ひびレビ

特撮・アニメの感想や、日々のことを書いてます。

アマガミSS+plus 第13話(最終回)「橘美也編 オンセン」

2012-03-30 07:03:06 | 2012年アニメ
アマガミSS+plus 第13話(最終回)「橘美也編 オンセン」

クリスマスも近い休日。美也は七咲や紗江と一緒に温泉に行く事に。オープン記念で女性無料キャンペーン中。男子禁制ということですが、純一は七咲や紗江を想像してデレデレwそして美也を想像してガッカリw
そんな兄の事を往来で話しつつ、3人は温泉へ。そこには美也たちだけではなく、森島先輩、ジェシカ、響が3人でやってきていた。響はつまり森島先輩2人分を相手にするという事か・・・(汗。

既に梨穂子も香苗と来ており、体重計に乗ってショックだった様子。普通の温泉に入って紗江のふかふかを堪能した後は、胸が大きくなる効能の温泉へ。更に森島先輩たち3人も訪れる。が、森島先輩達を見てショックを受け、美也と七咲を見て安心し、紗江を見て驚愕しているのは、既に長く入っていた絢辻さんと薫でしたw薫がいると知って出ようとした絢辻さんでしたが、何だかんだで入ることになっていたようで。
当然、「ちょっと中多さん、あんたはもう十分でしょ!」と怒る薫と、森島先輩に面白そうな温泉を紹介する絢辻さん。2人の言動からこの温泉の効能を見破った響は、紗江を連れて4人で別の温泉へ。「頑張りなさい、七咲!」何言ってるんすか先輩ww
一方の梨穂子&香苗は魚に古い角質を食べてもらっている最中。余分な物を食べてくれると知るや否や、足だけでなく全身の余分な物を食べてもらおうとする梨穂子。

その頃休憩所では田中さんと上崎が好きな人についての会話中。「初めて会ったのに他人の気がしない」との事ですが、そりゃ中の人的には当然というか何というかw
美也は若返りのサウナで若返りに熱意を燃やす高橋先生と出会い、七咲は謎のラーメンの湯に入り、絢辻さん&薫は入りすぎてのぼせ、響たちは可愛らしいミルク風呂を堪能。七咲、絢辻さん、薫、梨穂子、香苗はマッサージもしてもらい、その最中、梨穂子が純一と一緒にお風呂に入ったと言った事で動揺する3人。が、当然小学校低学年の話。見抜いていたのは香苗だけでしたw

帰宅した美也はとある温泉の素を純一にプレゼント。それを使って風呂に入った純一は、何と上がってくるなりきれいな純一になり、いきなりお宝本やビデオを借りてる梅原の分まで捨てると言い出した。その湯は禁欲の湯。でも美也は元の兄の方が良いようでw


感想
美也は可愛いなぁ!と、いうわけでメインヒロイン6人だけでなく、上崎や田中さん、更には先生にジェシカ、最後には純一の風呂シーンまであった最終回。でも茶道部の先輩2人の登場は一瞬過ぎるだろww
これまであまり見られなかったヒロイン同士の絡みが見られるのは面白いですね。上崎と田中さんが何となく嬉しかったです。後一瞬で事情を把握する響が半端ない件について。後輩を応援したり、ミルク風呂を気に入っていたりと、今回も響が見られて良かったです。そういえば薫と絢辻さんが執着していた温泉を見て、進化云々の温泉を思い出しました。

さて、最終回を迎えたアマガミSS+plus。正直2期は何をやるのか検討がついていませんでしたが、各ヒロインとも良い後日談が描かれていたなぁと。安定の絢辻さんから始まり、梨穂子もようやく結ばれて、さすがの森島先輩で締める。出来れば上崎編も欲しかったところですね。あと番外編で田中編とか、塚原編ってのは無いんですか!?

2期も楽しく視聴させてもらいました。ありがとうございました!
『アニメ』 ジャンルのランキング
コメント   トラックバック (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 新入社員は忙しい? | トップ | 戦姫絶唱シンフォギア 第13... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

2 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
アマガミSS+ plus 第13話(最終話) 「橘美也編 オンセン」 (二次元アニメ)
最終話は橘美也編で純一に彼女が一人もいないストーリーらしく恋愛模様ではなくてサービス回でした、純一の欲望を忠実に再現した話とも言えますが美也の欲望の方が爆発していましたね、 特に親友の紗江ちゃんの豊満な胸がお気に入りのようだけど確かにウェスト辺りをツー...
アマガミSS+plus 第13話(終) (Shooting Star☆彡)
アマガミSS+plus 第13話  『橘 美也 編 オンセン』 みゃーの可愛さ満点!  主要キャラ全員出場の神回でした♪