NPO・NGO草莽の集い

NPO・NGOスタッフの学びの場です

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

NPO・NGO草莽の集い2016 参加者募集!

2016-05-11 09:39:47 | 広報
■■■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
        つどえ! 草莽(そうもう)の志

        NPO・NGO草莽の集い2016

            参加者募集!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■■■

世の中には様々な社会課題があふれ、個人では立ちすくむほどの
現実があります。しかし、どうにかしなければなりません。

この現実を変えることこそ、NPO/NGO/市民活動の究極の使命です。

草莽の集いとは、この現実を見ながらも、今とこれからの社会に
対する“想い”を持った人が分野の垣根を超えて集い、互いを磨き、
お互いが育ちあう道場です。

中身は、各分野で活躍するゲストを招き、

「どんな想いで活動しているか」
「心の火を灯し続けるものは何か」
「社会を変えることに対する想い」

などを語っていただき、自分たちの想いと交換します。


あなたは今後どう生きますか?

あなたの理想は何ですか?

今の自分で満足ですか?

あなたの組織のミッションは生きていますか?


ゲストの話から大切なことを学び、これからの生きかたや、
活動のありかたを考えましょう。

始めてから12年目となるNPO・NGO草莽の集い。
分野は違えども志を共有できる人と出会い、学び、語り合って、
次への一歩を踏み出しましょう。

もっと育ちたい! そう願うあなたの参加をお待ちしています。

*************************************************

「非営利組織は、成果をあげ、この世に変化をもたらすために
存在しているのだ」(P.F.ドラッカー)

*************************************************

■対象
NPO・NGOのスタッフ25人(先着順/定員になり次第〆切)
合宿(2回)を含め、可能な限り、全ての回に参加できる方。
原則、3年以上の勤務経験と学ぶ意欲のある方。

※参加者の交流を密にするため、欠席が多い場合は途中でも
 参加をご遠慮いただくことがあります。

■会場
原則として東京都内とその近郊。
詳細は各回の案内をご覧ください。

■参加費:10,000円
この他、合宿参加費実費が必要となります。
合宿参加費は宿泊先によって異なりますが、
1泊朝食・懇親会費込みで6,000円~8,000円程度を
予定しています。

※合宿に参加申し込み後に欠席となる場合は、キャンセル料
 等実費をお支払い頂きますので、予めご了承下さい。

■お申し込み・問い合わせ
氏名(ふりがな)、所属団体名、役職、e-mail、TEL、
現所属での勤続年数、NPO・NGOでの勤続年数計、参加動機
を以下の申込フォームから記入し、送信して下さい。
定員になり次第、締め切りとなります。

○申込フォーム
http://goo.gl/forms/trXXcPSTbN

お問合せ(参加申し込みは申込フォームをご利用ください):
e-mail ngonposomo@gmail.com


■日程・講師予定

第1回
日時:6月16日(木):19:00から
講師:竹村英明さん(市民電力連絡会
場所:日本NPOセンター会議室

第2回(合宿)
日時:7月15日(金)夜~16日(土)午後
場所:国立オリンピック記念青少年総合センター

第3回
日時:8月2日(火):19:00から
講師:原田謙介さん(NPO法人YouthCreate
場所:日本NPOセンター会議室

第4回
日時:9月13日(火):19:00から
講師:谷山博史さん(認定NPO法人日本国際ボランティアセンター
場所:日本NPOセンター会議室

第5回
日時:10月20日(木):19:00から
講師:石川えりさん(認定NPO法人難民支援協会
場所:日本NPOセンター会議室

第6回
日時:11月16日(水):19:00から
講師:保坂展人さん(世田谷区長
場所:日本NPOセンター会議室

第7回
日時:12月13日(火):19:00から
講師:今村 登さん(NPO法人自立生活センターSTEPえどがわ
場所:日本NPOセンター会議室

第8回(合宿、フィールドワーク)
日時:1月14日(土)~15日(日)
場所:川崎生涯研修センター
講師:鈴木 健さん(社会福祉法人青丘社ふれあい館


■主催
NPO・NGO草莽の集い2016実行委員会
e-mail ngonposomo@gmail.com
WEB http://blog.goo.ne.jp/ngonpo-somo

■「NPO・NGO草莽の集い」とは
2004年に始まった、NPOやNGOスタッフによる、スタッフのための
学びと行動の場です。

草莽(そうもう)という言葉は、民間、在野、という意味があり、
市民活動に取り組む私たちの立場、すなわち“草の根”、“グラスル
ーツ”の思いと同じ語意があります。

日本社会は成熟期を迎え、さまざまな社会的な変化・改革を推し進
めるべく活動に取り組むNPO・NGOの姿は、さしずめ幕末期の志士
のごとく見受けられる点も多いとの思いから、草莽の志士になぞら
えてこの「草莽」という言葉を会の名称に用い、活動を始めました。

東日本大震災を経験し、今、改めて非営利セクター内の団体同士が
互いの団体に学ぶ機会を持ち、連携を強化し、市民活動をますます
活発にして行くことが必要であると考えています。

2004年からこれまで、国際協力/環境/福祉/人権/中間支援/
市民メディアなど、活動分野の枠を超えて、のべ260人が参加して
います。

■2016年度実行委員会構成メンバー
秋山映美(監獄人権センター)
天野理 (東京労働安全衛生センター)
石井大輔(日本ボランティアコーディネーター協会)
鹿住貴之(JUON(樹恩) NETWORK)
城達也 (手織工房じょうた)
白幡利雄(AMDA社会開発機構)
土屋一歩(日本NPOセンター)
松浦亮輔(監獄人権センター)
宮西有紀(日本国際ボランティアセンター)
山口薫(アムネスティ・インターナショナル日本)
山口紗矢佳(NICE日本国際ワークキャンプセンター)
吉田建治(日本NPOセンター)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

NPO・NGO草莽の集い2015 参加者募集!

2015-05-18 09:54:37 | 広報
※今年度のお申し込み受け付けは終了しました。

■■■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
        つどえ! 草莽(そうもう)の志

          NPO・NGO草莽の集い2015

            参加者募集!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■■■

世の中には様々な社会課題があふれ、個人では立ちすくむほどの
現実があります。しかし、どうにかしなければなりません。

この現実を変えることこそ、NPO/NGO/市民活動の究極の使命です。

草莽の集いとは、この現実を見ながらも、今とこれからの社会に
対する“想い”を持った人が分野の垣根を超えて集い、互いを磨き、
お互いが育ちあう道場です。

中身は、各分野で活躍するゲストを招き、

「どんな想いで活動しているか」
「心の火を灯し続けるものは何か」
「社会を変えることに対する想い」

などを語っていただき、自分たちの想いと交換します。


あなたは今後どう生きますか?

あなたの理想は何ですか?

今の自分で満足ですか?

あなたの組織のミッションは生きていますか?


ゲストの話から大切なことを学び、これからの生きかたや、
活動のありかたを考えましょう。

今年11年目を迎えるNPO・NGO草莽の集い。
分野は違えども志を共有できる人と出会い、学び、語り合って、
次への一歩を踏み出しましょう。

もっと育ちたい! そう願うあなたの参加をお待ちしています。

*************************************************

「非営利組織は、成果をあげ、この世に変化をもたらすために
存在しているのだ」(P.F.ドラッカー)

*************************************************

■対象
NPO・NGOのスタッフ25人(先着順/定員になり次第〆切)
合宿(2回)を含め、可能な限り、全ての回に参加できる方。
原則、3年以上の勤務経験と学ぶ意欲のある方。

※参加者の交流を密にするため、欠席が多い場合は途中でも
 参加をご遠慮いただくことがあります。

■会場
原則として東京都内とその近郊。
詳細は各回の案内をご覧ください。

■参加費:10,000円
この他、合宿参加費実費が必要となります。
合宿参加費は宿泊先によって異なりますが、
1泊朝食・懇親会費込みで6,000円~8,000円程度を
予定しています。

※合宿に参加申し込み後に欠席となる場合は、キャンセル料
 等実費をお支払い頂きますので、予めご了承下さい。

■お申し込み・問い合わせ
氏名(ふりがな)、所属団体名、役職、e-mail、TEL、
現所属での勤続年数、NPO・NGOでの勤続年数、参加動機
を申込フォームに記入し、申込をして下さい。
定員になり次第、締切とします。

○申込フォーム
http://goo.gl/forms/qQ3bzwAuPo

お問合せ(参加申し込みは申込フォームをご利用ください):
e-mail ngonposomo@gmail.com


■日程・講師予定

第1回
日時:6月18日(木):19:00から
講師:鈴木菜央さん(greenz
場所:日本NPOセンター会議室

第2回(合宿)
日時:7月3日(金)午後7時~4日(土)午後3時
場所:国立オリンピック記念青少年総合センター

第3回
日時:8月5日(水):19:00から
講師:五十嵐弘志さん(マザーハウス
場所:日本NPOセンター会議室

第4回
日時:9月8日(火):19:00から
講師:栗林知絵子さん(豊島子どもWAKUWAKUネットワーク
場所:夜の児童館(椎名町)

第5回
日時:10月7日(水):19:00から
講師:横田能洋さん(茨城NPOセンター・コモンズ
場所:日本NPOセンター会議室

第6回
日時:11月12日(木):19:00から
講師:長有紀枝さん(難民を助ける会
場所:早稲田奉仕園You-Iホール

第7回
日時:12月2日(水)
講師:森山誉恵さん(3keys
場所:日本NPOセンター会議室

第8回(合宿)
日時:1月9日(土)~10日(日)
場所:未定

■主催
NPO・NGO草莽の集い2015実行委員会
e-mail ngonposomo@gmail.com

■「NPO・NGO草莽の集い」とは
2004年に始まった、NPOやNGOスタッフによる、スタッフのための
学びと行動の場です。

草莽(そうもう)という言葉は、民間、在野、という意味があり、
市民活動に取り組む私たちの立場、すなわち“草の根”、“グラスル
ーツ”の思いと同じ語意があります。

日本社会は成熟期を迎え、さまざまな社会的な変化・改革を推し進
めるべく活動に取り組むNPO・NGOの姿は、さしずめ幕末期の志士
のごとく見受けられる点も多いとの思いから、草莽の志士になぞら
えてこの「草莽」という言葉を会の名称に用い、活動を始めました。

東日本大震災を経験し、今、改めて非営利セクター内の団体同士が
互いの団体に学ぶ機会を持ち、連携を強化し、市民活動をますます
活発にして行くことが必要であると考えています。

2004年からこれまで、国際協力/環境/福祉/人権/中間支援/
市民メディアなど、活動分野の枠を超えて、のべ230人が参加して
います。


■2015年度実行委員会構成メンバー
秋山映美(監獄人権センター)
天野理 (東京労働安全衛生センター)
石井大輔(シャプラニール=市民による海外協力の会)
笠井俊一(シャンティ国際ボランティア会)
鹿住貴之(JUON(樹恩) NETWORK)
城達也 (手織工房じょうた)
白幡利雄(AMDA社会開発機構)
土屋一歩(日本NPOセンター)
深野善人(日本NPOセンター)
松浦亮輔(日本ボランティアコーディネーター協会)
山口紗矢佳(NICE(日本国際ワークキャンプセンター))
吉田建治(日本NPOセンター)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

NPO・NGO草莽の集い2014 参加者募集!

2014-05-23 14:59:07 | 広報

■■■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

          つどえ! 草莽(そうもう)の志

         NPO・NGO草莽の集い2014
                 
            

             参加者募集!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■■■

世の中には様々な社会課題があふれ、個人では立ちすくむほどの
現実があります。しかし、どうにかしなければなりません。

この現実を変えることこそ、NPO/NGO/市民活動の究極の使命です。

草莽の集いとは、この現実を見ながらも、今とこれからの社会に
対する“想い”を持った人が分野の垣根を超えて集い、互いを磨き、
お互いが育ちあう道場です。

中身は、各分野で活躍するゲストを招き、

「どんな想いで活動しているか」
「心の火を灯し続けるものは何か」
「社会を変えることに対する想い」

などを語っていただき、自分たちの想いと交換します。


あなたは今後どう生きますか?

あなたの理想は何ですか?

今の自分で満足ですか?

あなたの組織のミッションは生きていますか?


ゲストの話から大切なことを学び、これからの生きかたや、
活動のありかたを考えましょう。

NPO・NGO草莽の集いは今年で10周年を迎えます。そこで、
多様な市民セクターのこの10年の動きを、分野ごとに各回
で振り返ります。締めくくりとして、NPO・NGO草莽の集いを
始めたメンバーを招き、市民セクターのこの10年の変化と
これからの10年を展望する機会を持ちたいと考えています。

分野は違えども志を共有できる人と出会い、学び、語り合って、
次への一歩を踏み出しましょう。

もっと育ちたい! そう願うあなたの参加をお待ちしています。

*************************************************

「非営利組織は、成果をあげ、この世に変化をもたらすために
存在しているのだ」(P.F.ドラッカー)

*************************************************

■対象
NPO・NGOのスタッフ25人(先着順/定員になり次第〆切)
合宿(2回)、フィールドワーク(1回)を含め、可能な限り
全ての回に参加できる方。
原則、3年以上の勤務経験と学ぶ意欲のある方。

※参加者の交流を密にするため、欠席が多い場合は途中でも
  参加をご遠慮いただくことがあります。

■会場
原則として東京都内とその近郊。
詳細は各回の案内をご覧ください。

■参加費:10,000円
この他、合宿参加費実費が必要となります。昨年度の第1回
合宿参加費は7,500円(1泊朝食、懇親会費込み)でしたが、
宿泊先によって異なります。極力の参加者の負担を少なくす
るように配慮します。

※合宿に参加申し込み後に欠席となる場合は、キャンセル料
 等実費をお支払い頂きますので、予めご了承下さい。

■お申し込み・問い合わせ
氏名(ふりがな)、所属団体名、役職、e-mail、TEL、
現所属での勤続年数、NPO・NGOでの勤続年数、参加動機
を申込フォームに記入し、申込をして下さい。
お申し込みの締め切りは6月6日(金)です。

申込フォーム
http://ow.ly/whKgN

お問合せ(参加申し込みは申込フォームをご利用ください):
e-mail  ngonposomo@gmail.com

■日程・講師予定

第1回
日時:6月13日(金):19:00から
講師:長沢恵美子さん(1%クラブ・コーディネーター)
   (一般社団法人経団連事業サービス)
場所:日本NPOセンター会議室

