東横線『学芸大学駅』近くのパブスナック、地元の為に必要なお店として。 明るく、楽しく、

美味しいお酒、元気で楽しいスタッフ、カラオケ&トークで盛り上がり、ストレス解消♪、老舗でも常に新風!良心的なお店。

寺山修司とスズキコージ

2009年06月30日 21時26分26秒 | 芸能~プロスポーツ関係
寺山修司が挿絵に好んで使ったスズキコージの絵、
ねずみに本物が飾りとして無造作に置いて有ります。
夢の有る絵、可愛い感じのする絵、
ご本人はもう60歳をとうに過ぎたが、まだまだ元気、
娘より若いを娘を連れ歩き、酒も強い、
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

7月13日~16日 靖国神社参拝

2009年06月30日 16時18分22秒 | 好きなお店はしゃれねずみ
靖国神社は、日本の軍人、軍属等を主な祭神とする神社である。 明治2年に東京招魂社として創建された。
戊辰戦争の新政府軍側の戦没者を祀ったことが靖国神社の起源だが、幕末の志士である.吉田松陰、坂本龍馬、高杉晋作、中岡慎太郎、武市半平太、橋本左内など、またこの東京招魂社創設した大村益次郎も維新殉難者として合祀されている。
日本の為に戦った戦没者を祀っているのだが、
戊申戦争の幕軍側の戦没者は祀られていない。
幕軍側も日本の為に戦ったと言えなくもない 『禁門の変』の時、朝廷側で戦った会津藩の藩士も祀られているが、その後、幕府側として戦った会津藩の藩士は含まれない、勿論、白虎隊も含まれず、土方も近藤も一刀流の達人桜庭も、上野の彰義隊も、奥州連合で戦った人々も祀られていない。
さて、問題はここから、
靖国神社は新政府側で戦死した人達の名誉の為、大村益次郎が奔走して作られた。
当時、新政府側として戊申戦争で戦った人々は新政府側からなんの手当も貰っていない軍隊で有る。
各雄藩から戦闘員として参加して戦士した、新政府として戦士者に慰労金を出す余裕もなかった、
明治が国家としての行為の始めの一つが新政府樹立の為に奔走した者や、戦闘に参加し戦死した者達の供養の為の招魂社だった。
それが今の靖国神社。
何故、靖国が近隣国で問題になるのか?
内政干渉されても何故日本は平身低頭せねばならないのか?
教えて欲しい、
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

夏風邪注意予報

2009年06月30日 15時57分13秒 | 好きなお店はしゃれねずみ
夏風邪は悪女の深情けが如きもの也。
初期症状として、余りきつくはない、
熱も無い、咳だけ?、、ところが徐々に効いてくる。
しつこく、ネチっこく、一度取り憑いたら離れない性根の悪さ、
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

予想したのか?

2009年06月30日 15時51分45秒 | 好きなお店はしゃれねずみ
この内容は、書き込もうと思って下書きをしてあったのですが、風邪で具合が悪く書き込みしていなかった分です。
世界でオバマ大統領の演説が話題を呼んだ。演説として名を残す名演説。
演説より、実際の施政が問題だが、確かに良い演説で有った事は確か!
その後、2009年、日本の首相の演説もまた歴史に汚名を残す、迷演説だった。
しょち(措置) ・ゆうむ(有無) ・ふしゅう(踏襲) ・まえば(前場) ・ようさい(詳細) ・はんざつ(頻繁)・みぞうゆう(未曽有)
一国の宰相がこれじゃ~~、ね~~、ビックリより、呆れる。
翌日の読売新聞に、間違いの多さを指摘した記者団に平然と、
「それは単なる読み間違い、もしくは勘違い。はい」だと、
あの人は本来人相が良くない。
私は近年、この人が首相選に出た時の最終街頭演説をやったのを2度見聞した。
一度目は福田氏との一騎打ちだったかな、有楽町で最終演説、口がカレイみたいな人がその顔面に笑みを浮かべ必至に訴えてるが、
内容はど~って事のない内容を羅列するだけ。
2度目は横浜西口での最終演説、感想は『貴人礼を知らず』の典型人かも、

