gooブログはじめました!

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

水素エネルギ-

2017-02-16 09:51:00 | 日記
日本にはエネルギ-がいっぱいあります、それは北海道と南西諸島です、どちらも風の強いところです。そこに風力発電を建てその電力で水(又は海水)を電気分解して水素を取り出します。その水素を圧縮して需要地へ運び水素で火力発電し電力を得ます。また北海道や南西諸島以外でも風の強い適地があればそこでやればよい。そのほか地熱発電ももっと適地があるのでは、それに太陽光発電は一戸建て住宅では屋根全部に太陽光セルを張ればその家の需要は賄えるのでは、とにかく日本はエネルギ-の自給率を増やす工夫をしなければ経済自立はできません。其の為僻地での電力収得には輸送の問題があって作りにくかったが電気で水分解し水素を得ればその問題も解決する。しかし水素の運搬の問題ですが液体水素にすれば効率よく運べますが液体水素にするには費用が掛かります。そこで今の燃料電池方式の水素を圧縮して使う方法なら小さい施設でも圧縮でき、その圧縮水素をタンクにためて運べば解決するのでは、また運送用の船も大型船を使うことなく小型船を利用でき僻地での港湾施設でも利用できるのでは、そうすれば水素社会が実現でき化石燃料に頼ることは必要ない事ではないかと思います
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 原子力発電は高くつくことを... | トップ | ミドリムシについて »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。