第2回(合宿)
日時:7月11日(金)夜~12日(土)夕方
場所:都内を予定

第3回
日時:8月6日(水):19:00から
講師:杉浦裕樹さん(横浜コミュニティデザイン・ラボ
場所:日本NPOセンター会議室

第4回
日時:9月10日(水):19:00から
講師:佐藤真紀さん(日本イラク医療支援ネットワーク(JIM-NET)
場所:日本NPOセンター会議室

第5回
日時:10月7日(火):19:00から
講師:渡辺美奈さん(女たちの戦争と平和資料館(wam)
場所:アクティブ・ミュージアム「女たちの戦争と平和資料館」(wam)

第6回
日時:11月10日(月):19:00から
講師:熊仁美さん(ADDS
場所:日本NPOセンター会議室

第7回
日時:12月10日(水):19:00から
講師:澁澤寿一さん(共存の森ネットワークワーク
場所:日本NPOセンター会議室

第8回(合宿)
日時:1月10日(土)~11日(日)
講師:李仁鉄さん(にいがた災害ボランティアネットワーク
場所:長岡市、三条市周辺(新潟県)

第9回
日時:2月10日(火):19:00から
草莽の集い初期実行委員、ゲスト(調整中)
場所:日本NPOセンター会議室


■主催
NPO・NGO草莽の集い2014実行委員会
e-mail ngonposomo@gmail.com

■「NPO・NGO草莽の集い」とは
2004年に始まった、NPOやNGOスタッフによる、スタッフのための
学びと行動の場です。

草莽(そうもう)という言葉は、民間、在野、という意味があり、
市民活動に取り組む私たちの立場、すなわち“草の根”、“グラスル
ーツ”の思いと同じ語意があります。

日本社会は成熟期を迎え、さまざまな社会的な変化・改革を推し進
めるべく活動に取り組むNPO・NGOの姿は、さしずめ幕末期の志士
のごとく見受けられる点も多いとの思いから、草莽の志士になぞら
えてこの「草莽」という言葉を会の名称に用い、活動を始めました。

東日本大震災を経験し、今、改めて非営利セクター内の団体同士が
互いの団体に学ぶ機会を持ち、連携を強化し、市民活動をますます
活発にして行くことが必要であると考えています。

2004年からこれまで、国際協力/環境/福祉/人権/中間支援/
市民メディアなど、活動分野の枠を超えて、のべ206人が参加して
います。


■2014年度実行委員会構成メンバー
秋山映美(監獄人権センター)
天野理 (「死刑に異議あり!」キャンペーン)
石井大輔(シャプラニール=市民による海外協力の会)
笠井俊一(シャンティ国際ボランティア会)
鹿住貴之(JUON(樹恩) NETWORK)
柴山由佳里(全国社会福祉協議会)
清水和良(荒川区社会福祉協議会)
城達也 (手織工房じょうた)
白幡利雄(AMDA社会開発機構)
土屋一歩(日本NPOセンター)
松浦亮輔(日本ボランティアコーディネーター協会)
山口紗矢佳(NICE(日本国際ワークキャンプセンター))
吉田建治(日本NPOセンター)

(50音順)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

NPO・NGO草莽の集い2013 参加者募集!

2013-05-08 11:58:42 | 広報
■■■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

            つどえ! 草莽(そうもう)の志

            NPO・NGO草莽の集い2013
                 
                 参加者募集!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■■■

世の中には様々な社会課題があふれ、個人では立ちすくむほどの
現実があります。しかし、どうにかしなければなりません。

この現実を変えることこそ、NPO/NGO/市民活動の究極の使命です。

草莽の集いとは、この現実を見ながらも、今とこれからの社会に
対する“想い”を持った人が分野の垣根を超えて集い、互いを磨き、
お互いが育ちあう道場です。

中身は、各分野で活躍するゲストを招き、

「どんな想いで活動しているか」
「心の火を灯し続けるものは何か」
「社会を変えることに対する想い」

などを語っていただき、自分たちの想いと交換します。


あなたは今後どう生きますか?

あなたの理想は何ですか?

今の自分で満足ですか?

あなたの組織のミッションは生きていますか?


ゲストの話から大切なことを学び、これからの生きかたや、
活動のありかたを考えましょう。

分野は違えども志を共有できる人と出会い、学び、語り合って、
次への一歩を踏み出しましょう。

もっと育ちたい! そう願うあなたの参加をお待ちしています。

*************************************************

「非営利組織は、成果をあげ、この世に変化をもたらすために
存在しているのだ」(P.F.ドラッカー)

*************************************************

■対象
NPO・NGOのスタッフ25人(先着順/定員になり次第〆切)
合宿(2回)、フィールドワーク(1回)を含め、可能な限り
全ての回に参加できる方。
原則、3年以上の勤務経験と学ぶ意欲のある方。

※参加者の交流を密にするため、欠席が多い場合は途中でも
 参加をご遠慮いただくことがあります。

■会場
原則として東京都内とその近郊。
詳細は各回の案内をご覧ください。

■参加費:10,000円
この他、合宿参加費実費(宿泊先によって異なります)
が必要となります。

※合宿に参加申し込み後に欠席となる場合は、キャンセル料等実費を
 お支払い頂きますので、予めご了承下さい。

■お申し込み・問い合わせ
氏名(ふりがな)、団体名、役職、勤続年数、団体住所、
TEL、FAX、e-mail、自己PR、参加動機、期待すること
を申込フォームに記入し、申込をして下さい。
お申し込みの締め切りは6月7日(金)です。

申込フォーム
https://pro.form-mailer.jp/fms/af34e8ec42311

お問合せ(参加申し込みは申込フォームをご利用ください):
e-mail ngonposomo@gmail.com

■日程・講師予定

第1回
日時:6月20日(木):19:00から
講師:飯田哲也さん(環境エネルギー政策研究所(ISEP)
http://www.isep.or.jp/
場所:日本NPOセンター

第2回(合宿)
日時:7月19日(金)夜から20日(土)夕方まで
場所:BumB(ぶんぶ)東京スポーツ文化館(予定)

第3回
日時:8月22日(木)19:00から
講師:藤原志帆子さん(ポラリスプロジェクトジャパン
http://www.polarisproject.jp/
場所:未定

第4回
日時:9月24日(火)19:00から
講師:栗田暢之さん(レスキューストックヤード
   http://www.rsy-nagoya.com/
場所:日本NPOセンター

第5回(フィールドワーク)
日時:10月26日(土)
講師:園田安男さん(花咲き村
    http://www.hanasakimura.or.jp/
場所:東京都日の出町/希望者は宿泊可(食費・宿泊費が別途必要)

第6回
日時:11月21日(木)19:00から
講師:高橋亜美さん(児童養護施設等退所者のアフターケア支援事業「ゆずりは」
    http://yuzurihasunaro.blogspot.jp/
場所:早稲田奉仕園

第7回
日時:12月19日(木)19:00から
講師:岩附由香さん(ACE
    http://acejapan.org/
場所:早稲田奉仕園

第8回(合宿)
日時:1月12日(日)~13日(月・祝)または18日(土)~19日(日)
場所:いわき市「古滝屋」(予定)