さて、漢字が読めない宰相、今度は、読み違えどころではなく、
完璧に漢字を知らないどころの話ではない、
6月20日、朝日新聞、東京都文京区の都議選立候補予定者の事務所を訪れて激励した。前回の都議選で立候補予定者が惜敗したためか、首相はあいさつで「必勝を期して」と言うべきところを、「惜敗を期して」と言い間違え。同席した深谷隆司元通産相から、すかさず「必勝です」と指摘される一幕があった。もっとも、首相は訂正もせず、そのままあいさつを続け、「再び勝って、大いなる力が発揮できるよう、お願い申し上げます」と支援を呼び掛けていた
『必勝を期して』選挙を戦う、のと、「惜敗を期して』選挙を戦う。
これは本人の次期衆議院選挙の事なんだろうな、と考えれば(笑)納得出来る。
そう、今度の阿呆さんの選挙はまさしく、『惜敗を期して』になる。本人予想!

もう、驚き、さて、昨日のニュース、
街頭での阿呆さん、
『定額給付金も初めは評判良くなかったけど、、給付が始まったら、誰も文句は言わないでしょう、結構評判がいいよね~』
自画自賛、こんな考え、こんな思考回路の人物、何考えてんの~~、
宰相の座にいつまで居座るつもりなのだろう、またこのような人物を首相の座に据えた自民党の議員の先生、その議員の先生達は阿呆さんが選挙の顔として一番だから阿呆さんにしといて、今頃、選挙の顔として役に立たないからすげ替えを考えてる。もう、世も末、

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

その絵 この絵

2009年06月29日 23時54分59秒 | 好きなお店はしゃれねずみ
独特の絵、
なんだか心が弾む、気分が明るくなるような絵、
何処に飾る。・・・・・・なるべく日光の当たらない場所。
このバスは何処に向かってるの??
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

お土産 愛媛から

2009年06月26日 06時51分33秒 | 好きなお店はしゃれねずみ
若い子に似合わず、大量のお土産買って来てくれた、AYA
それから、マイケルジャクソンが死んでしまった。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

官僚内閣制

2009年06月26日 06時50分39秒 | シリーズ 日本国
日本の官僚内閣制の終焉。
議院内閣制は国民が国会議員を選び、国会を通じて内閣を操縦するのが本義。
しかし、与党議員のみならず野党も霞が関官僚が書いたシナリオに従って来た国会答弁。
一概に官僚内閣制が絶対に悪いわけではない、
官僚内閣制は戦後復興に最も機能的に働いた。
では何故?今、問題なのか?、
李登輝の言うノーブレスオブルージュ(高貴なる義務)を失った夜盗のような軍団になってしまった官僚、
戦後60年以上も過ぎると有効に機能した官僚制度も制度疲弊を起こす有る。
塗炭の苦しみの中から国家一丸となって復興を目指した頃の官僚と今の官僚は全く別の組織とすら言える。
また、与党自民党の党本部機能が小泉により破壊され、全く無力化した事も見逃してはならない。
党本部の政務調査会の下に多数の党委員会が有り、議員の後援会、支持団体等から上がってくる要求・意見を調整し、それらを背景に官僚と折衝して、内閣提出の法案として来た、
国会はよく審議しないと批判も有るが、それまで全ての作業は終わっているのです。
小泉氏は首相官邸主導との『美名』の元に、自民党党本部の政務調査会などから利権を奪う為に、逆手に取った恰好で党本部の委員会を無力化した。
特に郵政事業、それまでの郵政族を撲滅、民営化の名目でどれだけ利権を自分達が握ったのだろう。
簡保の宿だけではない、全国に散らばる、旧郵便会館、ユーポートの箱物、全国に何千戸有るのだか、郵便局の官舎、
見えないところで何をやってるのか、全く見えてこない、
その影響で今、まさに地方の郵便局はバラバラ、小さな地方の郵便局内が四分社化した事により、大損害、大迷惑、配達員は配達しか出来ないので、
『今後は週に2回は貯金と保険の人間が回って参ります』とサービスの維持を確約したチラシを撒いたがその約束は守られていない。
以前は配達員がお年寄りの公共料金の支払い、年金の受取、果ては買い物等も引き受けていた、今はそうした心温まる話はめっきり減った。
また、一つの局舎で複数の会社のファイヤーウールを構築する費用が莫大、
話にならん、
これまで郵政事業として運営して来たが、民営化後、ゆうちょ銀行は金融庁のマニュアルに従う事になった、
そのマニュアルは小さな郵便局には無く、特定郵便局は平均5名程度、業務の負担が増え、
ストレスが多くなり、今では、『誤った四分社化は日を追って地方の郵便局の気力・活力が失われている』
と西川のじいさんに直訴した全国郵便局長会の前会長 浦野氏の言葉に西川のじいさん、知らん顔、
眉ひとつ動かさなかった。
話が本題から逸れた。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

馬ホルモン生姜焼き、

2009年06月24日 19時08分58秒 | 料理&お弁当
無料サービス。
夏風邪予防に
馬ホルモン生姜焼き、今日は無料サービス、
食べたい人は申告して下さい。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

漱石の松山嫌い

2009年06月22日 05時53分06秒 | 文学雑考
夏目漱石の松山嫌いは結構有名な話で有る。
『宿屋、下宿屋は皆、ノロマの癖に不親切』、『当地下民等でノロマの癖に御座候』また正岡子規へ『僻地師友なし』と愚痴を手紙で送っている。
また松山を舞台にした『坊ちゃん』の中で異常なまでの漱石の松山嫌いが覗える。
逆に、
四国の松山行けば、どこもかしこも『坊ちゃん』、『坊ちゃん』、坊ちゃん団子は小説坊ちゃんの中で道後温泉に入浴の後、近くの評判の団子屋に立ち寄った話が有る。
だが美味しいとは一言も言っていない、
温泉だけは素晴らしいと言っているが、それはまあいいとして、坊ちゃん饅頭、坊ちゃん煎餅から坊ちゃんを冠したお土産ばかり、お店ののれん、下駄にすら!。。まあ何でもかんでも夏目漱石にあやかり、地名さえも、伊予鉄道も坊ちゃん列車、劇場も坊ちゃん劇場、最近でも球場の名称も『坊ちゃん球場』、漱石自身松山にいた時期は短い、但し正岡子規と漱石が仲良くその縁で松山を訪ねているが、漱石は理由はよくわからないが、松山の人々を小馬鹿にしている、小説『坊ちゃん』の中で松山の事、散々悪く書かれているのに、漱石から小馬鹿にされても松山の人々は漱石に強烈な片想いでもしているかのような観が松山の商店街を覆っているように感じられた。
司馬遼太郎は
『松山に他に人物がいないわけでもないだろうが、松山の商魂なのか?、伊予人の寛容なのか? 』 わからないと云い。
小説の中でアレだけ小馬鹿に散々な事を言われても怒らない。何故?!?
不思議がってる。
また、漱石の孫娘で有る半藤未利子氏はパチンコ店、一杯飲み屋にも登場する。漱石みて呆れ果てた、
1年しかいなかった松山、
約100年後、大嫌いな松山から厚遇を受けさぞ、漱石先生もむず痒かろうな。



コメント   トラックバック (1)
この記事をはてなブックマークに追加

梅雨

2009年06月22日 05時25分05秒 | 好きなお店はしゃれねずみ
梅雨本格的な感じ、ムシムシ、ジメジメ、
不快指数120%?????。さて、梅雨の期間の6月中、雨の日、ねずみはビール1本サービス。
遠慮なく,言って下さい。 勿論、言わない人には出しません。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

原田泰三 優しい人

2009年06月21日 23時57分59秒 | 好きなお店はしゃれねずみ
夜、学芸大学駅近くの交差点、
渡った所で、麻衣子が携帯を落とした、そこに車が右折して来た。
運転手はそれと気がつき、すぐに止まってくれて携帯は無事!。
良かったね~~、
運転してたのが原田泰三さん、感謝感謝、、
今度、ねずみに来たら、全部ただだなぁ~~
それにしても原田泰三さんは優しい人だわ、、

コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

惜敗を期して

2009年06月21日 18時21分20秒 | シリーズ 日本国
世界でオバマ大統領の演説が話題を呼んだ。演説として名を残す名演説。
演説より、実際の施政が問題だが、確かに良い演説で有った事は確か!
その後、2009年、日本の首相の演説もまた歴史に汚名を残す、迷演説だった。
しょち(措置) ・ゆうむ(有無) ・ふしゅう(踏襲) ・まえば(前場) ・ようさい(詳細) ・はんざつ(頻繁)・みぞうゆう(未曽有)
一国の宰相がこれじゃ~~、ね~~、ビックリより、呆れる。
翌日の読売新聞に
『間違いの多さを指摘した記者団に平然と、
「それは単なる読み間違い、もしくは勘違い。はい」だと、
阿呆さんは人相が本来良くない。
私は近年、この人が首相選に出た時の最終街頭演説をやったのを2度見聞した。
一度目は福田氏との一騎打ちだったかな、有楽町で最終演説、口がカレイみたいな人がその顔面に笑みを浮かべ必至に訴えてるが、感想は『小者』
内容はど~って事のない内容を羅列するだけ。
2度目は横浜西口での最終演説、感想は『貴人礼を知らず』の典型人かも、

さて、漢字が読めない、宰相は今度は、読み違えどころではなく、
完璧に漢字を知らないどころの話ではない、
6月20日、朝日新聞、東京都文京区の都議選立候補予定者の事務所を訪れて激励した。前回の都議選で立候補予定者が惜敗したためか、首相はあいさつで「必勝を期して」と言うべきところを、「惜敗を期して」と言い間違え。同席した深谷隆司元通産相から、すかさず「必勝です」と指摘される一幕があった。もっとも、首相は訂正もせず、そのままあいさつを続け、「再び勝って、大いなる力が発揮できるよう、お願い申し上げます」と支援を呼び掛けていた
『必勝を期して』選挙を戦う、のと、「惜敗を期して』選挙を戦う。
これは本人の次期衆議院選挙の事なんだろうな、と考えれば(笑)納得出来る。

もう、驚き、
さて、昨日のニュース、
街頭での阿呆さん、
『定額給付金も初めは評判良くなかったけど、、給付が始まったら、誰も文句は言わないでしょう、結構評判がいいよね~』
自画自賛、こんな考え、こんな思考回路の人物、何考えてんの~~、
宰相の座にいつまで居座るつもりなのだろう、またこのような人物を首相の座に据えた自民党の議員の先生、その議員の先生達は阿呆さんが選挙の顔として一番だから阿呆さんにしといて、今頃、選挙の顔として役に立たないからすげ替えを考えてる。もう、世も末、

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ゆとり教育が生む国家衰退

2009年06月19日 11時19分04秒 | 好きなお店はしゃれねずみ
国家警鐘の書とすら言える。
昨今、ゆとり教育の影響か! びっくりするくらい学力の無い若者に遭遇する。
『こいつ、どうするのだろう、将来?』・『この子、どうなるんだろう』
今年、お茶の水大学を退官した藤原正彦氏、 小説家あの故新田次郎氏の息子でも有る。
藤原正彦氏は数学者である。彼があえて国語の重要性を説くから面白い。そして私も、この重要性を日々痛感しています。どんなことを学ぶにも、その思考の語彙となる国語をしっかりやっていないことには、その後、どんな立派な教育機関で学ぼうと気負っても、それを自分の血や肉にする語彙が無ければ、実際に得るものは少ないからである。
彼は言う「小学校における教科間の重要度は、一に国語、二に国語、三、四がなくて五に算数、あとは十以下なのである。(省略)中学高校と、国語の重要性は無論低下する」納得である。
国家の品格は良く知られているが、他に多数の本を出している、
若者は是非、一読すべき、
昨日、アホな娘に、何かしたいことないの?、やりたい事とか? と質問、 そのアホな若い娘が、1年間位、ホリデーワーキングで外国行ってみようかなぁ~と思ってます。
『馬鹿か?、、日本の事も充分知らんでわからんで、何が外国へ行って自分探しだ、ボンクラか』 
西欧から見ると、しばしば、日本人は宗教心を持たない民族であると非難される。実際、外国人から宗教を尋ねられると、答えに窮する場合が多いのではなかろうか。それを見た他の多くの民族は、日本人とは無宗教で、とんでもない民族であると考えるようである。宗教を持たない人間は未開拓民若しくは野蛮人、宗教の戒律こそが人間の行動規範の最高のものであるとし、またそれ以上に人間にとって宗教的信仰が必須であるとの刷り込み(後天的に学習されたものながら、先天的・本能的である価値観・行動)を持つ人々にとって、無宗教とは非人間的であり、あり得ないことなのであろうと、
上智大学教授、渡部昇一は、留学する学生に、日本人としての宗教心の在り方を充分に理解し、説明出来るようにしなければ、留学はしない方が良い、と云う。何故なら前記のように必ず、宗教は??と聞かれる、聞かれて、わからない、無宗教、などと言ったらそれで、人間の価値を無くした人間と扱われる、ような事を言っている。
新渡戸稲造が『武士道』を書いたのは、イギリス人?だったかな、妻の父から、稲造は何故、宗教的な教育を受けていないのに礼儀正しく、倫理感も素晴らしい、日本人は宗教心がないのに何故だ?、また ベルギーの法学者ラブレーに「日本人は宗教教育をしないでどうして道徳を教えられるのか」と言われて、敬虔なキリスト者である新渡戸は非常に思い悩む。・・・・それでは、 気がついたのが、日本には武士道があると。武士道は道徳教育をしたのではないかということで いろいろ調べ考査し、『武士道』を書きます、その武士道、、、一度、読んで頂きたい、、、確か!その英訳版を読んだルーズベルト大統領は部下、知人友人にその本を薦め、贈り物にしたほど、
ルーズベルト大統領は「日本人を関心する反面、、、日本は侮れない、』と感じた、太平洋戦争、日米決戦はその当時から、アメリカの海軍では予測の範囲だった事も付け加えます。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2億円の家、格安の100万円です。

2009年06月15日 14時58分49秒 | 好きなお店はしゃれねずみ
正当な盟友の首を切った麻生君。 『正義の道』と『首相の座』を秤に掛けたら、首相の座を選んだ麻生君。
当初は麻生君も西川君を首にするのは仕方ない。
と、考えていたが、不正で猛烈な小泉君の巻き返しに遭い、ビビった。のが麻生君。
国の財産、国民の資産。約2000億以上の資産を100憶円程度で売るとは、分かり易く言えば、例えば、2億円の家を100万で売るような事をしといて、それを許されるか?このまま放置なら、郵便局の資産はどんどん禿鷹ファインドに持って行かれる。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

来週の予告

2009年06月13日 18時56分06秒 | 好きなお店はしゃれねずみ
芸術家!。  夢の有る画家。スズキコージ
ススキコージ公式HPの書籍
まだまだ壮健。一緒に酒飲みたい。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

目黒 学芸大学駅 パブスナックj

http://blogimg.goo.ne.jp/user_image/5c/b2/ae0e0bb2e221449903c5137bc555a163.jpg