ニュースキンgenLOC ガルバニック ボディ スパ、ライフジェンテクノロジーズ

人生を豊かにする、かもしれないニュースキンの可能性と事実について検証
ジェンロック、ガルバニックボディスパ、R2

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

新製品 genLOC R2(ジェンロック アールスクエア)発売

2012-01-16 | Weblog

「グローバル コンベンション 2011」で発表されたgenLOCシリーズ第2弾となるサプリメント「genLOC R2(ジェンロック アールスクエア)」(以下、アールスクエア)が、2012年1月19日、日本で正式発売です。

ジェンロック アールスクエア
製品コード:03003901 卸売価格:13,986円(税込)PSV111.00
参考小売価格:20,000円(税込)

注意:以下は、アメリカのageLOCについての説明である。
genLOC R2(ジェンロック アールスクエア)

・リニュー
細胞
浄化とデトックス

・リチャージ
物理的、精神的、性的な健康

genLOC R2(ジェンロック アールスクエア)

ageLOCの画期的なR2サイエンス
目標を識別してリセットする
若さの遺伝子を読み解く
・細胞におけるエネルギーの生産
・細胞の生成

ジェンロックリニューブレンド
オリーブ葉抽出物
オリーブ果実抽出物
ブラッドオレンジエキス
マリアアザミ抽出物
ブドウ種子抽出物
コエンザイムQ10

ジェンロックリチャージブレンド
冬虫夏草粉末CS4
高参抽出物
ザクロ抽出物

genLOC R2(ジェンロック アールスクエア)

夜:寝ている間に細胞の更新と生成
昼:起きている時エネルギーを生み出しチャージする

genLOC R2(ジェンロック アールスクエア)

お勧めする使い方
若さを取り戻したい人のために
ageLOC R2 Night:夕方に2粒
ageLOC R2 Day:朝に6粒

ミトコンドリアでエネルギーがつくられる
毒素や
廃棄物は、正常な細胞代謝副産物

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加 mixiチェック
« ニュースキンのトップタイトル代... | トップ | genLOC R2、製品が良くても値段... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
R2 (なんじゃらほい)
2011-11-05 05:39:30
この製品は、つまり Day用がいままでのVitakityでNight用が今までのDetoxなのかな?

Renewの機能を遺伝的にチップを使って検証することが可能かな?

よくわからないですね。
みなとみらい (はてな)
2012-01-20 23:27:05
あるきっかけから誘われて、今日みなとみらいで行なわれたニュースキンのイベント?に行ってきました。

何なんですかね、あの人の多さ。みんないわゆるディストリビューターってやつなんですか?みんなちゃんと収入を得られてるんですか?どうして自分たちのしていること?商品?をあんなに自画自賛する必要があるんですか?お客さんはいったいどこに居るんですか?
大前研一って、なんですか?広告塔ですか?経済セミナーなんて銘打っていましたけど、たいした話でもないし、新聞読んでりゃ分かるよって言うくらいの内容なのに、若い男の子や女の子まで一生懸命メモしたりしているの。NYSE上場してる!とか・・・。どうしてそんなことまでしなきゃいけないの・・・?
なんか一生懸命聞いている人たちの才能とか努力とかがもったいないように思った。ニュースキンじゃなくてもいいのに、なんでわざわざって。見た感じ、生き生きとしていい人ばかりのように見えたけれど、仲がよさそうに見えたけれど、一生懸命勉強して、努力して、人とのつながりを大事にしてっていうことができるなら、ほかにいくらでも道はあるだろうに・・・。なんで?って。
なんかすごく不思議な空間でした。地方からスーツケース引いて参加してる人もたくさんいて。このエネルギーをもっと違う方向に持っていけば、ほんとにいい社会とか会社とか仕事をつくれるのになぁって思いました。
司会の男性がとにかく胡散臭くて気持ち悪かったなぁ。
トップ?の人、成功した人の話は本当、そのとおりって思ったけど、なんかなぁ・・・。あまりにも自分たちっていういしきが強すぎて宗教っぽく感じてしまった。
とにかく若い人たちがなんかかわいそうでした。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む