もうひとりの私

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

自分の姿

2012-10-31 06:12:46 | 日記

自分で自分の事をどんな人間だと問われたら

「まるで子ども」

自分のやりたいことをして、できなければがまんする

周りの事なんてお構いなし

欲しい物は欲しいとお願いする

それがどんなに相手が大切にしているかも考えず

自分の欲求が高まるとこれが即行動に出てしまう

思った事をポンと口にする

結果

私の周りの方々は、憤りを感じ残念で辛い思いを抱かれる

私はと言えば、これがお粗末にも

喪失感、失望感、無力さとらわれる

自分のやったことなのに

ひどい人間性だ

こんな奴と付き合いたくないもんだ



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

他人の気持ちがわからない

2012-10-30 20:54:21 | 日記

自分のやりたいことを表現すると

他人の気持ちを考えていないと言われる

考えて表現したのに

他人の気分を害してしまう

なんでそんなことを言うの

考えていないやろ

失礼極まりない

強い怒りを感じる

そんな言葉で返される

どうも感覚が違うようだ

自分と他人が切れている

そこには繋がりがない冷たさがある

人間性の問題、心がないとも言われる

大きなものを私は忘れてしまったのかもしれない

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

医者の紹介の紹介

2012-10-30 06:27:49 | 日記

今まで通っていた整形外科から

硬膜外ブロック注射の薦めを受けて行った病院だが

昼間の診療しかしていなので

夜間や土曜日にある医院に紹介された

 

1番目の医者はほんと医者だなと思った

科学的に見ておられる

従って痛みなど精神的なものも伴う事に関しては実に冷たい

「気のせいやから」「そこまで痛むはずないんやけど」と。

 

2番目の医者は痛みの部位が右側だと言っているのに

カルテに書かれていたのは左側

人の話をまともに聴いていないのか

目だけはぐりぐりとした大きな眼なのに

 

3番目の医者は雰囲気はやわらかく声も落ちついている

話しやすいので今まで聞けなかったことを聞いた

「骨はもとにもどりますか?」

「もどらないね」

「ブロック注射を続けていると痛みはなくなりますか?」

「なくなるよ。でも効果は人によるからね」

 

昨夜は久しぶりに右足がつった。

でも今朝起きたら、痛みは消えていた

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

集中力の良し悪し

2012-10-29 06:05:03 | 日記

シモンズ教授のバスケットボールの数を数える実験をしてみた

http://www.theinvisiblegorilla.com/videos.html

結果パスの数は正解した

しかし白いチームのパスに集中していたため

後半で黒い服のゴリラが現れたのに見えていなかった

1点に集中すると見えなくなるのがよくわかった

1つのことをやり遂げようと思えば集中力もいる

でもその分、周りへの注意力が欠ける

周りも巻き込んでやりたいことをしていかないと

周りが見えていない分、不満が出るのが当たり前

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

自我と自己

2012-10-28 07:02:33 | 日記

自我がその時代その地域その文化によってどんどん変化していく

始めは親から躾によって原型が創られるが

思春期になると、そのペアレントエゴを破って新しい自分の自我を作っていかねばならない

ところがこの自我を作るのに結構かかってしまい

一度できるとそれを壊したくなく

時代が変わっていくのにおかまいなしに古い自我をまとっているじだい遅れの輩になってしまう

 

一方自己はというと人類共通のものをもつ形にならないものなので

愛とか道徳・倫理・思い遣り・・・・

これは何時の世も変わらないもの

これだと自己が善なるものに思えるがそうではない

愛1つとっても様々である

自我を通してしか私たちはこの世に顕せないので

自分のやりたいことをしようと思えば

実は多くの人を巻き込んでいくものなのである

自我を鍛え多くの人を巻き込んで自己実現を果たしていく

それが人生の意義だとしたら

人生の目的はいかなる自己が自分の中に眠っているか

それを呼び起こすことにあるかもしれない

コラージュで自我と自己を作ってみた

こちらが自我

こちらが自己

コメント
この記事をはてなブックマークに追加