ひびレビ

特撮・アニメの感想や、日々のことを書いてます。

とらドラ! 第25話「とらドラ!」

2009-03-26 09:01:03 | 2008年アニメ
とらドラ! 第25話「とらドラ!」。最終回。

家族
竜児が心配で駆けつけた泰子。しかし竜児は至って健康。どうやら嘘の電話で泰子を呼び出すのが目的だったようで・・・以後、キスシーンまでの件は、妙に竜児が腹立たしいのでカットの方向で(汗。
何が「誇れよ」だよ。散々酷いこといった上に、逃げ出して、心配までさせて。泰子はもっと怒ってもいいと思う。

何度でも
布団をかぶってベールの代わりにする大河。竜児といい、大河といい、ようやく素直になれたからって、少し暴走しすぎじゃないかw
ということでキスシーン。やけにあっさり終わったと思ったら「もう1度」。もう1度したら「もう1度」・・・ニヤニヤというより、若干イライラがクライマックスなのはどうしたら良いだろう。

大河の決意
母親と向き合うため、1人で帰宅した大河。しかし母親はおらず、留守電には「バイバイキン!」というセリフが。
愛されるはずが無いと思っていた大河。しかしそれは逃げてただけ、自信が持てないのを周りのせいにしていたのかもしれない。竜児はそんな大河をそのまま愛してくれた。大河は誇りを持って竜児を愛したいからこそ、1人でどこかへ向かう・・・


分岐点
大河が居なくなった事を知らされたクラスメイト。ゆり先生は「いろんな分岐点があり、何かを選んでいかなくてはならない」と先生らしく、良い事を言ってくれましたが、生徒たちは一斉にメールや電話。雰囲気殺しすぎるw
そして櫛枝は竜児にビンタ一発・・・酷すぎる。せめて話を聴いてからにしてやってくれ。信じてくれているから、今はそれを受け止めるしかないという竜児。
その日、大河にメールをした全員に真っ黒な画像が送られる。


星の輝き
真っ黒な画像の正体は海苔!ではなく、夜空だと言う櫛枝。「星は確かにどこかにある。輝けば見えるようになる。空は繋がっている。頑張る姿を確認しあえる」・・・ギップルが出てきそうな台詞をありがとうございます。なるほどなぁとは思うけど、櫛枝が言うとどうにも演技にしか聞こえない。

亜美は理解してくれている人が1人でもいれば良い、例えそれが恋じゃなくてもと吹っ切れた様子。最後まで可哀想と言うか、切ないなぁ・・・

大河は虎、竜児は龍。いつも傍らにいる。この気持ちは壊れないと信じて・・・


とらドラ!
時は流れて卒業式。色々言われてますが、とりあえず木原と能登が良いカップルっぽくなってるので満足ですw
いつの間にか学校に侵入していた大河。誰か気づけと突っ込んだら負けですか。掃除用具入れに隠れていた大河を見つけ「好きだ」と竜児。そして大河は頭突き。こんな感じで暮らしていくんでしょうね。
原作最終巻の最後だけ読んだのですが、違う終わりかたしてますね。

この世には誰も観たことが無い、誰もが欲しがるけれど、簡単には手に入らないものがある。しかしそれはいつかは誰かが見つける。手に入れるべき、たった一人の人間が、ちゃんとそれを見つけられる。そういう風に出来ている。


感想
ということで最終回を迎えました「とらドラ!」。面白かったとは思うけど、先週の駆け落ちの一件ですっかり冷めてしまった私としては、それほど楽しめませんでした。竜児や大河、櫛枝が何を言ってもどうでもよく感じる位に。亜美や木原は良かったんですけどね。

全体としての感想は、個人的には非常に惜しい作品だったと思います。前半はかなり楽しめましたし、所々の恋愛に関する考え方も興味深かった。けれども学園祭以後の展開は心から楽しいものでは無かったです。どんどんじれったくなるし、櫛枝が嫌なキャラに見えてくるし、何だか笑えない展開も待ってるし。

