なぁ、お前はどうしたいんだい? つかれたもん(笑)

この日本を大切にしよう
世界の平和のために着実に前進しよう
常に油断することなく未来を見つめよう

トランプ大統領のFBI長官解任は正しい判断 大川隆法・幸福の科学総裁 京都講演で 2017.05.14

2017年05月15日 | 「会」うちわ
トランプ大統領のFBI長官解任は正しい判断 大川隆法・幸福の科学総裁 京都講演で 2017.05.14
http://blog.goo.ne.jp/sakurasakuya7/e/c501535e4f2474b3d92bad133286bb54

 地方から拝聴させていただきました。

 本講演内容後半は、政治関係のメディアの人は常識として確認しておいて
いただきたい内容かと思われます。




 私個人として、静かに聞いていた部分は、安倍首相がどのような評価を
受けるかどうか、というところでした。

 私個人が聞いた範囲では、安倍首相に関する言及は少しだけありましたが、

 「顔の皮の厚い人」(?)

 「心の黒い人」(?)

ということでした。



 政治関係の講演であれば、全面的に、そうした内容になる可能性はありましたが、
本講演のメインのテーマは「映画の推進」、なので、それはまだ先、という感じ
です。

 さらに、本来であれば、「映画の推進」メイン、のはずなのですが、北朝鮮問題
と韓国新大統領、トランプ大統領FBI問題が半分以上を占めていました。

 このことの意味は、現時点における最重要問題は(以下、個人的意訳)、

 1.北朝鮮問題の解決

 2.トランプ大統領のFBI問題は、問題の質が異なるので急速に収束すべし

 3.FBI問題にミスがあれば、北朝鮮を中心として、ロシア、中国、韓国が結集
   して、北朝鮮問題は解決しない


です。


 安倍氏が問題になるのは、北朝鮮問題が安定を見てから、ということになりそうです。

 おそらく、選挙にはなるでしょう。


 安倍氏は、憲法とテロ等準備罪で、民進党を撃破するつもりでしょう。

 映画と北朝鮮問題が安定化した時点で、おそらく、実現党も、選挙モードに突入する
のだろうと推測します。

『政治』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
« ああ、おれ、ほんと、旧約時... | トップ | 5分ほど見てた。。。 »