■主催
NPO・NGO草莽の集い2013実行委員会
e-mail ngonposomo@gmail.com

■「NPO・NGO草莽の集い」とは
2004年に始まった、NPOやNGOスタッフによる、スタッフのための
 学びと行動の場です。

草莽(そうもう)という言葉は、民間、在野、という意味があり、
市民活動に取り組む私たちの立場、すなわち“草の根”、“グラスル
ーツ”の思いと同じ語意があります。

日本社会は成熟期を迎え、さまざまな社会的な変化・改革を推し進
めるべく活動に取り組むNPO・NGOの姿は、さしずめ幕末期の志士
のごとく見受けられる点も多いとの思いから、草莽の志士になぞら
えてこの「草莽」という言葉を会の名称に用い、活動を始めました。

東日本大震災を経験し、今、改めて非営利セクター内の団体同士が
互いの団体に学ぶ機会を持ち、連携を強化し、市民活動をますます
活発にして行くことが必要であると考えています。

2004年からこれまで、国際協力/環境/福祉/人権/中間支援/
市民メディアなど、活動分野の枠を超えて、のべ180人が参加して
います。


■2013年度実行委員会構成メンバー
秋山映美(監獄人権センター)
天野 理 (「死刑に異議あり!」キャンペーン)
石井大輔(シャプラニール=市民による海外協力の会)
笠井俊一(シャンティ国際ボランティア会)
鹿住貴之(JUON(樹恩) NETWORK)
清水和良
城 達也 (手織工房じょうた)
白幡利雄(シャプラニール=市民による海外協力の会)
武田真由美(ワールドオーシャンズデイ)
土屋一歩(日本NPOセンター)
松浦亮輔(監獄人権センター)
山口紗矢佳(NICE(日本国際ワークキャンプセンター))
吉田建治(日本NPOセンター)
  (50音順)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

NPO・NGO草莽の集い2012 参加者募集!

2012-05-17 17:07:42 | 広報
※お申し込みの受付は締め切りました。

■■■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

つどえ! 草莽(そうもう)の志

NPO・NGO草莽の集い2012 参加者募集!

■■■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

世の中には様々な社会課題があふれ、個人では立ちすくむほどの
現実があります。しかし、どうにかしなければなりません。

この現実を変えることこそ、NPO/NGO/市民活動の究極の使命
です。

草莽の集いとは、この現実を見ながらも、今とこれからの社会に
対する“想い”を持った人が分野の垣根を超えて集い、互いを磨き、
お互いが育ちあう道場です。

中身は、各分野で活躍するゲストを招き、

「どんな想いで活動しているか」

「心の火を灯し続けるものは何か」

「社会を変えることに対する想い」

などを語っていただき、自分たちの想いと交換します。

あなたは今後どう生きますか?

あなたの理想は何ですか?

今の自分で満足ですか?

あなたの組織のミッションは生きていますか?

ゲストの話から大切なことを学び、これからの生きかたや、
活動のありかたを考えましょう。

分野は違えども志を共有できる人と出会い、学び、語り合って、
次への一歩を踏み出しましょう。

もっと育ちたい! そう願うあなたの参加をお待ちしています。

*************************************************

「非営利組織は、成果をあげ、この世に変化をもたらすために
存在しているのだ」(P.F.ドラッカー)

*************************************************

■対象
NPO・NGOのスタッフ25人(先着順/定員になり次第〆切)
合宿(2回)、フィールドワーク(2回)を含め、可能な限り
全ての回に参加できる方。
原則、3年以上の勤務経験と学ぶ意欲のある方。
参加者の交流を密にするため、欠席が多い場合は途中でも
参加をご遠慮いただくことがあります。

■会場
原則として東京都内とその近郊。
詳細は各回の案内をご覧ください。

■参加費
13,000円(懇親会費一回分を含みます)
この他、合宿参加費実費(宿泊先によって異なります)
が必要となります。

■お申し込み・問い合わせ
氏名(ふりがな)、団体名、役職、勤続年数、団体住所、
TEL、FAX、e-mail、自己PR、参加動機、期待すること
を記入の上、e-mail で下記までお送りください。
お申し込みの締め切りは6月15日(金)です。
e-mail ngonposomo@gmail.com

■日程・講師予定
第1回
日時:6月27日(水)19:00から
講師:門田瑠衣子さん(エイズ孤児支援NGO・PLAS
場所:スリランカ料理&BEER Palette

第2回(フィールドワーク)
日時:7月28日(土)16:00から
講師:後藤浩二さん(スープの会
場所:風まち喫茶(新宿区鶴巻町)/新宿駅周辺

第3回
日時:8月21日(火)19:00から
講師:田村太郎さん(ダイバーシティ研究所
場所:早稲田奉仕園

第4回(合宿)
日時:9月21日(金)19:30から22日(土)夕方まで
場所:国立オリンピック記念青少年総合センター

第5回
日時:10月17日(水)19:00から
講師:白石草さん(OurPlanet-TV
場所:日本NPOセンター会議室

第6回(フィールドワーク)
日時:11月10日(土)全日
講師:金子美登さん(霜里農場)
高橋優子さん(生活工房「つばさ・游」
場所:埼玉県小川町

第7回
日時:12月12日(水)19:00から
講師:鎌仲ひとみさん(映画監督
場所:大木戸 多満川(新宿区四谷)

第8回(合宿)
日時:2013年1月26日(土)から27日(日)
場所:未定

■主催
NPO・NGO草莽の集い2012実行委員会
e-mail ngonposomo@gmail.com

■「NPO・NGO草莽の集い」とは
2004年に始まった、NPOやNGOスタッフによる、
スタッフのための学びと行動の場です。

草莽(そうもう)という言葉は、民間、在野、という意味があり、
市民活動に取り組む私たちの立場、すなわち“草の根”、“グラスル
ーツ”の思いと同じ語意があります。

日本社会は成熟期を迎え、さまざまな社会的な変化・改革を推し進
めるべく活動に取り組むNPO・NGOの姿は、さしずめ幕末期の志士
のごとく見受けられる点も多いとの思いから、草莽の志士になぞら
えてこの「草莽」という言葉を会の名称に用い、活動を始めました。

東日本大震災を経験し、今、改めて非営利セクター内の団体同士が
互いの団体に学ぶ機会を持ち、連携を強化し、市民活動をますます
活発にして行くことが必要であると考えています。

2004年からこれまで、国際協力/環境/福祉/人権/中間支援/
市民メディアなど、活動分野の枠を超えて、のべ150人が参加して
います。

■2012年度実行委員会構成メンバー
秋山映美(監獄人権センター)
天野 理 (「死刑に異議あり!」キャンペーン)
安齋由紀(自由人権協会)
石井大輔(シャプラニール=市民による海外協力の会)
今尾宏子
鹿住貴之(JUON(樹恩) NETWORK)
清水和良(東京都社会福祉協議会)
城 達也 (手織工房じょうた)
白幡利雄(シャプラニール=市民による海外協力の会)
鈴木温子
松浦亮輔(監獄人権センター)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

NPO・NGO草莽の集い2010 参加者募集

2010-04-12 14:21:18 | 広報
-----------------------------------------------------------
世の中には様々な社会課題があふれ、個人では立ちすくむほどの現実
があります。しかし、どうにかしなければなりません。
この現実を変えることこそ、NPO/NGO/市民活動の究極の使命です。
草莽の集いとは、この現実を見ながらも、今とこれからの社会に対する
“想い”を持った人が分野の垣根を超えて集い、互いを磨き、お互いが
育ちあう道場です。
中身は、各分野で活躍するゲストを招き、

   「どんな想いで活動しているか」
   「心の火を灯し続けるものは何か」
   「社会を変えることに対する想い」など

を語っていただき、自分たちの想いと交換します。

    あなたは今後どう生きますか? 
    あなたの理想は何ですか? 
    今の自分で満足ですか?
    あなたの組織のミッションは生きていますか?

