旅の途中

にいがた単身赴任時代に綴り始めた旅の備忘録。街道を歩いたり、酒肴をもとめてローカル線に乗ったり、時には単車に跨って。

日本最短のローカル線で紀州美人に会いに行く 紀州鉄道を完乗!

2017-04-03 | 呑み鉄放浪記 番外編

 JR御坊駅から御坊市中心部とをむすぶ庶民の足として、営業距離2.7kmという日本最短のローカル線・紀州鉄道が走っている。御坊には岸野酒造本家という小さな酒蔵があって「紀州美人」と云う酒を醸している。美人と聞いては会いに行かずに居られない。

 

紀州鉄道のレールバスは、御坊駅の0番ホームからディーゼルの匂いを残して走り出す。この便にはツアーご一行が乗り合わせて、いつもと違って賑やかな車内です。イラストの「宮古姫」は 聖武天皇の生母宮子姫(藤原宮子)で、ここ御坊の出身と云う伝説がある。

レールバスはこんな線路を平均時速20kmでノロノロと、否ヨロヨロと、踏切では最徐行して走って行く。学問、紀伊御坊、市役所前と停まって、約8分で西御坊に終着する。

 岸野酒造本家は、町の興りとなった本願寺日高別院の近く、旧い土蔵屋敷が残る一角にひっそりと在る。

呼び鈴で奥から登場したご主人にお話をうかがう。そもそも醸造量が少ない「紀州美人」は地元の酒屋にも並ばない。この店先でひっそりと販売し、あとはネット通販ならぬ、メールで注文を受けて発送しているそうだ。

 

土産に「紀州美人 手造り純米吟醸」を求める。ご主人曰く芳醇でフルーティな辛口の酒だそうだ。鮮やかなラベルの720mlは未だ我が家の小さなセラーに眠っている。

紀州鉄道 御坊~西御坊 2.7km 完乗

     

『鉄道』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 紀三井寺・潮岬 地酒を巡っ... | トップ | 那智大社・青岸渡寺 地酒を... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

呑み鉄放浪記 番外編」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。