あペ しんぞう   -つかれたもん(笑)-

お前はすでに死んでいる。
でも、長生きしてね、日本のために。
保守の「希望」が「黒いマント」になり果てた現実。

トランプ大統領 共同記者会見で何を語った

2017年02月11日 | News関連
トランプ大統領 共同記者会見で何を語った
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170211/k10010872831000.html

 「税制について近く発表へ」

 「医療保険改革オバマケア批判」


 いろいろなことを考えておられるご様子。





 過去、日本の企業も、人件費問題、競争等の関係で、競合他社が外国に
出ていけば同じように出ていくしかなかった。

 その条件が変更になれば、こぞって外国に出ていく、という姿勢は緩和
されていくのは想定できる。

 どこまで製品の価格が上がるか、その国内経済への影響はどうか、という
部分がいま関心を持たれている部分でしょうか。

(日本、じゃなくって、アメリカ)

 国内の労働者の収入が減れば、それだけ、銀行から一般の人への信用供与(?)
は減少する(全体の経済全体のパイが小さくなる)。

 家も自動車も子供の教育も、高賃金の労働者が減れば減るほど、停滞する。

 それで、日本は、GDPはそのまま、だったりしたかもしれない。

 人が一生懸命がんばったって、残業をがんばったって、それには限度がある。

 機械による自動化だって、そんなにいろいろ、常にあるわけじゃない。

 国外へ移転した企業がもどってくれば、それは影響は小さくはない、かもしれない。





『政治』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
« Ave Maria - Schubert (Micha... | トップ | 投稿したら、さっそく爆音ヘ... »