独り言

趣味や日々のことなど。

毎年恒例の

2017-01-03 20:25:32 | 日記
2012年より毎年恒例、6回目の観世会初会に行って参りました。
ここ何年か頑張ってお着物で観能していましたが、今回は洋服で。
その代わり?に最後の「岩船」までしっかり拝見しました。

本日のお席が目付け柱近くだったため、常座での姿がまったく見えない位置ではありましたが、お囃子、神歌もばっちり聴こえますし、面箱の模様もよく見える。
「翁」を拝見するにはいいお席だったような気がします。
「翁」は狩衣の色が綺麗でした。
翁面、老眼の眼には比較的新しい面に見えましたが、「翁面 肉食 河内作 江戸時代」と掲示されていました。
「三番叟」は山本家。何だか固かったなぁ…観ている方も無意識のうちに力が入ってしまい、終わった後グッタリしてしまいました。

「養老 水波之伝」、昨年の「三人の会」での印象と異なる感じ。何がどう違うのか…は、書きにくいところではあります。。
最後、シテが橋掛りで振り返り養老の瀧を見上げる?姿は美しかったです。
小書付きが故なのかもしれませんが、「三日月」面に牡丹?芍薬?の冠をつけているのには、ちょっとビックリしました。

「岩船」は15分程度の短い作品なので、全体的にもう少し元気溢れる感じでも良かったかなぁ、と思いました。



ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« あけましておめでとうござい... | トップ | 2017/1/4 休み最終日 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。