つぎのカーブ

Art office / Art space

布谷文明 展 vol.3 『山月』/本日最終日!急遽決定① ②!

2016-11-12 | 展覧会
終了いたしました。どうもありがとうございました。





山月(さんげつ)

生まれ出でて生き行きて 忘れたふりで生き逝きて
生まれ変わってまた生きて 月は有為の奥山境越えて
前世来世を暴きだす
山月は投光器、忘れた前世を呼び覚ます
山月は反射鏡、現身(うつしみ)を来世に映し見せる
山月に曝されて、獣に成り果てた李徴(りちょう)が涙する


~死後を考えることは、いつしか前世や来世に思いを巡らすことに。
そんなとき思い出したのが「山月記」。主人公、李徴が発狂して人喰い虎になる話だ。
もしかしたら李徴は前世、虎だったのではないか。
忘れていた前世の記憶が月に暴かれ、虎になったのではないかと。

現代の我々も知らず知らずに前世や来世を引きずって生きているのではないか。
空想から妄想へと、布谷文明の「山月」がかたちになりはじめました。~
(作家原文より編集)


Special thanks / 石川 卓、小川純一、微熱少年、平賀なお美、山下智子










>>>『私のエロチズム 展』募集要項・詳細




















>>>『TAXI 展』募集要項・参加エントリー募集中!






使用規約








つぎのカーブ Blog のブログ 16.10.23 更新~ワークショップ「抽象画のひととき」レポート









『芸術』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 布谷文明 展 vol.3 『山月』... | トップ | 布谷文明 展 vol.3 /『山月... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む