ゲストの話から大切なことを学び、これからの生きかたや、
活動のありかたを考えましょう。
分野は違えども志を共有できる人と出会い、学び、語り合って、
次への一歩を踏み出しましょう。
もっと育ちたい! そう願うあなたの参加をお待ちしています。

-----------------------------------------------------------

■対象
 NPO・NGOのスタッフ20人(先着順/定員になり次第〆切)
 2回の合宿を含め、可能な限り全ての回に参加できる方。
 原則、3年以上の勤務経験と学ぶ意欲のある方。
 参加者の交流を密にするため、欠席が多い場合は途中でも
 参加をご遠慮いただくことがあります。

■会場
 原則として東京都内とその近郊。詳細は各回の案内をご覧ください。

■参加費
 10,000円
 この他、合宿参加費として一人1泊8,000円程度
 (参加人数によって前後します)が必要となります。

■お申し込み・問い合わせ
 以下のフォームよりお申し込みください。
 http://bit.ly/bhGvUi

■日程・講師予定(敬称略)

第1回
 日時:6月23日(水)19:00~21:30
 講師:村田早耶香さん(かものはしプロジェクト 共同代表)
    http://www.kamonohashi-project.net/

第2回(合宿)
 日時:7月9日(金)19:30~10日(土)午後
 会場:高尾の森わくわくビレッジ(東京都八王子市)

第3回
 日時:8月7日(土)14:00~17:00(山谷まち歩き含む)
 講師:山本雅基さん(きぼうのいえ 施設長)
    http://www.kibounoie.info/

第4回
 日時:9月15日(水)19:00~21:00
 講師:鳥井一平さん
    (移住労働者と連帯する全国ネットワーク 事務局長)
    http://www.jca.apc.org/migrant-net/

第5回(参加者同士の議論)
 日時:10月20日(水)19:00~21:00

第6回
 日時:11月17日(水)19:00~21:00
 講師:田中優さん(未来バンク事業組合 理事長)

第7回
 日時:12月8日(水)19:00~21:00
 講師:石田周一さん(社会福祉法人グリーン 施設長・な~に谷戸ん田の会 会長)
    http://home.catv.ne.jp/dd/green/
    http://www.yattonda.com/

第8回(合宿)
 日時:2011年1月中旬の週末
 場所:未定
 ※詳細は参加者確定後、全検討します。

■主催
 NPO・NGO草莽の集い2010実行委員会
 http://blog.goo.ne.jp/ngonpo-somo/

■なぜ「草莽」なのか~「NPO・NGO草莽の集い」とは
 草莽(そうもう)という言葉は、民間、在野、という意味があり、市民
活動に取り組む我々の立場、すなわち“草の根”“グラスルーツ”の
思いと同じ語意があります。

 また、世の中は成熟期に入り、さまざまな社会的な変化・改革を
推し進めるべく活動に取り組むNPO・NGOの姿は、さしずめ幕末期
の志士のごとく見受けられる点も多いとの思いから、草莽の志士を
なぞらえてこの「草莽」と言う言葉を使った会の名称とし、
2004年に活動を始めました。

 近年、日本社会においてNPOやNGOの活躍が注目を集め、期待
される役割も着実に大きくなっています。しかし、現状は他のセクター
と比べ、非営利セクター全体の力は脆弱であり、さまざまな取り組み
は個々の団体が独自におこなうといった状態であることは否めません。

 近未来、日本に市民社会を構築し、定着させるためには、非営利
セクターとしての力量形成自体が問われているといって過言ではない
と思います。そこで、今、改めて非営利セクター内の団体同士が、互
いの団体に学ぶ機会を持ち、連携を強化し、市民活動を益々活発に
して行くことが必要であると考えました。

 本企画では、国際的な舞台で活動するNGOと国内の地域で活動
するNPOとが学びあい、連携する機会を創ることを目的にNPO/NGO
の有志により企画したものです。

■2010年度実行委員会構成メンバー
 秋山映美 (監獄人権センター)   
 天野 理 (アムネスティ・インターナショナル日本)
 石井大輔 (シャプラニール=市民による海外協力の会)
 今尾宏子
 鹿住貴之 (JUON(樹恩) NETWORK)
 清水和良 (東京都社会福祉協議会)
 城 達也 (手織工房じょうた)
 白幡利雄 (シャプラニール=市民による海外協力の会)
 松浦亮輔 (監獄人権センター)
 吉田建治 (日本NPOセンター)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

NPO・NGO草莽の集い2009 参加者募集!

2009-05-18 15:51:23 | 広報
 世の中には様々な社会課題があふれ、個人では立ちすくむほどの現実
 があります。しかし、どうにかしなければなりません。
 この現実を変えることこそ、NPO/NGO/市民活動の究極の使命です。
 草莽の集いとは、この現実を見ながらも、今とこれからの社会に対する
 “想い”を持った人が分野の垣根を超えて集い、互いを磨き、お互いが
 育ちあう道場です。
 中身は、各分野で活躍するゲストを招き、

    「どんな想いで活動しているか」
    「心の火を灯し続けるものは何か」
    「社会を変えることに対する想い」など

 を語っていただき、自分たちの想いと交換します。

     あなたは今後どう生きますか? 
     あなたの理想は何ですか? 
     今の自分で満足ですか?
     あなたの組織のミッションは生きていますか?

 ゲストの話から大切なことを学び、これからの生きかたや、活動の
 ありかたを考えましょう。
 分野は違えども志を共有できる人と出会い、学び、語り合って、
 次への一歩を踏み出しましょう。
 もっと育ちたい! そう願うあなたの参加をお待ちしています。

***********************************************************
  「非営利組織は、成果をあげ、この世に変化をもたらすために
  存在しているのだ」               (P.F.ドラッカー)
***********************************************************

◆実施期間
  2009年6月~2010年1月 (毎月1回開催、
                  6月と1月には各1泊2日の合宿)

◆日程・講師予定(敬称略)
※時間帯は各回とも午後7時~9時(第2回、8回は除く)です。
 第1回 6月10日(水) 講師 : 黒田 かをり
       CSOネットワーク共同事業代表

 第2回 7月3日(金)~4日(土) 第1回合宿
       場所:高尾の森わくわくビレッジ
       時間: 3日(金)は午後7時半集合、
           4日(土)は午後5時半に解散(予定)
 
 第3回  8月12日(水) 講師 : 飯島 博
       アサザ基金代表理事
        
 第4回  9月9日(水) 講師 : 播磨 靖夫
       たんぽぽの家理事長
 
 第5回  10月21日(水) 講師 : 木村 茂
       Link~森と水と人をつなぐ会~会長

 第6回 11月20日(金) 講師 : 上村 英明
       市民外交センター代表

 第7回 12月9日(水) 講師 : 高橋 卓志
       神宮寺住職
 
 第8回 2010年1月16日(土)~17日(日) 第2回合宿
  ※詳細は参加者確定後、全員で検討します。

◆対象
  NPO・NGOのスタッフ20人(先着順)。
  2回の合宿を含め、可能な限り全ての回に参加できる方。
  原則、3年以上の勤務経験と学ぶ意欲のある方。
  参加者の交流を密にするため、欠席が多い場合は途中でも
  参加をご遠慮いただくことがあります。

◆会場
 原則として都内とその近郊。詳細は参加者全員にその都度連絡します。
  ※第1回(6月10日)の会場:キャンパス・イノベーションセンター東京

◆参加費
  10,000円(合宿費は別途必要)
  この他、合宿参加費として一人1泊5,000円程度
  (参加人数によって前後します/食費は別)が必要となります。

◆主催
  NPO・NGO草莽の集い2009実行委員会

◆お申し込み・問い合わせ(※募集は締め切りました)
  氏名(ふりがな)、団体名、役職、勤続年数、団体住所、
  TEL、FAX、e-mail、自己PR、参加動機、期待すること
  を記入の上、原則 e-mail で下記までお送りください。
   白幡利雄(シャプラニール) 
   E-mail shirahata@shaplaneer.org
     〒169-8611 
      東京都新宿区西早稲田2-3-1 早稲田奉仕園内
      TEL 03-3202-7863  FAX 03-3202-4593
  
  草莽の集いブログ:http://blog.goo.ne.jp/ngonpo-somo/


◆「NPO・NGO草莽の集い」とは
   草莽(そうもう)という言葉は、民間、在野、という意味があり、市民
  活動に取り組む我々の立場、すなわち“草の根”“グラスルーツ”の
  思いと同じ語意があります。
   また、世の中は成熟期に入り、さまざまな社会的な変化・改革を
  推し進めるべく活動に取り組むNPO・NGOの姿は、さしずめ幕末期
  の志士のごとく見受けられる点も多いとの思いから、草莽の志士を
  なぞらえてこの「草莽」と言う言葉を使った会の名称にしました。
   近年、日本社会においてNPOやNGOの活躍が注目を集め、期待
  される役割も着実に大きくなっています。しかし、現状は他のセクター
  と比べ、非営利セクター全体の力は脆弱であり、さまざまな取り組み
  は個々の団体が独自におこなうといった状態であることは否めません。
   近未来、日本に市民社会を構築し、定着させるためには、非営利
  セクターとしての力量形成自体が問われているといって過言ではない
  と思います。そこで、今、改めて非営利セクター内の団体同士が、互
  いの団体に学ぶ機会を持ち、連携を強化し、市民活動を益々活発に
  して行くことが必要であると考えました。
   本企画では、国際的な舞台で活動するNGOと国内の地域で活動
  するNPOとが学びあい、連携する機会を創ることを目的にNPO/NGO
  の有志により企画したものです。

◆2009年度実行委員会構成メンバー
  秋山映美 (監獄人権センター)   
  天野 理 (アムネスティ・インターナショナル日本
  石井大輔 (シャプラニール=市民による海外協力の会
  鹿住貴之 (JUON(樹恩) NETWORK
  清水和良 (東京都共同募金会
  城 達也 (手織工房じょうた
  白幡利雄 (シャプラニール=市民による海外協力の会) 
  松浦亮輔 (監獄人権センター
  吉川 剛 (チャイルド・ファンド・ジャパン
  吉田建治 (日本NPOセンター
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

NPO・NGO草莽の集い2008 参加者募集!

2008-05-16 07:36:17 | 広報
 世の中には様々な社会課題があふれ、個人では立ちすくむほどの現実
 があります。しかし、どうにかしなければなりません。
 この現実を変えることこそ、NPO/NGO/市民活動の究極の使命です。
 草莽の集いとは、この現実を見ながらも、今とこれからの社会に対する
 “想い”を持った人が分野の垣根を超えて集い、互いを磨き、お互いが
 育ちあう道場です。
 中身は、各分野で活躍するゲストを招き、

    「どんな想いで活動しているか」
    「心の火を灯し続けるものは何か」
    「社会を変えることに対する想い」など

 を語っていただき、自分たちの想いと交換します。

     あなたは今後どう生きますか? 
     あなたの理想は何ですか? 
     今の自分で満足ですか?
     あなたの組織のミッションは生きていますか?

 ゲストの話から大切なことを学び、これからの生きかたや、活動の
 ありかたを考えましょう。
 分野は違えども志を共有できる人と出会い、学び、語り合って、
 次への一歩を踏み出しましょう。
 もっと育ちたい! そう願うあなたの参加をお待ちしています。

***********************************************************
  「非営利組織は、成果をあげ、この世に変化をもたらすために
  存在しているのだ」               (P.F.ドラッカー)
***********************************************************

◆実施期間
  2008年6月~2009年2月 (毎月1回の開催、
                  6月と1月は1泊2日の合宿あり)

◆日程・講師予定(敬称略)
 2008年度
 第1回 6月12日(木) 講師 : 湯浅 誠
               (NPO法人自立生活センター・もやい事務局長、
                反貧困ネットワーク事務局長)

 第2回 6月27日(金)~28日(土) 合宿
       場所:BunB東京スポーツ文化館
           http://www.ys-tokyobay.co.jp/
       時間: 27日(金)は午後7時半集合、
           28日(土)は午後5時半に解散
       参加費:一人1泊5,000円程度
          (参加人数によって前後します/食費は別)
 
 第3回  7月28日(月) 講師 : 開澤 真一郎
           NPO法人 NICE(日本国際ワークキャンプセンター)代表
 
 第4回  8月29日(金) 合宿の振り返り/参加者企画の調整
 
 第5回  9月30日(火) 講師 : 辛 淑玉
                   人材育成コンサルタント
 
 第6回 10月27日(月) 講師 : 嵯峨 生馬
           NPO法人アースデイマネー・アソシエーション代表理事

 第7回 11月12日(水) 講師 : 中西 正司
                   全国自立生活センター協議会代表
 
 第8回 12月15日(月) 講師 : 星川 淳
                   グリンピース・ジャパン事務局長

 第9回  2009年1月17日(土)~18日(日) 合宿-2 (場所などは調整中)

 第10回 1月26日(月) 講師 : 宮城 治男
                   ETIC.代表理事

 ※時間帯は、各回とも午後7時~9時(第2回、9回は除く)です。

◆対象
  NPO・NGOのスタッフ20人(先着順)。
  2回の合宿を含め可能な限り全ての回に参加できる方。
  原則、3年以上の勤務経験と学ぶ意欲のある方。
  参加者の交流を密にするため、欠席が多い場合は途中でも
  参加をご遠慮いただくことがあります。

◆会場 (原則として都内とその近郊。詳細は、後日お知らせします)
  第1回(6月12日)の会場:日本NPOセンター 会議室
                  http://www.jnpoc.ne.jp/

◆参加費
  10,000円(合宿費は別途必要)

