そんな地球に恋してる!

心が笑顔になればいい

映画に恋してる!

2016年12月07日 | 映画・DVD・ビデオ
 子供の頃、僕は母親の教育方針あり、「ディズニ映画」しか観させてもらえなかった。「黒ひげ大旋風」とか「ラブバック」とかである。「怪獣映画」とか「東映マンガ祭り」とかはもってのほか。
 歳月は流れ、小学校高学年になった時、父親に梅田・北野劇場(現在のナビオ阪急)に連れて行ってもらって観たのが「ポセイドンアドベンチャー」。父親は仕事の疲れなのか、上映中ずっといびきをかいて爆睡していた。映画はハラハラドキドキで面白く、出演していたパメラ・スー・マーティンという女優さんをいっぺんで好きになってしまった。
 中学になると親ではなく、友人と映画を観に行き始めた。その最初の作品が「パピヨン」だった。これは神戸三宮の阪急会館で観た。この映画館は、阪急電車三宮駅と隣り合わせになっている関係で、電車の通過音が響いて来た。それもなんだか心地良かった気がする。三宮で他に通った映画館は、阪急シネマ、阪急文化、新聞会館大劇場、スカイシネマ、国際松竹、国際にっかつ等。これらの映画館で観た映画は、「ドラゴン怒りの鉄拳」「十戒」「タワーリングインフェルノ」「ジョーズ」「ベンジー」「八甲田山」「スプーン一杯の幸福」「カサンドラクロス」「メル・ブルックスの新・サイコ」「デルス・ウザーラ」「ダーティーメリー・クレイジーラリー」「007/黄金銃を持つ男」等である。
 大阪の映画館で通ったのは、阪急プラザ、三番街シネマ1・2・3、OS劇場、ニューOS劇場、コマシルバー、コマゴールド、梅田グランド劇場、東映シネパレス、松竹ピカデリー、南街劇場、松竹座、大毎地下、毎日ホール、等。こちらで観た映画は、「紅いコーリャン」「大地震」「キングコング」「ゴースト」「007/私を愛したスパイ」「ヤングフランケンシュタイン」「スターウォーズ」「竜二」「小さな恋のメロディ」「ミッドウェイ」「フレンズ」「エアポート75」「名探偵登場」「ザッツエンタティンメント」「八つ墓村」「砂の器」「あなただけ今晩は」「ブレージングサドル」「麻雀放浪記」「赤ひげ」「菊豆」「1941」「2001年宇宙の旅」等である。
 中学・高校・大学と本当に映画館に通い倒した。映画を好きになったきっかけは、テレビで観た「荒野の七人」。七人のガンマン達のカッコよさに惚れ惚れした記憶がある。
ジャンル:
きいて!きいて!
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 北海道・留萌ー増毛間が廃線。 | トップ | カードが多過ぎる日本 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。