ゆったりさんのブログⅡ

旧「ゆったりさんのブログです」が乗っ取られたので
タイトル名を変えて再開しました。

老いる!

2017-07-23 22:24:07 | 独り言

              華やかに見えるチョウ(オニユリとカラスアゲハ)命は短い


気温~27℃ 、 湿度65%弱(室内)        6時        曇り?一時雨(22時小雨が降っている)



今朝もモヤッとした蒸し暑い朝!
梅雨が明けてから殆ど風がない日が続く都城だ!
昨日も19時頃から2時間雷と共に雨が降った。

昨日は家内のために、我が家の贅沢!
神話の里にブルベリーのソフトクリーム食べに行く。

ここに来てちょっと友達と喫茶店でおしゃべりを!
デパ地下に気晴らしに行こうか!と
言う楽しみは家内にはもうないのだ!

1人気分良く写真写しや、山歩き!どうも
勝手気ままなことが気になって足が向かないのである。

何処に行っても文句一つ言わないだけに
1人勝手は出来にくい!

湿度が見えるような空気間の中
ぶらっと行こうか!と言うとお茶など準備する。
相手の心も時には考えないと夫婦はただの同居人だ。


今日は昼からアオバズクの雛が3羽いる情報があったので出かけた。
神社について探していると巫女さん?が4日ぐらい前から
親子とも姿を見ないから巣立ったのではと言われた。

以前行ったのは7/1だった。
まだヒナは姿を見せてなかったのだが
自然の生き物巣立ちは早い!
その分寿命は短く3~5年と推測されている。

人間の寿命は(生かされている?人も含め)!約80~87歳だ!

当然死と向き合う時間は長い!

「老い力」本を読むのは苦手だが女性が
50歳ぐらいから向き合ってきた事を書いた本である。

50歳代、60歳代、70歳代、80歳代をどう変化していくか興味があったし
女性の高齢の考え方もざーっと読むではなく、
見てみよう!と
前書きだけ読んでみた。

 老け込んでは行けないとか
 死を考えないことだとか
 言われても、
 考えても・考えなくても必ず死は来るのだから云々
 老いていけばシワ・シミは嫌でも目につく云々
 このようなことも目を引いた。


「老い力」(おいじから)は何か見えるかも・・・・・・・


           

神話の里、行ったときは土曜日だったが局地的な雨が降った後だったようで
駐車場は2台だけだった。

運転する人も手持ちぶさただった

少しすると青空が見えた


人は死ぬ!物は壊れる。(極当たり前だが)
このパソコン10年も経てばかろうじて動いている状態である。
サポートなしだから気になるが簡単に放されない!
デジカメも同じだ!2005/1/16に買ったIXY500まだ現役で写される。
使うことはないが生きていると思えるので放されない!
 IXY500で今写した写真だ。

山で何回か落としたが壊れなかった丈夫なコンデジである!

メディアも変わったが初期化したら再生できるようになったコンパクトフラッシュ(左端)


人も生き物の皆同じ気がする!
使えるもは生きている気がする!

この写真は2016/5/末に写した、ヒナが生きるための親の行動(餌はヒナにやらずその場で食べた)である


人は生きることに対して
甘く考えすぎか!
人を頼り過ぎか!
夕張市の高齢者
医療費節約のため
高齢者が健康運動
に努めているとか・・・・・ 





 

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 自分を知る! | トップ | 我が1日! »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
老いる! (sagami)
2017-07-24 05:32:42
どんな物もいつか必ず壊れる
し、この世に永久不変のもの
などないはずなのに、案外、
人は自分の老いや死を考え
ようとしないですね。私もその
一人かも知れませんが・・。
Re:老いる! (ゆったりさん)
2017-07-24 08:21:42
おはようございます。
今朝も太陽のうっすらとした姿しか見えない朝です。

老い力!と言う本は50代では老いることなど考える
人は少ない中、女性が50歳代から考え始めた所に
興味があるだけで、私自身も死と向き
合ったことはありません。

老いても毅然として生きる!
これができれば老いのことなど考えずに
今したいことに没頭できるのかもしれません。

いつもコメントありがとうございます。

コメントを投稿

独り言」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。