gooブログはじめました!

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

電気自動車は究極のエコカー

2017-03-30 05:57:38 | 日記
電気自動車は燃費もいいし、騒音も出さない、究極のエコカ-ですが残念ながら電池が其れに答えるほど進化してない。その欠点は電池容量と充電に問題があります。電池が空になった場合、充電しなければなりませんがその充電が時間がかかるのです。それでも最近は少し早くなりましたがまだ消費者の納得は得られておりません。充電時間が早ければ早いほどいいのですが遅くともガソリン自動車のガソリンを入れる時間ぐらいにちじめれば完全に電気自動車の社会になります。しかしそれは今のところ無理で早めると充電中に発火の恐れが起きます。だから仕方なく日産ではガソリンエンジンで発電して、その電気でモ-タ-駆動してモ-タ-で走ってます。これだと電気自動車だからスム-スに走れ問題はないのですが、電気モ-タ-とガソリンエンジンの二重構造で余分な器具を取り付けることになり感心しません。もっと電池を高容量化すると同時に充電時間をちじめる研究をしなければ何時までもガソリンエンジンを必要とし理想の自動車とは言えません。これを防ぐためガソリンスタンドで充電した予備の電池と交換する方法の案もありますが、それだと電池が入れ替え時古いのや新しいのが入れ替わるため困った問題も起きます。そこで私の案ですが電池の構造を統一し電池は貸し出しとすることで電池の所有者は自動車会社かあるいは別の電池所有者が責任を持て貸し出すようになればユ∸ザは電池の事を気にせずガソリンスタンドで交換してもらえるのでは。最初から電池を外した自動車を買い、電池は電池所有会社が供給する様にすればその問題は解決します。その電池貸し出し会社は電池代と電気代を込みで貸し出せば少し電気代が高くなりますが自動車買うとき電池代がついてなかったので自動車が安くなってますし、電池代もガソリンより電気の方が安いので採算上は合うのではと思います。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 自動運転で輸送費が安くなったら | トップ | AIの目標は次は農業だ »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。