世耕日記

参議院議員 内閣官房副長官 世耕弘成(せこう ひろしげ)の活動を日記形式と雑感、主張を交えお伝えするブログです!

3月2日(水)【与党が予算委員会の審議拒否:今日起こった真実】

2011年03月02日 | Weblog
 与党民主党が予算委員会の審議を拒否するという前代未聞の出来事が今日起こった。残念なことにメディア報道は与党側の情報を鵜呑みにしている部分が多く、正確に伝えていないので、私なりに参議院自民党幹事長代理として今日見てきたことをお伝えしたい。

 昨日は西岡参院議長が歳入関連法案と切り離されて予算案が衆議院より送付されたことに疑義を呈したことにより、参議院側が予算案の受け取りを拒否するという事態になっていた。
 今日になって枝野官房長官が参議院議院運営委員会理事会に出席し、昨日の「関連法案を一緒に送ってきた方が憲法上異常だった」との発言について釈明し、「一日も早く予算と関連法案がセットで成立することを期待する」と発言したため、西岡議長は予算を受け取ることを了承し、明日3月3日から予算委員会で審議入りする環境が整った。
 
 議長が予算案受け取りを表明したことを受けて、予算委員会の衛藤晟一自民党筆頭理事と民主党森ゆうこ民主党筆頭理事が「筆頭間協議」に入り、明日の予算委員会の具体的内容について詰めの協議を行った。通常は筆頭間協議で質疑時間等を内々に合意して、理事懇談会で了承し、明朝理事会、そして予算委員会と進むことになるのだが、民主党の森理事が昨年の臨時国会よりも自民党の質疑時間を削減することを主張。当然自民党の衛藤理事は拒否し、お互いに党に持ち帰って検討するなどして、夕方まで断続的に折衝が続いていた。
 国会において、こういう質疑時間で揉めることはよくある話である。大体前日の夜にはお互いに歩み寄るか、委員長が間に入って決着するものである。
 自民党としては、断腸の思いではあるが、一定の歩み寄りをする用意はあった。衆議院が送付してきたら、翌日には審議入りするのが通例であるところが、既に1日遅れてしまっている。30日間の自然成立の期限までの間に、予算案の問題点を追及する時間を十分に確保したいと考えていたからだ。国対委員長間、幹事長間と交渉のレベルも上げて、場合によっては予算委員長に仲裁してもらうことも視野に入れていた。これが国会運営の交渉というものである。

 ところが、午後6時半頃になって、民主党側の輿石議員会長、平田参院幹事長ら幹部が自民党側に何の連絡もないまま一斉に国会を離れ、連絡不能となった。また民主党議員に「明日の予算委員会は流れた」との連絡を入れ始めた。
 これにはわれわれも呆れかえるとともに、怒りに震えた。参議院民主党幹部に連絡がつかないことに業を煮やした自民党脇参議院国対委員長が官邸の枝野官房長官に直接電話し、「参院民主党幹部は皆帰って連絡がつかない。今日議運で長官が早期の予算成立を訴えたのは何だったのか!」と抗議。枝野官房長官が参議院側と連絡を取ることを約束した。

 長官からの働きかけが功を奏したのだろうか、午後7時過ぎに民主党羽田参院国対委員長から脇国対委員長に電話が入り、急遽7時20分から予算委員会理事懇談会がセットされた。脇委員長は衛藤筆頭理事に質問時間については、予算委員長の判断も仰ぎながら、歩み寄るように指示して送り出し、これで一気に明日の予算委員会が開催される方向に動きだした。と思われた。

 ところが、理事懇談会スタート直前になって、民主党羽田委員長から脇国対委員長に再び電話が入り、「理事懇談会を開かない」と最後通告。これで明日の予算委員会が開催できないことが確定した。

 今回の事態は、与党による予算委員会の審議拒否という前代未聞の出来事である。
 しかし、こういう国会運営上のやりとりは中々メディアによって正確に報道されない。時事通信などは21時04分の携帯への配信で「与党が求めた3日の審議入りは見送られた」、「与党は参院での速やかな審議入りを目指しているが、入り口から調整が難航した」と事実とは正反対の与党側の大本営発表をそのまま報道しているような状況である。
 すこしでも真実をご理解いただきたいと思い、今日一日の動きを紹介させていただいた。

 
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 2月28日(月)【予算が衆... | トップ | 3月7日(月)【反響の大き... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む

関連するみんなの記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。