いつの間にか「ラブコメ」から若干リアルと言うか、シリアスな展開が多めだったように思える。それが良いのかもしれないけど、私は嫌いでした。嫌いと言っても、会長の話や、砕けた星の話辺りは良かったし、毎週観て感想書いてたので、「まぁいっか」程度だった。先週までは。
そこへ駆け落ち展開が来たから、もう駄目でした。ギャグにしか思えなかった。あのまま本当に駆け落ちしていたら、青春真っ盛りというかただの馬鹿にしか思えない。「ラブコメ」だけどさぁ・・・

誰が言ったかはともかく、今回の櫛枝の星の話。そして見えないものと見えるものに関する語りは面白かったです。そういう考えもあるのかと思いましたし、この作品で一番面白かったかも。

何だか本当に好きと嫌いのどっちにも取れる作品でした。正直、「面白かった」という私もいれば「冷めた」という私もいる。かと言って「普通」でも無い。評価が難しい作品です。

キャラは亜美、木原、春田の3人が良かったです。素直になれてない3人のヒロインの内、何となく応援したくなるのが亜美だけでした。木原は素直だったので好きです。春田は最後まで笑わせてくれましたw


ともあれお疲れ様でした。
『アニメ』 ジャンルのランキング
コメント (6)   トラックバック (51)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 聖☆おにいさん | トップ | 俺の歌を聴・・・ゲホ »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (鹿野苑)
2009-03-26 13:46:41
確か主題歌は堀江由衣さんでしたっけ? バニラソルトでしたよね?
鹿野苑さんへ (アル)
2009-03-26 18:47:35
こんばんは。

>確か主題歌は堀江由衣さんでしたっけ?
そうです。「バニラソルト」は中ごろにかけてのEDでした。後期主題歌の「silky heart」も堀江さんですよ。
Unknown (yadoroku)
2009-03-26 23:02:07
ひるドラ化した後半は春田が唯一のオアシスでした。
私も亜美・木原・春田、あと能登が好きでしたね。
能登と木原の小説での別話が出てくれたら良いんですが。
yadorokuさんへ (アル)
2009-03-26 23:20:49
こんばんは。

春田には本当に救われました。まさか彼女が出来るとは思ってませんでしたが(笑

>能登と木原の小説での別話が出てくれたら良いんですが。
能登も良いキャラでしたね。真面目そうだけど、恋愛に関しては春田より鈍そうだったり、自分の思いに気づいて照れまくっていたり。あの2人がどうなるのかは確かに気になります。そこだけでも読んでみたいですね。
ひるドラ!? (ノーズ)
2013-02-06 19:05:30
今月の2日に、キッズステーションにおける本作の再放送が完結しましたので、総合感想を述べたいと思います。

「竜児は私のだー!!!」発言のあった回(8話だっけ?)から視聴を始めました。

最初はお互いの片思い相手との仲を応援しあっていた竜児と大河。しかし結局は、自分達2人が惹かれあっていく…。
この展開は読めたとはいえ、やはり実際に観てみるとワクワクするものです。あ、原作だと竜児と大河は、このあと無事結ばれたみたいですね、おめでとう!

驚いたことといえば、みのりんの変貌ぶりです。
最初はコミカルキャラで結構愛嬌も感じましたが、文化祭のエピソードを境にシリアスな場面も見られるように…。やかまし要員がシリアスモードになるとどうなるか?よーく勉強になりました。

他のこの手のアニメに比べ、放送回数が長めにとられたせいか、じっくりと青春恋愛模様を観察できましたね。私的には、良いアニメでした!