◆主催
  NPO・NGO草莽の集い2008実行委員会

◆お申し込み・問い合わせ ※2008年度の募集は終了しました
  お申し込みは氏名(ふりがな)、団体名、役職、勤続年数、
  団体住所、TEL、FAX、e-mail、自己PR、参加動機、期待すること
  を記入の上、原則 e-mail で下記までお送りください。
   吉田建治(日本NPOセンター) 
   E-mail kyoshida@jnpoc.ne.jp
     〒100-0004 
      東京都千代田区大手町2-2-1 新大手町ビル245号
       FAX 03-3510-0856
  
  草莽の集いブログ:http://blog.goo.ne.jp/ngonpo-somo/


◆「NPO・NGO草莽の集い」とは
   草莽(そうもう)という言葉は、民間、在野、という意味があり、市民
  活動に取り組む我々の立場、すなわち“草の根”“グラスルーツ”の
  思いと同じ語意があります。
   また、世の中は成熟期に入り、さまざまな社会的な変化・改革を
  推し進めるべく活動に取り組むNPO・NGOの姿は、さしずめ幕末期
  の志士のごとく見受けられる点も多いとの思いから、草莽の志士を
  なぞらえてこの「草莽」と言う言葉を使った会の名称にしました。
   近年、日本社会においてNPOやNGOの活躍が注目を集め、期待
  される役割も着実に大きくなっています。しかし、現状は他のセクター
  と比べ、非営利セクター全体の力は脆弱であり、さまざまな取り組み
  は個々の団体が独自におこなうといった状態であることは否めません。
   近未来、日本に市民社会を構築し、定着させるためには、非営利
  セクターとしての力量形成自体が問われているといって過言ではない
  と思います。そこで、今、改めて非営利セクター内の団体同士が、互
  いの団体に学ぶ機会を持ち、連携を強化し、市民活動を益々活発に
  して行くことが必要であると考えました。
   本企画では、国際的な舞台で活動するNGOと国内の地域で活動
  するNPOとが学びあい、連携する機会を創ることを目的にNPO/NGO
  の有志により企画したものです。

   ~草莽崛起(そうもうくっき)と吉田松陰~ 
    草莽は、在野を意味し、崛起は、立ち上がることを表します。幕末
   の社会システムは硬直化し、もはや幕府や大名は、国難に対する
   有効な手立てを打てずにいました。将来を見据え、当時の状況を
   変える必要性を痛切に感じた吉田松陰は、改革は、身分や保身に
   捕われる者や、大局を見ない者たちが担うのではない。社会を変える
   のは“在野”の志ある者たちだと考え、草莽崛起せよ、と願ったのです。


◆2008年度実行委員会構成メンバー
  秋山映美 (監獄人権センター)   
  鹿住貴之 (JUON(樹恩) NETWORK
  川嶋朋美 (横浜市市民活動支援センター
  清水和良 (東京都共同募金会
  城 達也 (手織工房じょうた)    
  白幡利雄 (シャプラニール=市民による海外協力の会) 
  新田英理子 (日本NPOセンター)   
  吉川 剛 (チャイルド・ファンド・ジャパン
  吉田建治 (日本NPOセンター)    
  三田善雄 (武蔵野市国際交流協会
  南山達郎 (Restaurant&Bar Palette

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

NPO/NGO 草莽の集い2007 参加者募集!!

2007-05-26 01:53:48 | 広報
世の中には様々な社会課題があふれ、個人では立ちすくむほどの現実があります。しかし、どうにかしなければなりません。この現実を変えることこそ、NPO/NGO/市民活動の究極の使命です。
草莽の集いとは、この現実を見ながらも、今とこれからの社会に対する“想い”を持った人が分野の垣根を超えて集い、互いを磨き、お互いが育ちあう道場です。
中身は、各界で活躍するゲストを招き、「どんな想いで活動しているか」「心の火をともし続けるものは何か」「社会を変えることに対する想い」などを語っていただき、自分たちの想いと交換します。

あなたは今後どう生きますか?
あなたの理想は何ですか? 
今の自分で満足ですか?
あなたの組織のミッションは生きていますか?

ゲストの話から大切なことを学び、これからの生きかたや、活動のありかたを考えましょう。分野は違えども志を共有できる人と出会い、学び、語り合って、次への一歩を踏み出しましょう。もっと育ちたい! そう願うあなたの参加をお待ちしています。

------------------------------------------------------------
非営利組織は、成果をあげ、この世に変化をもたらすために存在しているのだ
(P.F.ドラッカー)
------------------------------------------------------------

◆実施期間
 2007年5月~2008年2月 (毎月1回、6月は1泊2日の合宿)

◆日程・講師予定(敬称略)
 2007年 
 第1回 5月29日(火)講師:萩原なつ子
              (日本NPOセンター常務理事)

 第2回 6月29日(金)~30日(土) 合宿
      場所: 高尾の森わくわくビレッジ
          http://www.wakuwaku-village.com/
      時間: 29日(金)は午後7時半集合、
          30日(土)は午後5時半に解散
      参加費:一人1泊5,000円程度
           (参加人数によって前後します/食費は別)

 第3回 7月18日(水)講師:星野昌子
              (2008年G8サミットNGOフォーラム代表
               日本国際ボランティアセンター(JVC)理事(創設者)
               日本NPOセンター初代代表理事)

 第4回 8月 8日(水)講師:近藤恒夫(日本ダルク代表)

 第5回 9月12日(水)講師:下澤 嶽(国際協力NGOセンターJANIC 事務局長)

 第6回 10月13日(土) 草莽から生まれたイベント(285トーク)

 第7回 11月14日(水)「参加者チーム企画」基本的人権勉強会

 第8回 12月19日(水)「参加者チーム企画」松崎運之助(元夜間中学教諭)

 第9回 1月 9日(水)「参加者チーム企画」福島みずほ(参議院議員)

 第10回 2月13日(水)まとめの会 

 ※時間帯は各回とも午後7時~9時(第2回、6回は除く)です。
 ※「参加者チーム企画」とは…参加者同士の関心で2チームを編成し、
  各チームが第7回以降の企画と講師を選べる企画です。普段はなか
  なか聴けない、あなたが出会いたい人を招くことができます。

◆対象
 NPO・NGOのスタッフ25人(先着順)。
 合宿を含め可能な限り、全回参加のできる方。
 原則、3年以上の勤務経験と学ぶ意欲のある方。
 参加者の交流を密にするため、欠席が多い場合は、途中でも参加を遠慮
 いただくことがあります。

◆会場(原則として都内とその近郊。詳細は、後日お知らせします)
 第1回(5月29日)の会場:日本NPOセンター 会議室
               (http://www.jnpoc.ne.jp/)
◆参加費
 10,000円(合宿費は別途必要)

◆主催
 NPO・NGO草莽の集い2007実行委員会

◆お申し込み・問い合わせ
 お申し込みは氏名(ふりがな)、団体名、役職、勤続年数、団体住所、TEL、FAX、E-mail、自己PR、参加動機、期待することを記入の上FAXかE-mailで下記までお送りください。
 吉田建治(日本NPOセンター)
  〒100-0004 東京都千代田区大手町2-2-1 新大手町ビル245号
  TEL 03-3510-0855  FAX 03-3510-0856
  E-mail kyoshida@jnpoc.ne.jp

