ひびレビ

特撮・アニメの感想や、日々のことを書いてます。

仮面ライダーエグゼイド 第31話「禁断のContinue!?」

2017-05-14 09:39:55 | 仮面ライダーエグゼイド
仮面ライダーエグゼイド 第31話「禁断のContinue!?」

 自ら新檀黎斗を名乗る黎斗は「謝罪するようなことなどした覚えが無い」と、相変わらずな一面を永夢たちに見せていた。黎斗はバグスターとの戦闘に向かったエグゼイドに協力するでもなく、永夢を狙って現れたパラドを削除するべく、ゲンムに変身して勝手に戦い始める。レベルの差は歴然だったが、ゲンムは触れたもののレベルを下げるウイルス抑制機能、更には禁断のコンティニュー機能を有しており、パラドは一時撤退していくのだった・・・

 チャーリーバグスターに立ち向かったのは、仮面ライダークロニクルで息子を亡くした母親だった。そんな母親を勇敢だと評する黎斗に、永夢は家族を失った人の気持ちが分かるのかと厳しい視線を向ける。
 そんな時、ポッピーは自分が黎斗の母・檀櫻子から誕生したバグスターであることを思い出し、みんなにそれを打ち明ける。黎斗は母親にバグスターウイルスを感染させることで直前のデータを保存し、母を永遠に失いたくなかったのではとポッピーは推測するが、黎斗はその問いかけに明確な答えを返さない。

 しかし、消滅した人間のデータが保存されているのもまた事実。飛彩はオペだと偽って仮面ライダークロニクルの攻略に手を出していた。それに気づいた大我に飛彩は「笑いたければ笑え」というが、ニコは「大我が笑うと思う?」と告げる。大我は飛彩を笑うことなく、仮面ライダークロニクルを終わらせるためにゲンムを利用するのも手だといい、飛彩にはクリアした先にあるものを確かめろと告げる。

 一方、命の大切さを理解していない黎斗のような人間は病院にいてはいけないと永夢。黎斗は永夢らドクターには不可能な医療を成し遂げているだけだといい、意見は食い違うばかり。
 黎斗はまたしても勝手にパラド削除へと赴くが、直後にポッピーからの制裁を食らってしまう。ポッピーはそこで生みの親である黎斗に感謝の言葉を告げる。
 迫りくるパラドクスの攻撃から黎斗を守るべく、彼を抱きしめるポッピー。その時、黎斗にポッピーの心臓の鼓動が、母との思い出が伝わってきた。「私が生み出した命だ!」とライフを1つ消費してポッピーをかばう黎斗を見た永夢は、黎斗が得たのは命ではなく罪を償う機会であり、共に戦う義務があると告げる。
 
 永夢は黎斗を一生許すつもりは無い。それでも今は仮面ライダークロニクルの攻略、打倒パラドのために2人のマイティが並び立つ!
 「ノーコンティニューでクリアしてやるぜ!」
 「コンティニューしてでもクリアする」
 2人のマイティは即席の連係プレーでパラドクスを圧倒。ゲンムの力によりレベルを下げられたパラドクスは撤退を余儀なくされ、ゲンムの手にはデンジャラスゾンビガシャットが戻るのだった。

 ポッピーの進言もあり、仮面ライダークロニクルの件が解決するまでは黎斗の件に目をつぶることとなった一同。そんな彼らに対し、黎斗からはドレミファビートのクリアの証、2つ目のガシャットギアデュアルβ、「消えた人間のデータは感染したウイルスと同じプロトガシャットに保存されている」という情報がもたらされる。

 大我たちの活躍により、上級ステージに挑むためのガシャットロフィーは揃った。4人のライダーはいよいよ上級ステージへと駒を進めることになり・・・


感想
 新檀黎斗、謝罪するような事をした覚えが無い、満面の笑みで土管からの復活・・・何でしょうね、凄く厄介で面倒な存在で、いつ裏切るとも知れず、復活しない方が良いに決まっているのに、出てきただけでこうも面白いことを次々とやってくれると復活を歓迎したくなります(笑。

 黎斗復活により、次々と新しい情報やアイテムがもたらされた今回。ニコには飴が渡されていましたが、口では悪態をつきつつ顔はニコニコなニコが可愛らしかったです(笑。
 ゲンム・レベル0はフィールド内でのバグスターウイルス抑制のみならず、触れた相手のレベルを下げるうえに、最初からライフ99個の残機有りという、レベルの低さが気にならないほどの能力を有していました。今回二度倒されましたが、それでも残機は97。おまけにデンジャラスゾンビガシャットが戻ったことにより、次回はゾンビゲーマーに変身する模様。残機ほぼMAXのゾンビとか、どうやって倒せば良いんでしょうね・・・
 ともあれ、味方としては頼もしい限り。パラドクス・レベル99も触れているうちにどんどんレベルを下げられていましたし、一度変身解除すればレベルが元に戻るとはいえ、この能力は脅威でしょう。しかも相手は何度倒しても復活してくるわけですから、じわじわとレベルを下げられ、疲労もたまる・・・何とも嫌らしい相手です(汗。

 反省の色が全く見えない黎斗でしたが、ポッピーから感じた命の鼓動により、少しはマシにまった模様。ポッピーは黎斗が母親にウイルスを感染させた件について、母親のデータを残したかったのではないかと考えていましたが、多分その考えが当たっていたのでしょう。ポッピーは言わば母親の生まれ変わり。母を二度も亡くしたくないという思いが、黎斗を動かしたのかもしれません。

 そんな黎斗に振り回されまくる一同。永夢はいつになく険しい表情を保ったままでしたし、黎斗を一生許すつもりは無いと断言していました。それでも、ポッピーを通じて「命」というものを感じた黎斗には更生の余地があると感じたのか、共闘することに。最終的な目的は違っても、やることは同じ。これまで敵同士だった2人のマイティの見事な連係プレーは非常にカッコよかったです。黎斗もゲームマスターだけあって、エナジーアイテムの使い方も見事でしたね。
 まぁエグゼイドのアーマーはどこに行ったのかは気になりましたが(汗。アーマーを着なくてもレベル99の状態なんですかね?