余談:キッズステーションの「流星人間ゾーン」の後番組は、74年に放送されたアクションドラマ「闘え!ドラゴン」とのこと。
個人的には「白獅子仮面」や「七星闘神ガイファード」のほうが良かったですが…。まぁ、楽しみに放送を待ちます。
ノーズさんへ (アル)
2013-02-06 20:10:32
こんばんは。自分でも懐かしい記事ですね・・・こんな風に感想書いていたんだなぁと。

>この展開は読めたとはいえ、やはり実際に観てみるとワクワクするものです。あ、原作だと竜児と大河は、このあと無事結ばれたみたいですね、おめでとう!
結ばれるのは良いのですが、私としては24話の竜児の、親に対する台詞に納得がいきませんでした。最近放送されたアニメでも、似たような思いを抱いています。

>最初はコミカルキャラで結構愛嬌も感じましたが、文化祭のエピソードを境にシリアスな場面も見られるように…。やかまし要員がシリアスモードになるとどうなるか?よーく勉強になりました。
あれが本当の姿なのかもしれませんが、傍目には随分と変わりましたね。ムードメーカーだった頃が懐かしい・・・

>他のこの手のアニメに比べ、放送回数が長めにとられたせいか、じっくりと青春恋愛模様を観察できましたね。私的には、良いアニメでした!
私はこの作品だけはどうしても受け入れられないので、以前コメントを返信した時に視聴意欲を削いでしまったのではないかと思っていたのですが、楽しまれたようで何よりでした。

>余談:キッズステーションの「流星人間ゾーン」の後番組は、74年に放送されたアクションドラマ「闘え!ドラゴン」とのこと。個人的には「白獅子仮面」や「七星闘神ガイファード」のほうが良かったですが…。まぁ、楽しみに放送を待ちます。
ガイファードは「見た目がグリッドマンっぽいヒーロー」という印象があります。本編はいずれも知らないので、何とも言えませんが(汗。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

