新プランター野菜栽培への誘い

大玉トマトやキュウリ、ナス、ブロッコリー、キャベツ、白菜等の栽培写真で、新しい容器野菜園芸を公開します。

―今年のジャガイモの収穫―

2016年06月24日 | 野菜栽培
先日、今年のジャガイモの「北あかり」を80kg程を堀上げて収穫して来ました。ジャガイモは毎年作っているのですが、ちょっと手を抜くと、肥大した大玉のイモの数が減って小粒のほうが多く . . . 本文を読む
コメント

―見えて来ない日本の農ある暮らし―

2016年06月14日 | 野菜栽培
外房の海辺の近くに家を作って家庭菜園を始めて今年で8年目になります。その間様々な種類の野菜作りに挑戦して来ましたが、未だに何を作っても自他ともに、これはと思えるような . . . 本文を読む
コメント

―フレンチエシャロットの品質保証― 

2016年06月07日 | わけぎ
日本では、国内で商業栽培されているエシャロット(シャロット)の話は聞いたことが無く、一般の青果市場でも、 . . . 本文を読む
コメント

―レモンバームの新ポットポニックス栽培―

2016年06月01日 | NPP
先のブログ「認知症を予防するハーブ」での中で紹介したレモンバームは大変丈夫な宿根草のハーブであり、わずか1リッターほどの容積の5号ポットでも養液栽培ですから大きく育つことは確信して居たのですが、 . . . 本文を読む
コメント

―やさいの生鮮貯蔵 あれこれ!―

2016年05月24日 | 野菜栽培
家庭菜園では育てた野菜が一度に収穫期を迎えると、量的にどうしても食べ切るのが難しく、ある程度保存が出来ないとせっかく作っても無駄になる事 . . . 本文を読む
コメント

-倒伏する分葱の語る シャロットの真実?―

2016年05月14日 | わけぎ
昨年9月の末に新ポットポニックスの5号プラポットに球根を植えたワケギ、一端はしっかり伸び上がった葉が12月末には寒さに葉がだらしなく垂れ広がって成長が全く止まってしまったのですが、それが2月の下旬から再び新葉が伸び出して . . . 本文を読む
コメント

―今年の台所の3大貯蔵野菜!―

2016年05月08日 | 野菜栽培
今や春たけなわであり、多くの方が家庭菜園で育てる野菜と言えば、先ずは夏野菜のトマト、ナス、キュウリ等となりますが、春早くに植え付けるジャガイモ . . . 本文を読む
コメント

―種子から育てる大葉ニラ スーパーグリーンベルト―

2016年04月27日 | ニラ
外房菜園に育つニラの品種更新も兼ねて、大葉ニラ 「スーパーグリーンベルト」の種子を昨年9月に新プランター栽培用培土と一部を5号ポット . . . 本文を読む
コメント

―新プランター栽培でつくるエシャレット-

2016年04月21日 | ラッキョウ栽培
昨秋遅くに新プランター栽培で初めて植え付けて見たラッキョウですが、今見ると事のほか良く育っており、立ち上がって居る軸の部分が一際太く . . . 本文を読む
コメント

―ニューポットポニックス苺が開花中!―

2016年04月14日 | NPP
5号プラポットで育つ苺が今その季節の到来で、次々と開花し、新葉が早春の陽光を浴びて輝いているように . . . 本文を読む
コメント

―パセリの新ポットポニックス栽培―

2016年04月09日 | NPP
パセリと言えば、一般に洋風料理に添えて使われる飾り付けであり、言うなれば刺身のツマと同じような一種の毒消し役ですが、レストラン料理等では殆どが食べられずに残されて廃棄されて仕舞う . . . 本文を読む
コメント

―見事に育ったポット栽培のわけぎ―

2016年03月30日 | NPP
わけぎは、今更決して珍しくは無い分けつネギですが、それが関東では今の3-4月が最盛期と言います。ところが一般に、関東地方では何故かネギとは違ったワケギの特徴が余り理解されて居ないようであり . . . 本文を読む
コメント

―ハチが農薬入りの餌を好み 殺虫剤の依存症になる?ー

2016年03月24日 | 農薬
人間がニコチン依存症になるように、ある種の殺虫剤にはハチに対する中毒作用があるとする2つの研究が昨年の2015年4月22日付けの英科学誌ネイチャー . . . 本文を読む
コメント

―アメリカの有機認証ハイドロポニックス栽培―

2016年03月14日 | 農法
以前のブログでも触れた事が有りましたが、ハイドロポニックス発祥の国アメリカは、未だ世界のどこの国でも認めて居ない有機ハイドロポニックス農産物が認可されて居り、 . . . 本文を読む
コメント

―認知症を予防する薬用ハーブ― 

2016年03月04日 | 健康
先日、認知症の男性が徘徊中に電車にはねられて亡くなられた事故をめぐり、家族が賠償責任を負うか争われた訴訟の最高裁判決が有り . . . 本文を読む
コメント