 黎斗からもたらされた情報により、消えた人が生き返るかもしれないという可能性にすがり始めた飛彩。そんな彼を大我は笑うことなく、クリアした先にあるものを確かめろと言葉をかけていました。
 飛彩の恋人・小姫を救えなかったことは大我にとっても心残りでしょうし、亡くなった大切な人を蘇らせたいという気持ちを笑うことは誰にもできないでしょう。
 ドクターとしては死んだ人間の蘇生は否定するべきところであっても、鏡飛彩個人としては蘇る可能性を信じたい。そんな飛彩の気持ちを汲み取った大我がカッコよかったですね。

 黎斗登場によりブレイブ・レベル50、スナイプ・レベル50の共闘が可能になったところで、次回はまたしても決戦の模様。最近最終決戦めいた雰囲気が漂いまくりですが、どうなるのだろうか・・・全員生き残るかはお約束できないという、不穏なメッセージもありましたし・・・
ジャンル:
特撮
コメント (2)   トラックバック (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 宇宙戦隊キュウレンジャー ... | トップ | たまの見逃し »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
コンテニューしてでもクリアする! (いけやん)
2017-05-14 14:22:25
黎斗、やられてもすぐにフッカーツ!
…土管から現れるのですね。某配管工のヒゲ親父もビックリですがな(´・ω・`)

やはりポッピーが乗っ取った人間は黎斗の母親でしたか。病気で死期が近かったのもあり、黎斗が故意にデータ化を…。
黎斗の理論通りなら、本当にゲームオーバーになった人間をコンティニューして復活させられるのかもしれません。
でも人間は本来、ゲームみたいにほいほい生き返れない。そこが永夢と黎斗の思想が決して相容れない部分。

でも現実でも人間の記憶をデータ化したり、姿を立体映像化させたり…という技術が確立されつつあるんですよね。
亡くなった俳優の姿や声のデータを使って映画を作る…などということもできてしまうと聞いたことがあります。
でもそれは倫理的にマズい気がするんですよね。
黎斗のやろうとしていることはそのさらに上を行く…記憶も再現できる、ある意味死者蘇生。
それを自在に実行する権利を独占できれば、まさに文字通り「神」ですね(冷汗)

ポッピーをパラドクスの攻撃から庇ったところはカッコよかったです。
「コンテニューしてでもクリアする! 」
このセリフだけ抜き取ったらイマイチしまらないのですが、この状況においては何度倒れようが必ず敵を倒すという執念と決意を感じ取れます。
ゲンムとエグゼイド、いい感じの初共闘でした。

>アーマーを着なくてもレベル99の状態なんですかね?
ガシャコンキースラッシャーを使い続けられているので、おそらくそうでしょうね。
前回も永夢が敗北したときに「同じレベル99なのに」と発言していましたし。
外見が同じなので分かりづらいですが。

「仮面ライダークロニクル」を攻略するまでは黎斗の罪に目をつむるということで一致したライダー陣営。
デュアルガシャットβが2つに!
残るは上級バグスターとラスボス。次回は…早くも最終決戦!? 提供の柱によると、「全員が生き残れるかお約束できません」…ですか(滝汗)
「最恐の敵」クロノス登場! …次回予告を見る限り、コイツの正体は黎斗の父親かも…?
ライダー陣営の味方にはならなさそう。問題はバグスター側に付くのか、それとも第三勢力になるのか。
いけやんさんへ (アル)
2017-05-15 07:45:30
おはようございます。

)このセリフだけ抜き取ったらイマイチしまらないのですが、この状況においては何度倒れようが必ず敵を倒すという執念と決意を感じ取れます。
限りある命を大事にしつつ戦おうとする永夢と、何度倒れても立ち上がる黎斗の比較になっているセリフでしたね。

)外見が同じなので分かりづらいですが。
装備は初期でも、レベルは99という考えなのかなとは思っていますが、見た目に何かしらの変化は欲しいところですね。

)ライダー陣営の味方にはならなさそう。問題はバグスター側に付くのか、それとも第三勢力になるのか。
第三勢力になるとすれば、それだけの理由が必要ですね。人間にもバグスターにも味方しない理由とは一体・・・

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

4 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
仮面ライダーエグゼイド 第31話「禁断のContinue!?」 (MAGI☆の日記)
仮面ライダーエグゼイドの第31話を見ました。 第31話 禁断のContinue!? 「何であなたが生きているんですか?」 「私はゲームマスター、万が一自分がゲームオーバーになった時......
禁断のContinue!? (いけやんのお部屋なの~♪(^▽^))
仮面ライダーエグゼイド 第31話「禁断のContinue!?」 コンテニューしてでもクリアする! あらすじ エグゼイド:マキシマムゲーマーレベル99 ゲンム:アクションゲーマーレベル0 (......
今日の仮面ライダーエグゼイド 第31話 (地下室で手記)
「禁断のContinue!?」 黎斗はポッピーピポパポの部屋を勝手に模様替え、壇黎斗という名を捨て新壇黎斗と改名するなどやりたい放題。 永夢は黎斗が生きている理由を知りたがると、......
仮面ライダーエグゼイド 第31話 「禁断のContinue!?」 (くにづくり日記まーく99(仮))
こんばんは。 今日は、仮面ライダーエグゼイドの感想です。 今週は、社長が死んだり