「ネット右翼(ネトウヨ)≒ニートやフリータ等の恵まれない人達(底辺層)」説の証左収集&ネトウヨ観察を主目的とするブログ
2ちゃんねるとネット右翼(ネトウヨ)ウォッチング&その分析




(このエントリは“野良ウヨ”の方々に向けたものです。飼いウヨや餌付けウヨの様な
自民党からの被洗脳者はこういうエントリを見ても目がさめるとは思えないので…)





安倍壺三安倍晋三氏が蛆民党自民党の総裁に選出された訳ですが…
(例によってネットでは、チーム世耕の流れを組むJ-NSC及び統一協会系工作員が大量投入されている様です)

で…例によってネトウヨは「安倍ちゃんなら中国や韓国に対峙出来る」などと吠えている訳です。

しかし安倍晋三氏は昔から親韓でありアグネスチャンとも大の仲良しです。
以下それの証左を少しだけ並べます。

まずアグネスチャン氏自身がこの様に公式ブログで安倍氏の新総裁当選おめでとうを述べています。
http://ameblo.jp/agneschan/entry-11364938116.html
安倍さん、おめでとう

安倍晋三さんが自民党総裁に当選しました。
おめでとうございます。
>大変な役割を自ら進んで背負う事になりました。
>忙しい日々が再び。。。
>健康が一番大事なので、
>無理をなさらないように。

>日本のために、
>一日でも早く東日本の復興を実現していただきたいです。
そして、日中関係の修復も。
>子供達にすばらしい日本、平和な世界を!
>期待しています。
>本当におめでとうございました。


|で…上↑だけだとネトウヨは「アグネスが勝手にお祝い言っているだけだろ」とホザくと思われます。
(「日中関係の修復」なんてネトウヨ発狂ものの台詞だと思います)
|しかし以下↓の様に安倍晋三氏の妻である安倍昭恵氏の公式ブログに「安倍家は公私共々アグネスチャン氏と仲良し」という記述がある訳です。


http://www.akie-abe.jp/index.php?date=2006-12-31
(魚拓)http://megalodon.jp/2012-0930-1307-55/www.akie-abe.jp/index.php?date=2006-12-31
>2006年12月25日(月曜日) 23時28分
>クリスマス
主人の友人であるアグネス・チャンさんのご自宅にお呼ばれ。
アグネス夫妻とアメリカで勉強中の長男、次男、日本にいる小学生の三男、ご家族全員揃っての
アットホームなクリスマスディナーの仲間に入れて頂きました。
>美味しいお食事と、楽しいおしゃべり、最後には特別サービスでアグネスの歌まで飛び出し、
>賑やかな家族の良さを実感したひと時でした。
>ご馳走様でした。
(スクリーンショット)

(安倍氏とアグネスチャン氏のツーショット)



|更にアグネスチャン氏の2009年の新年会にまで安倍氏は出席していますね。


http://news.livedoor.com/article/detail/3997673/
>アグネス新年会に安倍晋三元首相も出席―東京
>2009年1月30日、東京千代田区の日本プレスセンターホールで、第50回日本レコード大賞・特別賞受賞のアグネス・チャンが新年会を開いた。
>中国では春節を迎えお祝いムード一色の旧正月の時期に新年会を開いたアグネスは、日本ユニセフ協会大使を務めており
>「これからも世界の平和と子供たちのために全力で取り組んでいきます」と力強く挨拶した。

>アグネスはこれまで、タイやフィリピンの子ども買春、カンボジアやモルドバの人身売買、レソトのエイズ問題、インドの
>深刻化する格差や貧困問題について現地での調査活動を実施。また2008年には、余震の続くなか中国四川省の大地震の被災地を
>訪問しており、助けを求めている人の多い国や地域への啓発活動や支援をうったえてきた。
>大きな病気を苦服して頑張るアグネスを励ますため、かけつけたファンの安倍晋三元首相は、アグネスとの
最初の出会いのエピソードや結婚式に招待され香港まででかけた話など顔いっぱいの笑顔で自慢げに披露した。
>縁起物の獅子舞が会場をねり歩くパフォーマンスや歓談中には二胡の生演奏が流れるなど、終始和やかな雰囲気に
>包まれた会には約180名の関係者が参加した。アグネス・チャンの人気は永遠にパワー全快と言えそうだ。(取材/武井)
(スクリーンショット)


要するに最初から安倍壺三安倍晋三はアニメ・コミックなどの二次元規制派+表現規制派の頭目と言えるアグネスチャン氏とズブズブな訳です。
更に安倍氏の日頃の「親学」への傾倒姿勢をみても間違いなく二次元規制派と言える訳です。
そしてそういう安倍壺三安倍晋三をヲタウヨが応援するというのは「肉屋を支持する豚」レベルではなく
「肉屋でボランティア活動する豚」レベルだと言えるわけで。。。







コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )



« 「華族」と「華僑... 「安倍晋三の功績... »