51 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
とらドラ! 第25話 「とらドラ!」 (空色きゃんでぃ)
家族ってすごい! どれだけぶつかっても壊れない。 もう1度、やり直せる。 友達も、恋人も、そうやって家族になっていくんですね。 だ...
とらドラ! 第25話(最終話) 「とらドラ!」【感想】 (失われた何か)
「そういうふうにできている」 とらドラ!のアニメはこれにて終了。お疲れ様でした!! いやぁ過不足無いすっきりした展開でこれは良...
とらドラ! 第25話「とらドラ!」 (SERA@らくblog 3.0)
手に入れるべきたった1人だけが見つけられるようにできている――。 急展開の前回でどうなるのかなって思ったらキレイにまとめて終わりまし...
「とらドラ!」第25話(終) (日々“是”精進!)
  第25話「とらドラ!」(終)ある事情から二人きりで家出をした竜児と大河は、地方にある泰子の実家を訪れる。そこで祖父母たちに温かく迎えられ、考えを改めた竜児は、大河とともにひとつの誓いを立てて、東京の高須家へ戻ることに。翌日、帰宅した大河は、携帯電話...
とらドラ! 第25話 (Brilliant Corners)
最終回でした すごくいい最終回でした 大河自身の「気づき」があり、彼女がそれに促
とらドラ!第25話(最終回)「とらドラ!」 (日常と紙一重のせかい)
そして未来へと歩き出す… 遂に最終回がやってきました。 とらドラ!第25話(最終話)「とらドラ!」の感想です。
とらドラ! 最終話「とらドラ!」 (MAGI☆の日記)
とらドラ!の第25話を見ました。とらドラ・ポータブル!超弩級プレミアムBOX最終話 とらドラ!竜児と大河は家に戻ると、泰子が置手紙と腕時計を残してインコちゃんと共にいなくなっていた。竜児は大河を連れて地方にある泰子の実家を訪れていると、嘘に騙されて慌てて泰子....
とらドラ! 第25話(最終話) 「とらドラ!」 (Shooting Stars☆)
そういう風にできている。いよいよ最終回…良い終わり方だったよ! とらドラ! 第25話(最終話) 感想
とらドラ! 第25話 最終回 感想 (荒野の出来事)
 とらドラ!  第25話 『とらドラ!』 感想    冒頭からやってくれるのが最近のアニメ!  −キャスト−  高須 竜児:間島淳司 ...
【最終話】とらドラ! 第25話「とらドラ!」 (よう来なさった!)
「トラとリュウは並び立つ」とは2話のラスト辺りのシーンですよね。あの状況や雰囲気からして、そこまで言って友達同士という設定は無理があるだろうと、トラどら!というアニメにドン引きした、ある意味思い入れ深い懐かしいシーンですw
とらドラ! 第25話(終) (まぐ風呂)
[関連リンク]http://www.starchild.co.jp/special/toradora/第25話 とらドラ!いよいよ最終回一体どういう最後を迎えるのでしょうか?竜二が危篤らしいという連絡を受けて急いで実家へ向かう泰子そ...
とらドラ! 第25話「とらドラ!」 (日記・・・かも)
ついにとらドラ!も最終回。 果たして、どんな展開が待っているのでしょうか。
とらドラ! 第25話 「とらドラ!」 最終話 (アニメ感想) (アニメ・コミックだーいすき♪)
最終話はどうやって終わるのか気になっていたのですが、綺麗にまとめられていて良かったです♪ とらドラ!には、最初から最後まで大河のツ...
とらドラ! 第25話 「とらドラ!」 感想 (wendyの旅路)
虎と竜は並び立つもの―
アニメ とらドラ! #25 とらドラ! (だい亜りー)
とらドラ! ああもう、何でこんなにセンスが冴え渡っているのだろう。 アニメとらドラ!というのは非常に批評的な性格の強いアニメなのだと思う。 二人の関係性を巧みに原作の本筋か...
とらドラ! 第25話 「とらドラ!」 (リリカルマジカルS)
「イ、イ、イ、イ、イ、イ・・・インコちゃん♪」 つ、ついに自分の名前を言えたwww 長い道のりだった(つ∀`)
とらドラ! 25話(最終話) 「とらドラ!」 感想 (マナヅルさん家)
とうとう最終回を迎えた「とらドラ!」 アニメ最終回は原作とはかなり違った展開。 まず何よりもインコちゃんが自分の名前を喋りやがった笑
とらドラ! 第25話(終) (ニコパクブログ7号館)
第25話『とらドラ!』とらドラ! Scene3(初回限定版) [DVD]ついに、とらドラ!も最終回です。
とらドラ!第25話「とらドラ!」感想 (物書きチャリダー日記)
最終回。長かった2クールが終わる・・・。とらドラ!2初回限定版早速感想。めでたしめでたし!・・・って今期のアニメの最終回を見ていて一番感じた。なんせ竜児と大河を見ているとハラハラしてしょうがなかったからね、終盤は。しかし最後はちょいと詰め込みすぎた感じ....
とらドラ! 第25話 とらドラ! (Ηаpу☆Μаtё)
この気持ちは壊れない!
とらドラ! 第25話「とらドラ!」 (ミナモノカガミ)
約束の二人。
アニメ とらドラ! 最終回 感想 (soraの奇妙な冒険00R2 〜今にも堕ちてきそうなsoraの下で〜)
アニメ とらドラ! 第25話 『とらドラ!』 感想。原作未読。 皆の未来に幸あれ!!。
とらドラ! 25話 「とらドラ!」 (穹翔ける星)
タイガー&ドラゴン!
とらドラ! 第25話(最終回) 『とらドラ!』 (感想) (アニメ-スキ日記)
「いい亜美ENDでしたw」 「分かってくれる人が一人でもいたらきっと大丈夫なんだ
とらドラ 第25話 『とらドラ!』 (アニパソチャンネルEX)
今回がとらドラの最終回でした〜とうとう楽しかったとらドラもこれで終わってしまうとなるとなんだか寂しいです・・・ やっちゃんとはすぐ...
とらドラ! 第25話「とらドラ!」 (「ミギーの右手」のアニメと映画)
居なくなったやっちゃんに竜児がケガしたとオレオレ詐欺まがいの留守電 あ〜〜これがホントのとらドラ詐欺!! 竜児の親父はやっちゃんが言うほど人間できてなく(最初からできてないって?) 竜児がお腹の中に居る時に別の女と逃げたらしい ・・・・この家系はみん...
とらドラ! 第25話 (最終回) 「とらドラ!」 感想 (メルクマール)
サブタイトルどおり、「とらドラ!」な最終回でした。とらドラ! 第25話 「とらドラ!」 の感想です。(すみませんクドいです…) 竜児...
とらドラ! 第25話 とらドラ! (あにめ漬け)
ついに最終話。 竜児が命に関わる事故に遭ったという嘘の電話で やっちゃんが慌てて実家に帰ってきました。 両親と和解できてよかったです。 しかし、やっちゃんは結婚してなかったんですね。 竜児が父親に似なくて一安心。 アバウトすぎるやっちゃんママに同...
とらドラ! 第25話 「とらドラ!」 (たどたどしい日々)
とらドラ! Scene 1 (通常版) ¥6,804   ある事情から2人きりで家出した竜児と大河は、地方にある泰子の実家を訪れる。そこで祖父母たちに温かく迎えられ、考えを改めた竜児は、大河とと
とらドラ! 第25話(最終話) 「とらドラ!」 (アニメイズム)
竜児と大河が訪れた泰子の実家には、初めて会う祖父母、そして竜児の計画にまんまと乗せられ、十数年ぶりに実家の敷居をまたぐことになった泰子が待っていた……。 その晩、竜児と大河は祖父母や大河の両親、仲間たち、みんなに祝福してもらえるような幸せを築こうと誓い...
とらドラ!【最終話】「とらドラ!」 (チェルキエット⌒ぱすてる)
「俺は竜。おまえは虎。 虎と竜は、昔から並び立つって決まってる。 たとえ今ここに居なくたって、距離も時間も飛び越えて、 いつも傍らに...
とらドラ! 25話 (ニート的暮らしのススメ)
ついに最終回を迎えてしまいましたとらドラ! 私は先週終わりかと思っていたので先週その覚悟だったんですけどねw さてさて最後にどんでん返しはあったのか!?
とらドラ! 第25話 最終回 「とらドラ!」 感想 (独り言の日記)
 前回は、大河と竜児は両方の母親から逃げ出す為に駆け落ちするという急展開となった。  竜児が18になって、大河と正式に結婚出来る大人になるその日までに逃げ続ける。 そういう風になりかけていた。    だけど竜児は、逃げ続けて18になっても大人に...
とらドラ! 第25話 とらドラ! (つれづれ)
 親離れしていくお話かと思っていたら、その辺は全然変わらずです。子供っぽいことをした2人がちょっとだけ成長したお話でした。でも、大河の見た目、身長は・・・。
『とらドラ!』第25話 (うかばれないもの)
JUGEMテーマ:漫画/アニメ 嘘をついて泰子さんを呼び出すのはどうかとも思ったけど、それで2世代に渡る親子関係が修復されたのなら結果オーライ。祖父に叱られている自身の母親を見て、竜司は大人になることの意味を何となく理解したんでしょうかね。みんなで幸せになろ...
とらドラ!第25話「とらドラ!」 (アニメのストーリーと感想)
 実乃梨から自分の想いを明かすように迫られた大河。それを言ったら関係が壊れてしまうと思いどうしても答える事が出来ず、パソコン教室から逃げ出した。自分の気持ちをはっきりさせるべく追い掛けると宣言した実乃梨。竜児はどうするのか尋ねられ、悩んだ末に一緒に追い...
