さんぽみちプロジェクト

さんぽみちプロジェクトの記録。
和歌山新報で日曜日一面に連載中の「WAKAYAMA NEWS HARBOR」と連携。

「小豆餅と銭取」 450年語り継がれる物語

2017-04-23 17:19:22 | WAKAYAMA NEWS HARBOR
前号では「三方ヶ原の合戦」から浜松城への敗走中、空腹を覚えた家康が立ち寄った餅屋に由来する「小豆餅」という町名について取り上げた。
町名になるほど語り継がれるのにはわけがある。餅屋の店主であった老婆の行動がそれを物語る。
今週は地域で語り継がれる物語を紹介したい。

時は「三方ヶ原の合戦」が終わった直後。武田軍の追手が迫り、食べかけた小豆餅を置いて代金を払わず馬に乗り逃げ去った家康。様子を察した店主は代金を貰うことを諦めるであろうが、この餅屋の老婆は違った。いかなる場合でも代金を貰おうと逃げた家康を追ったという。

逃げた家康を老婆が発見したのは、餅屋から南へ約2㎞の地点だった。すかさず老婆は家康から銭を受け取ったという。
まさにその場所が「銭取(ぜにとり)」という名で現在も呼ばれている。小字としての地名であったが住居表示に伴い「小豆餅」のような町名こそ残ってはいないが、現在もバス停の名称として存在している。


【写真】バス停の名称として残る「銭取」

地元の観光ボランティアによると「実話ではないかもしれないがロマンのある話」という。
実際のところ合戦の最中に餅屋が営業することは考えづらく(地域の人々は身を隠すか合戦に動員されていた)、合戦の死者を弔うため小豆餅が供えられたことから「小豆餅」、たびたび山賊が現れ銭を取られたことから「銭取」として町名や小字として残ったのではという説もあるらしい。

実際のところはわからないが、合戦の歴史を伝えるエピソードとして作られた物語が「小豆餅と銭取」として、450年もの年月をかけ今なお語り継がれていることは事実。地域の人々の家康への思いの強さを感じた。

(次田尚弘/浜松市)

ジャンル:
文化
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 三方ヶ原の合戦に由来 町名... | トップ | 家康公の反撃「布橋」 語り... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL