長嶋のカメブログ

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

進(すすむ)でコクゾウムシ

2016-10-18 23:41:22 | 日記
兄弟とか親子の肌のトラブルは似通う感じって分ります、しかしながら現実問題として、信じてよいのでしょうかね?(^^ゞ(笑)
DVに関する話題
意外かもしれませんが遺伝という根拠はないです。(^^)
にきびで悩む人の肌って菌や皮脂の影響で皮膚の酸性度コントロールを失うことによって生ずる面倒な肌トラブルと言えるので、遺伝とかの問題とは違うと考えるのが妥当です。
っちゅーことで、にきびに親が苦慮していた、でなければ、苦悩した過去の思い出があっても子供は違うと心得ましょう。
でありながら、ニキビができる性質は親から子に伝わるのでご留意。
にきびの原因はアクネ菌とかボルフィリンなんですが、こういった体質は親から因子を引継ます。
一言でいうと 、吹き出物自体は遺伝しませんが、吹き出物ができやすいという素質自体は伝わるので覚悟しておきましょう。
加えて 、同じ生活習慣をしていることが契機で見通しとしてニキビができる要素は十分で、それを遺伝だと心得ちがいする人たちもかなり多いのが現実です。
同じ食事とか生活が似ていると親と息子で生活リズムって己れと似通ってしまいますね。
コッテリしたフードをたくさん食べたり、 ベッドに入るのが遅い人だとニキビって凄く当たり前にできます、朝昼問わず野菜の多い食生活で寝入るのがいいタイミングの家族は肌荒れなどで困るケースは少ないです。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 橋本とディアス | トップ | 小野瀬だけどあっちん »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。