水彩画と俳句の世界

自然を愛し、感性を大切にして「水彩画と俳句の世界」を楽しんでいます。

春の鴨

2017年04月04日 11時30分32秒 | 春の俳句

   瀬田川沿いのふくらむ蕾     

さくらの蕾がふくらみ、川辺に山茱萸の花がこぼれ、土手にはいぬふぐりが咲きのぼりました。そして、群遊していた瀬田洗堰の鴨は僅かな番が残こる春の鴨となりました。春らしくなった画像を求めて朝の散歩。歳時記から好きな俳句を探してみました。

山茱萸に明るき言葉こぼし合ふ   鍵和田袖子 

   

  いぬふぐり星のまたたく如くなり  高浜虚子 

 

  連翹の黄に触れ胎の子が動く  樟 豊

  たんぽぽや日はいつまでも大空に  中村汀女

  水仙を剣のごとくに活けし庵   山口青頓

  白い星のような草の花  

  釣鐘のまわりに紫の小花を沢山つけた草の花

  木蓮が頭上にありて胸開く  坪内捻典

 残りしか残されゐしか春の鴨  岡本 瞳

 

  鴨や鳰が見られなくなり、寂しくなった瀬田川洗堰の水辺   

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 四月の詩(鴨一家) | トップ | 膳所公園の桜 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL