さんぽみちプロジェクト

さんぽみちプロジェクトの記録。
和歌山新報で日曜日一面に連載中の「WAKAYAMA NEWS HARBOR」と連携。

「新居関所」と国道42号 紀州藩の御用宿が残る宿場町

2017-07-23 17:25:24 | WAKAYAMA NEWS HARBOR
前号では東海道三大関所「気賀関所」と、開設から明治維新まで12代に渡って関所を管理した近藤氏と紀州徳川家との歴史を取り上げた。
今週はもうひとつの三大関所である「新居(あらい)関所」を紹介したい。


国の特別史跡「新居関所」

「新居関所」は慶長5年(1600年)幕府直轄の重要な関所として設けられた。
浜松市の西隣、浜名湖の河口を挟んだ湖西市に位置する。
高潮や東海地震の津波被害を受け2度移転するも、安政5年(1858年)に再建された建造物は学校や役場の庁舎として使われ現存。
当時の建物が残る日本で唯一の関所として、大正10年(1921年)国の史跡に登録。
昭和30年には国の特別史跡に指定。渡船場の石垣や柵、大御門などが復元され、東海道の要所として風格ある佇まいが特徴。

関所近くの「新居宿 旅籠紀伊国屋」は元禄16年(1703年)に開業した紀州藩の御用宿となった旅籠屋。
昭和30年代に廃業されるまで250年に渡り営業を続け、現存する建物は明治7年築。館内は資料館になっており、当時の東海道の賑わいや文化を紹介している。

浜名湖を渡るとすぐ浜松市。以前、本コーナーで取り上げた国道42号(国道1号との重複区間)の東端となる「篠原交差点」まで僅か数キロの距離だ。
新居関所と国道42号に関係があるのではないかと筆者の記者魂を熱くしたが、国道42号は和歌山市と三重県津市の区間であったものを、平成5年、渥美半島と紀伊半島を横断し、更に紀淡海峡を超え四国・九州へと至る国土軸となる道路の構想が計画された際、現在の区間(和歌山市県庁前交差点~浜松市西区篠原交差点)に延伸されたという。
偶然であろうが、東西を隔てる関所を目前に主要な道路の境が設定されたことに浪漫を感じずにはいられない。

(次田尚弘/湖西市・浜松市)
ジャンル:
文化
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 東海道三大関所「気賀」 歴... | トップ | 静岡名産「三ヶ日みかん」 ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL