高遠 夜日記

高遠夜です。映画、海外ドラマ、声優さん好き。吹き替えは本職の声優さんにやらせろ!(主張)



広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ロジャー・フェデラー、サッカーのワールドカップ南アフリカ大会での誤審について持論を述べた。

2010-06-29 16:27:47 | etc
テニス=フェデラー「サッカーにこそビデオ判定が必要」

[ロンドン 28日 ロイター] テニスの4大大会の今季第3戦となる第124回ウィンブルドン選手権に出場しているロジャー・フェデラー(スイス)が28日、サッカーのワールドカップ(W杯)南アフリカ大会での誤審について持論を述べた。
 フェデラーは27日に行われたイングランド対ドイツ戦で、イングランドの2点目のゴールが認められなかった件に触れ、「サッカーにこそビデオ判定が必要なのに取り入れていない。いまこそ潮時だ」とコメントした。

 テニスでは2007年のウィンブルドン選手権から、ホークアイというビデオ判定技術が導入されている。しかしフェデラーは、テニスにはラインジャッジという専門の審判員がいるので技術導入は不要だとかねてから主張していた。

 フェデラーは「テニスでは一つのショットが認められなくても、試合の結果に大きな影響は及ぼさない」と指摘。「しかしサッカーでは、一つのゴールが認められなければチームの士気と作戦に影響する」と、ゴール判定の重大さを指摘している。






テニスではチャレンジ制度があるから、みんなけっこう使ってますね。
サッカーでの一点は確かに、テニスに比べたら比重はかなり重いけども・・・・
なかなか人間の判定することですからねえ・・・・・
でもテニスの一点も重要じゃないのか?
ジャンル:
きいて!きいて!
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« オスカー俳優トミー・リー・... | トップ | もう6日ですね。 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

etc」カテゴリの最新記事