東横線『学芸大学駅』近くのパブスナック、地元の為に必要なお店として。 明るく、楽しく、

美味しいお酒、元気で楽しいスタッフ、カラオケ&トークで盛り上がり、ストレス解消♪、老舗でも常に新風!良心的なお店。

元気にしてるか?大丈夫????

2017年06月17日 17時59分23秒 | 好きなお店はしゃれねずみ
なんで、そんな山奥迄行くの~
お~~いい大丈夫かあ、
早く帰って来い~
ネット繋がらない
携帯も繋がらない。

それにしても雲南まで工場作りに行くとは、
西の果て、
さて、

日本人は西方に浄土が有ると思っている。
民族らしい、
10円玉の平等院
あの書院の小さな窓は西を向いてる
と聞いた。
その小窓なら西方浄土が見れるらしい
西への憧れ、
日本人はシルクロードへの憬れは凄い、
行った事もないし、
なかなかイケない場所、

思いつくのは
崑崙、
昆明、
雲南の先の半砂漠のようなところに、

あの幻の湖と言われる
う~~彷徨える湖

ロブノール?だったか?有る。

司馬遼太郎が言うところ雲南は
果てしなく遠い~
雲南の手前は蜀(今の四川省)、
その蜀へ行くのは、

蜀に行くのではなく、
よじ登るような感じ、
チワン族等の少数民族が住んでいる。

蜀(四川省)の先は雲南、

雲南、
なんて幻想的な地名
南の雲、

稲作の起源、
あの段々畑、

棚田は日本の原風景~

日本の稲作文化はこの雲南から来た、

私的には、
シルクロードへの憬れより、
あの棚田の美しさに、強く憧れる、

今、行くとどれぐらい掛かるのだろう、
司馬遼太郎さんが行った時も
随分、掛かった様子、
それにしても、
生きてるのかな~


ジャンル:
ウェブログ
コメント (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 貸し切りで、ライヴ | トップ | on birhtday beer garden  »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (とり)
2017-06-18 00:19:50
I miss you
とはこのことですね
会いたい。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。