高だね。「餃子の店・山女」のそれは "ふっくら・サックリ"、3年半の単身生活で宇都宮餃子に慣れ親しんだ私も納得の美味しさだ。

 山形新幹線は奥羽本線のうち福島から新庄までの150km、愛称「山形線」を走る。今回は新庄を15:00に発つ "つばさ とれいゆ2号" で福島をめざす。所要時間は2時間40分、少々ゆったりと車窓を眺めながら、地酒を愉しみながらの旅となる。

霊峰・月山をグリーン、山形に恵みをもたらす最上川をブルーで描き、全体を蔵王の清々しいアイボリーで包み込むカラーリングなのだそうだ。

 

山形の美味いものが詰まったシンボルマークが描かれた16号車には「足湯」が設えてある。車窓に流れる果樹園や田園風景、出羽三山を眺めながら足湯に浸かる。なんともユニークな趣向だ。

 

15号車には「湯上りラウンジ」と「バーカウンター」がある。 紅花色のカウンターで、山形の地酒やフルーツジュースなどを買い求めることができる。14・13・12号車の大きなカバ材のテーブルを備えた「畳座席」は、まるで小料理屋の掘り炬燵席。リラックスした時間を過ごせそうだ。

 

"蔵王スターワイン" は、完熟したデラウェア種90%とベリーA種10%を使用した果実香溢れる辛口のワイン。スモークチーズと米沢牛のジャーキーを肴にゆったりと愉しんで往く。

17:41、"つばさ とれいゆ2号" は福島駅に滑り込む。新幹線ホームではなく在来線の5番ホームだ。 さて折角の福島、このまま帰る訳にはいかない。

と云うわけで20分後には「餃子の店・山女」の列のひととなる。20人ほどの列に並んで小1時間 、路地が夕闇に包まれた頃2階のお座敷に席を占める。乾ききった喉に冷たい一番搾りを呷る。大皿いっぱいに盛られた円盤餃子まであと少しだ。

山形新幹線 新庄~福島 148.6km 完乗

 

『鉄道』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 広瀬川上流に宮城峡蒸留所を... | トップ | 旧東海道品川宿ランチ事情26... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
山形新幹線 (矢鱈愛子)
2017-07-01 15:31:52
こんにちわ

山形新幹線の中は良いですね
上越や北陸新幹線はたまに乗りました
こんなお酒をの飲む車両はなかった
ように思いますが
山形新幹線は良いですね
Re:山形新幹線 (呑み人)
2017-07-01 21:26:19
矢鱈愛子 様
メッセージありがとうございます。「呑む」ためにだけ「乗る」のも愉しいです。オトナの遊びですね。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。