草莽の集いブログ:http://blog.goo.ne.jp/ngonpo-somo/

◆「NPO・NGO草莽の集い」とは
 草莽(そうもう)という言葉は、ご存知の通り、民間、在野、という意味があり、市民活動に取り組む我々の立場、すなわち“草の根”“グラスルーツ”の思いと同じ語意があります。また、世の中は成熟期に入り、さまざまな社会的な変化・改革を推し進めるべく活動に取り組むNPO・NGOの姿は、さしずめ幕末期の志士のごとく見受けられる点も多いとの思いから、草莽の志士をなぞらえてこの「草莽」と言う言葉を使った会の名称にしました。
 近年、日本社会においてNPOやNGOの活躍が注目を集め、期待される役割も着実に大きくなっています。しかし、現状は他のセクターと比べ、非営利セクター全体の力は脆弱であり、さまざまな取り組みは個々の団体が独自におこなうといった状態であることは否めません。
 近未来、日本に市民社会を構築し、定着させるためには、非営利セクターとしての力量形成自体が問われているといって過言ではないと思います。そこで、今、改めて非営利セクター内の団体同士が、互いの団体に学ぶ機会を持ち、連携を強化し、市民活動を益々活発にして行くことが必要であると考えました。
 本企画では、国際的な舞台で活動するNGOと国内の地域で活動するNPOとが学びあい、連携する機会を創ることを目的にNPO/NGOの有志により企画したものです。

 ~草莽崛起(そうもうくっき)と吉田松陰~ 
 草莽は、在野を意味し、崛起は、立ち上がることを表します。幕末の社会システムは硬直化し、もはや幕府や大名は、国難に対する有効な手立てを打てずにいました。将来を見据え、当時の状況を変える必要性を痛切に感じた吉田松陰は、改革は、身分や保身に捕われる者や、大局を見ない者たちが担うのではない。社会を変えるのは“在野”の志ある者たちだと考え、草莽崛起せよ、と願ったのです。

◆2007年度実行委員会構成メンバー
 秋山映美(監獄人権センター(CPR)
 鹿住貴之 (JUON(樹恩)NETWORK
 清水和良 (東京都共同募金会
 城 達也 (手織適塾さをり 東京)
 白幡利雄(シャプラニール=市民による海外協力の会) 
 新田英理子(日本NPOセンター
 吉川 剛(チャイルド・ファンド・ジャパン
 吉田建治 (日本NPOセンター
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「NPO・NGO草莽の集い2006」参加者募集

2006-05-22 14:40:45 | 広報

つどえ! 草莽の志
NPO・NGO草莽の集い2006 参加者募集!

近年、日本ではNPOやNGOの活躍が注目を集め、期待される役割も着実に大きくなってきています。しかし、非営利セクター全体の力は他のそれと比べ脆弱で、個々の団体が独自にブレークスルーを追求しているのが実態です。日本に「市民社会」を築き、定着させるためには、日頃、日常業務に没頭して他分野とのつながりをなかなか持つ機会のない中堅スタッフが、NPO・NGO間の連携や団体の垣根を越えたネットワークを構築し、アイディアを戦わせながら、具体的かつ戦略的なビジョンを描いていくことが必要でしょう。
これまでの草莽の集いでは、様々なNPO、NGOの第一線で活躍する方々に講師を依頼し、非営利セクター草創期から現在に至るまでの経緯や思いを聞くことを中心に勉強を重ねてきました。そこで第3回目となる2006年度の草莽の集いでは、参加者が学んだことをすぐに実践的な取り組みへとつなげられるよう、参加者間でのワークにも十分な時間をとることにしました。具体的には1年間を3期に分け、それぞれに「つながる」、「巻き込む」、「変える」というテーマを設定してみました。つまり、講師を呼んでの勉強会を2回、参加者によるワークショップを1回の3回で一組とすることで、各テーマでの学びを実践へと結びつけられるようにしたわけです。
ともにつながり、周囲の人々を巻き込み、そして社会を変えていこうではありませんか!

◆実施期間:2006年5月~2007年1月 (毎月1回、7月は1泊2日の合宿)

◆時間:19:00~20:40
     ※土曜日(10, 1月)は14:00~18:00

◆講師予定(敬称略)※講師の都合により日程は変更される可能性があります。

2006年
5月31日(水):「つながる①」NPOとNGOの連携~NGOの視点から
講師:坂口和隆 シャプラニール=市民による海外協力の会 事務局長

6月20日(火):「つながる②」NPOとNGOの連携~NPOの視点から
講師:田尻佳史 日本NPOセンター 事務局長

7月14日(金)~15日(土):「つながる③-合宿」
場所:高尾の森わくわくビレッジ
時間:14日(金)は午後7時集合、15日(土)は午後5時半に解散
参加費:一人1泊5,000円程度(参加人数によって前後します/食費は別)

8月9日(水):「巻き込む①」若い世代を巻き込むには~グローバルアジェンダに取り組むユース団体のネットワークから学ぶ
講師:森本真輔/安井功 YDP Japan Network 事務局

9月13日(水)「巻き込む②」市民だからできる広報とは何か
講師:吉田理映子 市民活動情報センター・ハンズオン!埼玉 副代表理事

10月14日(土)「巻き込む③-ワークショップ」
参加者自身によるワーク

11月1日(水)「変える①」小さな変化から大きな変化へ
講師:藤田和芳 大地を守る会 会長

12月12日(火)「変える②」社会を変える市民事業
講師:石川治江 ケア・センターやわらぎ 代表理事

2007年 1月13日(土)「変える③-ワークショップ」
参加者自身によるワーク

◆対象 NPO・NGOのスタッフ25人(先着順)。途中参加も可能ですが、合宿を含め可能な限り、全回参加のできる方を優先します。参加者間の交流を密にするため、欠席が多い場合は、途中でも参加を遠慮いただくことがあります。

◆会場(変更になる可能性もあります)
5月31日 シャプラニール=市民による海外協力の会 会議室
6月20日 日本NPOセンター 会議室
8月9日 日本NPOセンター会議室
以降、原則として都内とその近郊/講師や実行委員の事務所を中心とし、後日決定

◆参加費 10,000円(合宿費は別途必要)

◆主催 NPO・NGO草莽の集い2006実行委員会
青木智弘:諫早干潟緊急救済東京事務所
秋山映美:監獄人権センターCPR
鹿住貴之:JUON(樹恩)NETWORK
小島和子:環境パートナーシップオフィス
清水和良:東京都共同募金会
城 達也:手織適塾さをり 東京
白幡利雄:
シャプラニール=市民による海外協力の会
新田英理子:日本
NPOセンター
吉川 剛:チャイルド・ファンド・ジャパン
吉田建治:日本NPOセンター


◆お申し込み・問い合わせ氏名(ふりがな)、団体名、役職、勤続年数、団体住所、TEL、FAX、e-mail、自己PR、参加動機、期待することを記入の上、下記のいずれかにお申し込みください。
e-mailの場合:白幡利雄(シャプラニール)  shirahata@shaplaneer.org 
FAXの場合:新田英理子(日本NPOセンター)
〒100-0004 東京都千代田区大手町2-2-1 新大手町ビル245号
TEL 03-3510-0855  FAX 03-3510-0856  enitta@jnpoc.ne.jp

コメント
この記事をはてなブックマークに追加