(アニメ感想) とらドラ! 第25話 「とらドラ!」 (ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人)
とらドラ! Scene3(初回限定版) [DVD]クチコミを見る 大人の勝手な言い分に振り回され、とうとう駆け落ちを決めた2人。結婚して大人になれば誰にも文句は言われない。しかし家に荷物を取りに行った竜児は泰子が荷物をまとめて何処かに逃げた事を知る。そして竜児は逃げ...
とらドラ! 25話 竜と犬 (ハヤテのごとく!に恋してるっ!?)
いよいよ最終回となりました とらドラ! 竜児を追いかけてきたやっちゃん 両者久々の面会 家族が揃うのですからそれ以上に幸せな事...
とらドラ! 最終話「とらドラ!」感想 (八月の鍵)
とらドラ! 第25話「とらドラ!」の感想です。
とらドラ! 第25話 とらドラ! / CLANNADバスターズ! (Time of bliss - ゲーム音楽・関連イベントの記録)
■とらドラ! 第25話 とらドラ! 岡田麿里さんGJすぐる。 竜児とやっちゃんの...
とらドラ! 最終回25話「とらドラ!」 (新しい世界へ・・・)
泰子は竜児が重傷を負ったというウソで呼び出された。 説教されながらも両親と和解したようです。 煎餅には手を出すのね(^^; とらドラ! ...
とらドラ! 第25話(最終回)「とらドラ!」 (無限回廊幻想記譚)
逢坂大河が高須泰子の留守番電話に残した高須竜児が命に関わる事故にあったという嘘の情報に、姿をくらましていた泰子は信用して祖父の下に慌てて駆けつけてきた。泣きわめきながらも、竜児の無事を喜ぶ泰子は、久しぶりの再会となった祖父に激しく怒るられながらも、暖か...
とらドラ! 第25話(最終回)「とらドラ!」 (全て遠き理想郷?なブログ)
第25話あらすじ 竜児と大河が訪れた泰子の実家には、初めて会う祖父母、そして竜児の計画にまんまと乗せられ、十数年ぶりに実家の敷居をま...
とらドラ! 第25話(最終回) 『とらドラ!』 (LilyIRIS-Noteξ夢の果てまでξ)
■とらドラ!公式HP/とらドラ!トラコミュ 『竜児くん・・・大きくでっかく育てたね〜』 和解つД`)・゚・。・゚゚・*:.。..。.:*・゚ 竜...
とらドラ! 25話 (烏飛兎走)
    おしまい ホラ、お前よりずっとでかいぞ・・俺。誇れよ。(゚∀゚)ノキュンキュン!竜ちゃん、かっけーな。やっぱ男の子だ嘘言ってやっちゃんを実家に呼び寄せ、どっちも仲直り無事完了。    ヨカタ・・・せんべいに手を出そうとして、ジイちゃんひっぱたかれ....
とらドラ! 第25話 「とらドラ!」 感想 (新・天の光はすべて星)
とらドラ! Scene4 (初回限定版) [DVD]クチコミを見るとらドラもついにフィナーレ。涙した人もいれば、死にたくなった人もいることでしょうwww残念ながら自分は不満が残る部分がありましたが、良い最終回だったと思います。やっちゃんの両親の家に前回来た竜児と大河。...
とらドラ! 第25話 「とらドラ!」 最終話 (感想) (アニメサークル)
とうとう終わってしまいましたが、なかなか綺麗な終わりかたでしたね。 正直見始めた時はここまでおもしろく、期待させられる作品だと思...
とらドラ! 第25話 「とらドラ!」 最終話 感想 (アニマニの部屋)
何だかんだと2クールの間、とらドラ!にはとても楽しませていただきました。 最終回もまとめられていて良かったと思います。 大河の生...
とらドラ! 第25話(最終回) (Ar的マウケルーム)
そんな風に、できている。とらドラ! 第25話 「とらドラ!」(最終回)ついに最終回です。恋、友情、家族、そういった物が全て垣間見れた気がします。竜児はやっちゃんに事故と嘘をついて実家に連れ戻そうと考えました。竜児のために今まで顔も出せなかった実家に慌てて飛...
とらドラ! 最終回「とらドラ!」 (明善的な見方)
とらドラ! Scene1(初回限定版) [DVD](2009/01/21)釘宮理恵間島淳司商品詳細を見る並び立った虎と竜は…
とらドラ! 第25話『とらドラ!』(最終回) (風庫~カゼクラ~)
今まで原作に忠実な流れを辿っていたとらドラ! 最終回にきてまさかのオリジナル展開とはヤラレタ~!! …最終回だってぇのに録画ミスった(大泣) とらドラ! Scene4 (初回限定版) [DVD]釘宮理恵, 間島淳司, 堀江由衣, 野島裕史, 長井龍雪キングレコード 2009-04-22by G...