Megu✞log ニュータウンプレイズチャペル いわきアッセンブリー

牧師の日々の出来事や思いを神様に感謝しつつシェアするブログ

子育て論

2017-06-30 | 日記

幼児期の両親との「人間的な触れ合い」が幼児の健やかな成長に必要であることは言うまでもないことでしょう。
幼児は身体を通してコミュニケーションをとり、身体で親の愛情を体験するからである。

娘は保育園で社会性を始め、さまざまなことを学んでいますが、愛情において
保育園に丸投げし、かまけるならば、後でツケが回ってくることは必至。


亀口憲治(臨床心理士)は次のように言っています。

問題を抱えた子どもの心理相談で出会う母親の中には、
「この子は幼いときは少しも手がかからない良い子だったのに、どうしてこうなってしまったのでしょう」
と訴える者が多い。つまり、要求がましくない、ひとりで機嫌よくしている子どもは、親の愛情を十分に
受け取る好機を逸する危険性を抱えていることになる。(家族の問題)

保育園で手のかからない子で良い子になることは成長を実感できるので嬉しく思いますが、、
危険も潜んでいることを忘れてはならない。


結局、両親の価値観が子育てに影響する。どんな人間になってほしいのか、、、、
ということが問われている。何を優先すべきか、、、。
こういうことをもっともっと考える場があってほしいと、、願う。



亀口は更に、幼児期の身体的触れ合いは、愛される体験が子どもの成長だけにとどまらず、
今度は子どものほうが他者を愛せるようになるための基本体験となると言っている。
また、両親も周囲の人々を愛する能力を高めることにつながる。とも言っている。

相互補完的な絆の役割を担っている。


確かに、そうだなと。。

今日も父親の力強い触れ合いを注いであげたくなる娘。

たまに嫌がることも、、、それも成長のあかしですね。適度な親密と境界を保って今日も歩む。。











ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 隠れた善 | トップ | 学ぶべきこと »
最近の画像もっと見る

あわせて読む