日本共産党 石川たえ ☆いのち輝かせて☆彡

みんなで考えましょう。これからの日本。

また新名神工事で事故

2017-06-19 | 日記

800キロの鉄板が落下、1人死亡 新名神の工事現場
 19日午後0時40分ごろ、大阪府箕面市下止々呂美(しもとどろみ)の新名神高速の工事現場で「作業員が鉄板の下敷きになった」と119番通報があった。箕面市消防本部によると、鉄板の下敷きになった40代の男性作業員が病院に搬送されたが、死亡が確認されたという。

 同本部によると、トラックのクレーンで重さ約800キロの鉄板(縦約3メートル、横約1・5メートル、厚さ約2センチ)をつり下げて地面に敷き詰める作業をしていたところ、フックから鉄板が外れて下の作業員が挟まれたという。現場では、新名神の上り線の建設工事中だったという。」
朝日新聞 記事です。

また新名神工事現場で事故が起きました。昨年も止々呂美の工事現場で橋桁が倒れた所です。今度は作業員が亡くなりました。どうしてこんなに事故が続くのか。徹底検証が必要です。

亡くなられた作業員の方に心からお悔やみ申し上げます。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 禁じ手使い強行採決は許せない! | トップ | 新名神工事事故調査 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。