gooブログはじめました!

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ロボットの進化を日本中が待っている。

2017-02-08 09:11:27 | 日記
高齢化で就労人口減で日本が持たないと言われてる。運送業の運転手不足、介護施設の就労者不足保育園の保育士の不足、世間では人員不足が叫ばれているがこれを解決するには外国人の力を借りるか、ロボット化である。しかし外国人に頼った場合、ロボット化が追い付いて人員が余った時外国人を追い出すのは日本人の感覚としてはできない。だからここはロボット化を急がねばならない。まず自動車の自動運転次がペッパー等を進化させて介護に使えないかまた幼児の相手はペッパーでもできるのでは、そんな事妄想するのだが自動運転自動車はもう一息の様だがそれを待てないぐらい運転手不足は深刻です。自動車会社はもっと前倒しで開発できないか。僅々の課題です。それに家事ロボット共働きの人には働いて帰ってからの夕飯作りは過酷なのでは、また朝出かける前の忙しい時の朝食作りや子供の送り迎え、こんなのをやってくれるロボットがあれば買うよな。それに高齢者には家事全般をやってくれるロボットはありがたい、それにロボットですが車輪で移動するのはいいのですがやっぱり階段も上り下りしたいそんな車いすも望まれているのですよ。あれやこれ書いたら限がない。とにかく急いでロボットを世に出してくれ。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 社会福祉に金かかるのは効率... | トップ | 人の気持ちって »

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事