なぁ、お前はどうしたいんだい? つかれたもん(笑)

この日本を大切にしよう
世界の平和のために着実に前進しよう
常に油断することなく未来を見つめよう

衆院法務委 あす首相出席し質疑 委員長職権で決定

2017年05月17日 | それ以外
衆院法務委 あす首相出席し質疑 委員長職権で決定
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170516/k10010983801000.html

「 維新・馬場幹事長「採決の時期近づいているのでは」

  日本維新の会の馬場幹事長は記者会見で、

  「 一般の国民が『テロ等準備罪』の容疑をかけられるのでないかという質問の
   繰り返しで、議論は出尽くしている。かなりの審議時間を積み重ねており、
   採決の時期が近づいてきているのではないか」

 と述べました。」

「 自民・竹下国対委員長 不信任には粛々と対応

  自民党の竹下国会対策委員長と公明党の大口国会対策委員長らは、「共謀罪」の
 構成要件を改めて「テロ等準備罪」を新設する法案の審議をめぐって、意見を交わし
 ました。

  そして、民進党が、金田法務大臣に対する不信任決議案の提出も検討していること
 を踏まえ、提出された場合には、速やかに衆議院本会議を開いて、与党で一致して
 否決することを確認しました。

  自民党の竹下国会対策委員長は記者会見で、「民進党からは、どこかのタイミングで、
 金田法務大臣の不信任決議案の提出を検討しているということが、漏れ聞こえてくるが、
 われわれとしては、提出された際には、粛々と対応させていただくという心づもりだ」
 と述べ、与党が一致して否決する考えを示しました。」


 明日、明後日で、衆院を通過させる、もうすでに国会の審議は十分尽くした、という
ことらしいです。

 会社の一個上の人に、恐怖の時代が来る可能性がありますよ? と説明しても、

 「いや、内容、全然知らないんだよね。」


と言って、恐怖心どころか、興味、関心すら、ないようでした。


 すでに、国会は機能しておらず、国民には説明するつもりもないらしい。

 法案が成立すればいいだけ、みたい。

 延長するしないにかかわらず、成立は確実でしょうね。


 国民に恐怖感がまったくないもんね。


『政治』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
« 文科省の審議会 新設獣医学部... | トップ | 米朝「想定外の開戦」可能性... »