ひびレビ

特撮・アニメの感想や、日々のことを書いてます。

動物戦隊ジュウオウジャー 第40話「男の美学」

2016-12-04 08:04:15 | 動物戦隊ジュウオウジャー
動物戦隊ジュウオウジャー 第40話「男の美学」

 ある日、レオはボンタン狩りをしているチームアザルドのプレイヤー・キルメンチと遭遇。大和たちが返信する前に、勝負は痛みわけに終わった帰り道、一同はノブオらヤンキーにカツアゲをされた少年・ジュンと知り合う。
 事情を知ったレオは自分たちが取り返しては、と提案するも、本人に仕返しが来るかもしれないと操。レオがジュンの気持ちを問うと、ジュンは自分で取られたものを取り返せる強い男になりたいといい、レオはそれに協力することに。

 が、さすがに「獅子を千尋の谷に突き落とす」のは無理がある。というわけで地道に修行し、年上に負けない気合を身につけることに。
 そしてジュンはレオのサポートもあってお金を返してもらえることに。だがジュンはこれまでのお返しにと、その拳を振り上げる。レオはその拳を止め、ジュンは強くも無ければ強くなる資格も無いと告げる。だがジュンも、レオに自分の気持ちは分からないといい・・・

 これでは一件落着とは言えない。モヤモヤした気分はジュンも同じ。そんな中、ノブオはジュンに対し、レオに勝ってその強さを証明すればいいとある道具を渡す。
 そして、人に教えることの難しさを痛感していたレオの前に、奇妙な装置を腕にはめたジュンが現われた。その装置から流れる電流でレオが苦しんでいたところへ、間が悪くキルメンチが現われ、負傷したレオはキルメンチに一方的にやられてしまう。
 この状況が自分のせいだと知ったジュンは、レオに対して素直に謝罪。すると「わかりゃいいんだよ」と笑顔を見せるレオ。「相手を殴ると自分もいてぇ。だから・・・拳ってのは相手を傷つけるために使っちゃいけねぇ!拳ってのはな・・・守るために振るうんだ!それが・・・男の美学だ!」とキルメンチを吹き飛ばす。

 メーバを呼んだキルメンチに対し、レオたちもジュウオウジャーに変身して対抗。ジュウオウライオンは再度キルメンチとのタイマンに勝利し、ジュウオウファイナルでメーバごとキルメンチを倒すのだった。
 巨大化したキルメンチはワイルドトウサイドデカキングに卑怯な手を使うが全く通用せず、「てめぇみてぇなタコ!」というジュウオウライオンの発案で、いきなりジュウオウキング・オクトパスに合体。オクトパス・ジュウオウ斬りでキルメンチを撃破するのだった。

 レオとジュンが再度師弟関係を築く一方で、ナリアはクバルに対しその目的を問い詰める。一騎打ちの末、クバルはナリアの頭部を撃ち、倒れたナリアから記憶を読み取ろうとし・・・


感想
 ボンタン狩りに酔いしれるアザルドとキルメンチの一方で、真面目な話をしているジニスとナリア。何だろう、この空気の違い(笑。あ、ちなみに私もボンタンは知りませんでした(汗。

 さて今回はレオ回。気弱な少年がレオと一緒に強くなり、お金を取り返してハッピーエンド!かと思いきや、強くなったジュンは仕返しにとノブオたちに暴力をふるいかけるという展開に。その後はジュンが自分の過ちに気づき、レオが改めて男の美学を教える・・・という、これまた熱い展開が待っていました。ジュンが誰に言われるでもなく、自分で強くなりたいという意思を見せたり、自分で自分の過ちに気づいたりするのも良かったですね。

 これまで散々ひどいことをされてきたのだから、少しぐらい仕返しがしたい。でもそれをやってしまったら、自分も相手と同じになってしまいます。拳は傷つけるためではなく守るために振るうもの。口だけではなく行動で示す、レオの男の美学はとてもかっこよかったです。
 まぁ、ワイルドトウサイドデカキングからジュウオウキングオクトパスになるのはやりすぎですが(笑。

 そしてクバルVSナリア。ナリア優勢かと思われましたが、クバルは予め罠を仕掛けていました。にしても、まさか頭部を撃つとは・・・あの状態ではナリアの命も心配ですが、ジニスの秘書たる彼女がそう簡単にやられるとも思えません。

 次回、とうとう地上にジニス降臨!
ジャンル:
特撮
コメント (2)   トラックバック (3)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« タイムボカン24 第10話「戦... | トップ | 仮面ライダーエグゼイド 第9... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
野生開放!(パンチじゃなくてひっかき) (いけやん)
2016-12-04 14:33:44
キルメンチ…メンチ切る(笑)
声は…フェムシンムのレデュエ。
ゲームはボンタン狩り。せこい、しょぼい(苦笑)
初期の頃の地球人へ精神的なダメージを与えるえげつないブラッドゲームはもはや見る影もなし。
私もボンタンって呼び方は知りませんでした(^^;

>ジュンが誰に言われるでもなく、自分で強くなりたいという意思を見せたり、自分で自分の過ちに気づいたりするのも良かったですね。
説教だけでは上手くいかない時代です。
本当にそんなことをしてもいいのか? 問いかけることで自然に反省を促すのっていい手法だと聞きます。
その方が反発する気持ちが生まれにくいですし。
そしてレオが大人として手本を見せたのがカッコよかったです。

>拳は傷つけるためではなく守るために振るうもの。
それを分かっていない人が現実でも多いのは困りものですね。
守るために振るっていても、暴力は暴力だと思い悩んでいたライダーがいたのを思い出しました。クウガです。

いよいよジニス様自らが出陣!
操…かつてジニスに酷い目に遭いましたからねぇ。トラウマがぶり返しそう(汗)
ナリアはさすがに生きていそうですが。遺体から記憶を読み取るのは無理でしょうし。
いけやんさんへ (アル)
2016-12-04 20:58:14
こんばんは。

)初期の頃の地球人へ精神的なダメージを与えるえげつないブラッドゲームはもはや見る影もなし。
ある種の精神的ダメージは与えられそうですが、とりあえずアザルドたちが楽しそうなのでいいんじゃないでしょうか(苦笑。

)そしてレオが大人として手本を見せたのがカッコよかったです。
口だけではなく、身をもってそれを教える。教え方に悩んでいましたが、彼もいい師匠になれそうですね。

)ナリアはさすがに生きていそうですが。遺体から記憶を読み取るのは無理でしょうし。
クバルがナリアを生かすために敢えて致命傷となる部分を避けていたか、ナリアが咄嗟に防衛手段をとったか・・・どちらにしろ、これで退場とは思えません。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

3 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
動物戦隊ジュウオウジャー 第40話「男の美学」 (MAGI☆の日記)
動物戦隊ジュウオウジャーの第40話を見ました。 第40話 男の美学 ボンタン狩りをするヤンキープレイヤー・キルメンチに遭遇したレオは一対一の真っ向勝負をすると、レオの......
今日のジュウオウジャー 第40話 (地下室で手記)
「男の美学」 チーム亜座留努の火の玉ヤンキー・キルメンチがかなり勘違いしたボンタン狩りをしているところにレオが遭遇。 いつの時代のヤンキーだよという喧嘩の売りあい、......
動物戦隊ジュウオウジャー 第40話 「男の美学」 (くにづくり日記まーく3)
こんばんは。 今日は日曜日なので動物戦隊ジュウオウジャーの感想だす。 今週は、黄